hara-potter2012-02-25


今日は、窓のマスキングを剥がし、割れた側方窓の修復から・・・
先ず、くり抜いた窓枠部にマスキングテープを貼り、鉛筆で窓の形を写し取ります。
で、このマスキングテープを透明板(今回は、ワイシャツ買った時に襟首の型崩れ防止に付いて来る物)に貼り、鉛筆で写しとった形よりも気持ち大きくカットします。
で、更に細切りマスキングテープを使って所定の位置に仮止めし、サイズを確認しながらすり合わせをします。
ちなみに細切りマスキングテープで仮止めする理由は二つ。
一つは、位置ズレの防止。二つ目は、内側に落ち込むのを防止するためです。
少しぐらいなら内側に落ち込みすぎてもこのマスキングテープを使って引き出すことが可能です。なので、すり合せ終了後最終的な接着の位置決めにもこの細切りマスキングテープを使用しています。
で、位置が決まったら流し込み系接着剤で接着し、修復終了です。

後は、ワイパーの塗装、金属色に塗装したエンジンノズルの接着。脚周りなど小物の仕上げ&接着。
最後に軽くスミ入れして完成です♪
今回のスミ入れは、タミヤエナメルのブラック、ブラウンをメインに一部ハンブロールの124番グレーを併用。
スペシャルマーキングの機体(実機画像を見ると、この山猫が大きく描かれた機体は複数存在するようです)なので、スミ入れもほんの少しスパイス程度に控えました。



 
で、残った時間でワイバーン製作に入ります♪
と、言っても時間がないので接着済みの胴体接合部に溶きパテを塗布。
溶きパテ塗布済みの魚雷をサンディングしテールフィンを接着。このテールフィンは一部プラが厚い所があるので、薄く削りこんでから接着します。
プロペラ&スピナーも組み上げてしまいますが・・・パーツ数が多くて面倒くさい(~_~;)

hara-potter2012-02-24


今日は、デカール保護のクリアがけから・・・
先ずは、キャビン内にクリアが吹き込まないように目止めをします。
割れてしまってそのまま穴の開いてる側方窓は、ピンセットを使って内側からマスキングテープで養生。
キャビンのスライドドアも内側からマスキングテープを使って仮止めしたけど、クリアが吹き込んでいないか心配(~_~;)
 
 

で、クリアがけの合間にワイバーンにも着手。
とりあえずコクピットの組立てですが・・・不必要とも思えるほどパーツ分割が多いので印象が悪い。
フットバーに接着するダイヤル状のものは、パーツを切り出してから接着するとピンセットで所定に位置に持っていくのが難しいというか小さなパーツを跳ばしそうなので、フットバーの方を持って小さなパーツを迎えに行くようにするか、あるいは小さい方のパーツのランナーを少し残して持ち手にするのが良さそうです。
で、コクピットが出来たら胴体左右を接着したいところですが、先にスピンナーの基部になる部分(何て言うんだ?レシプロエンジン同様ギアボックスで良いのか?)を塗装しておく必要があります。
で、ここは機体下面色と同じ色に塗りますが、今回使った塗料は郡是産業物資部時代のレベルカラー・・・う〜ん、背の低い塗料も買ったような気がするんだけどなぁ(~_~;)

hara-potter2012-02-22


今日は、トップコートに備えて出来るだけ機体に接着できる物は接着してしまいます。
兵装ラックやアンテナ等の小物を接着したら機体色でタッチアップ。
脚柱のシリンダー部は、ペイントマーカーのクロムシルバーを筆塗り。
アンテナの一部黒いところはC40番ジャーマングレーで塗装。
タイヤは、自家調合のものではなくC137番タイヤブラックを使用。
で、今日はここまでで時間切れ。
折角なのでローターを仮組みして写真撮影してみました(^0^)

hara-potter2012-02-20


今日は、先日貼った山猫デカールのリタッチから・・・
機体の出っ張りに合わせてカットした部分、前後のデカールの繋がりの悪い所などを塗料でリタッチして目立たなくします。
使った塗料は、黒の部分がクレオスのC92番セミグロスブラック。明るいグレーは昔調合した正体不明の青味のある暗いグレー+C73番エアクラフトグレー+C314番イスラエル下面色のブルー。暗いグレーがC40番ジャーマングレー+C314番イスラエルブルー。
機首の両サイドにスタブウィングの緑と同じ色のデカールを貼る用指定されていますが、ここは塗った方が簡単そうなので色を調合して塗装。色はC66番デイトナグリーン+C6番グリーンを使用。
残った時間で魚雷後部を塗装。
ここはキットでは黒く塗るよう指定されていますが、塗料はC301番グレー+黒を使用。
で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

hara-potter2012-02-18


今日からデカール貼りに入ります♪
先ずは、側面に大きく描かれた山猫の絵。今回はこのマーキングをしたくてキット製作に入ったんですよね。
で、この山猫のデカール、テールブーム上面と胴体後部上面の一部を黒く塗ってやる必要があります。
なので、先日テールブームは大体の目見当で黒く塗っておいたのですが、胴体後部の部分はデカールに合わせて塗り分けてやる必要があります。
なので、早速後ろ側からデカールを貼っていきますが・・・
 
 
あ! お湯に浸けたデカールを見るとデカールにクラックが(~_~;)
最近は、あまり起きていなかったけど、この部屋で模型作るようになってから何故か冬場になると起こる現象。こうなると何処のメーカーのデカールでも同じようにクラックが入っちゃうんですよね(ーー;)
で、この山猫のデカールが使えなくなっちゃうと大変なので、慌てて濡れた台紙の上にデカールを置いたまま、デカール表面にマイクロスケールデカール保護材を塗っておきました。そして未だ水に浸けていないデカールも全て・・・
で、水に浸けたデカールに塗ったデカール保護剤が乾燥すると・・・ちょっと縮んでいる(~_~;)
ま、貼れば何とかなるでしょう(~_~;)
で、山猫デカールとスタブウィングの緑のデカールを貼ったところで時間切れ。
タブウィングの緑のところ、実機ではキャンバスか何かの布地を被せているみたいだけど、デカールじゃ実機のようなシワは再現出来ないよなぁ(~_~;)

hara-potter2012-02-16


今日は、機体色のドライブラシから・・・
第1段階目のドライブラシには、基本色に使った自家調合グレー3に対してC334番バーリーグレーを1ぐらいの割合で増量したものにほんの少しだけ白を加えて使用。
2段階目は、1段階目のドライブラシ塗料に白を加えたもの使用。3段階目も更に白を増量してドライブラシしました。
 
先日青く塗った魚雷は、先端部分に表面処理の不具合があったので、瞬着を盛ってサンディングしますが・・・既に塗布済みの溶きパテがイタズラするのか、やはり色を塗ると表面の不具合が現れます(~_~;)
なので、青を厚めに塗装し1000番ぐらいのペーパーで研ぎ出し、再塗装。
ドライヤーで強制乾燥後また研ぎ出しして再々塗装しておきました。
 
テール周りの黒はデカールに合わせて塗り分ける必要があるので、とりあえずデカールを台紙から切り出し、塗装する部分をチェック。胴体背部の一部はデカールを貼った後更にリタッチすることにし、テールブームの部分を先に塗装。
で、今日はこの黒塗装の途中で時間切れ(~_~;)