hara-potter2015-09-25


昨日事務所でデカールを印刷しておいたので、今日はスーパーロイスの続きから・・・
とりあえず印刷したナンバープレートのデカールには、昨晩のうちにマイクロのデカール保護材を塗っておきました。
なので、今日はナンバープレートのパーツを整形して黒く塗装。
で、ドライヤーで強制乾燥後にデカールを貼って、所定の位置に接着しておきます。
ちなみに今回の「FAB 1」のデカールは、ワードパッドで打ったゴシック体の文字を適当な大きさに縮小して印刷するだけなので非常にお手軽(^_^)
 
フロントグリルの機銃は銃口をザクって彫り下げてから接着し、銀+黒鉄色で塗装しましたが・・・・・・もうちょっと暗い色の方が良かったかな?(~_~;)
あとは0.3のピアノ線の根元に銅線巻きつけて」スプリングを再現したアンテナを張って完成〜♪


 
 
で、F−14は・・・

ディティールアップするつもりはなかったのに、こんな状態(~_~;)
追加したのは、機首左側の前側のハッチ一番下に小さな黒いボックスが二つあるのをプラ片で再現。
実際には、キットにモールドされてる黒いボックスとの間に仕切りがあるんだけど、キットのモールドは、この仕切りがちょっと曖昧。
なので、ここは後でもうちょっと仕切りを塗装で強調した方が良さそう・・・
その上の段の天井には配管類が沢山通っているので2種類の太さの線材で再現。
で、そのうち2本の配管(配線?)は後ろの方で途中から斜めに下に向かっているの、これも細い方の線材2本を選んで斜めに添うようにしておきました。
最後は後ろ側のハッチ内側の一番後ろのボックスから延びる線材。
ここは数が多いけど、どれもかなり細く目立たないものがほとんどなので、ちょっと太めの2本だけを再現しておきました。
で、この点検口についてはピトー菅があるハッチ側にも配管が伸びているので、ピトー菅取付け用ダボに表側から0.4mmの穴を開口し、貫通した裏側に伸ばしランナーを接着してピトー菅の基部らしきものを再現。
で、その基部から近くにプラ片と伸ばしランナーで作ったジャンクションみたいなものまでを細い線材2本でコードを通し、ジャンクションからは真っ直ぐハッチ内へ引き込むちょっと太めの線材を2本接着しておきました。
あとは、塗装で再現だけど・・・・・・時間とっちゃったなぁ(~_~;)

hara-potter2015-09-23


今日は、フィギアの塗装から・・・
で、元々フィギアの塗装なんて苦手なんだけど、今回はほとんど見えないのをいいことに極限まで手抜き(~_~;)
でも、ボディーに接着して封印しちゃったからもう安心<バキ!
ウィンドーパーツの接着は、位置決めがファジーなので、エポキシ接着剤を使用。
所定の位置に接着できたらマスキングテープでずれないよう、養生しておきます。
で、接着剤が硬化したらバンパーと一体になったフロントグリル、リアバンパーを接着。
前後のライトパーツは、ライトの取り付けられている面を黒く塗り。ボディー側の凹み部分をメッキシルバーで塗装してから接着しておきます。
フロントグリル上のロールスロイスのマスコットは、メッキをそのまま接着するとグリルの色との差で浮いちゃうので、メタルプライマーを塗布した後、筆でメッキシルバーに塗装しておきました。
あと、ミサイルも同様にメッキシルバーを筆塗りしますが、その前に先端をライト風に丸く削っておきました。
で、最後にボディーとシャーシーをキット指定通りねじ止めして今日は時間切れ。
あとは、フロントグリルの機銃とアンテナ、ナンバープレートで、完成ですが・・・・・・ナンバープレートのデカールを作らないと(~_~;)
 

hara-potter2015-09-22


今日は、溶きパテを塗布したボディーのサンディングから・・・
で、サンディングができたら塗装に入りますが、その前にウィンドーのマスキングから。
黒く塗ったウィンドーは、内側にモールドされた窓枠を透かすように見ながらマスキング。
で、マスキングができたらクレオスのSM07メッキシルバーをエアブラシ。
ドライヤーで強制乾燥させたら、メッキシルバーを0.4mm幅のマスキングテープでマスキングして、下地塗装の白を塗装。
下地塗装は、当然ボディーにもエアブラシします。
で、一通り白が吹けたら塗料カップに大量の薄め液を投入してエアブラシして表面を均します。
で、その塗料カップに今度はピンクを加えてエアブラシ。
ピンクの塗料はガイアノーツの003ブライトレッドクレオスGXカラーのホワイトを加えたものを使用。
なので、吹き始めは白が増量された状態にで吹き付け、カップがほぼ空になったところでピンクを増量しながらエアブラシしていきます。
で、ピンクの色が乗ったところで、白の時同様薄め液をエアブラシしておきます。
次はクリアですが、ちょっとだけピンクを加えたものでエアブラシし、これも塗料カップが空に近づくにつれてクリアを継ぎ足しながらエアブラシし、最後に薄め液をエアブラシするのも同様。
 
で、先にエアブラシしたメッキシルバーのバンパー、フロント側に整形不良が有ったので、もう一度サンディングしてエアブラシ・・・・・・してもペーパー傷が残ってる(~_~;)
なので、これを数回繰り返して、まあ、これぐらいなら・・・・・・と、言うところで終了(~_~;)
 
室内は、スモークを強くしたウィンドーのお蔭でほとんど中が見えないので適当に塗装(~_~;)
前後のライトレンズは、メッキの上にメタルプライマーを塗ってから、リアのストップランプを赤、ウィンカーをオレンジに塗っておきました。
  
トムキャットの方は、計器盤がデカールで用意されていますが、モニターのグリーンの色調が気に入らなかったので全て塗装で済ませました。
あとは各部点検ハッチの内側やドア裏を資料見ながら白と機内部色にそれぞれ塗装。
機内部色は、下地にC113番RLMイエローを塗ってからC27番機内部色に塗っておきました。


で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

hara-potter2015-09-21


今日は、ボディーのサンディングから・・・
で、サンディングしても未だちょっと整形不良が・・・(~_~;)
なので、再度溶きパテを塗布しておきました。
で、パテを塗る前にボディー全体をサンディングして、面をきっちり出しておきます。
メッキを落としたバンパーもヒケなどを削り込んでおきますが・・・
 

Rバンパー先端が、ちょっと気になる。
 

先っぽが丸いのが気に入らなかったので、幸いちょっと長めでもあるし・・・で、こんな形にしてみました。
 
室内は、全体を黒く塗ってからシートを塗ろうとして・・・・・・シートって、何色だったっけ?
黒だったような気もするし、赤かったような気も・・・
で、確認したらシートは黒に白(明るいグレー?)のステッチ入り。
赤いのはフロアマットの方でした(~_~;)
なので、一度塗った黒を洗い落としてから改めて赤く塗りますが、プラ成形色が黒なので下地にシルバーグレーを塗ってからクレオスのGXカラーの赤と白を混ぜたもので塗装しておきました。
そのあとシートやインパネ類を黒、パーカーはグレーで塗装。
ハンドルは、意外とメッキ部が少なく、途中で切れたような形をしているハンドル先端のボタンぐらい。
なので、このボタンを残して白く塗っておきました。
あとはパテの乾燥待ちなので・・・
 

次に予定しているファインモールドのマガジンキット、F−14Dのコクピットなど塗装&組み立て(^0^)

hara-potter2015-09-20


今日から新しいキットの製作に入ります♪
で、今回のネタは・・・・・・キャラクターもの(~_~;)
今年は、F−1の製作を予定しているのですが・・・・・・カーモデルは10数年作っていないし、フォーミュラーは模型に出戻って以来一度も作ってないし・・・(~_~;)
で、ストック減らしとカーモデルの塗装の練習を兼ねてサンダーバードのペネロープ号を作ります。
 
で、キットの箱を開けると・・・・・とりあえずゴムタイヤも未だ大丈夫(~_~;)
ボディーの形のイメージは悪くない・・・
メッキパーツしかなく、しかも内側1灯ずつがミサイルになっちゃってるヘッドライトはなんとかしたい・・・
それとクリアブルーで成形された窓も・・・
で、ネットなどで調べだしたら、今売ってるリニューアル版のキットは、これらがクリアされているうえに、インテリアも格段に進歩しているんですよね(~_~;)
なので、今更上記のことに手を入れるぐらいなら新しキットを入手する方が早いわけで・・・・・・
なので、今回は走行やミサイルなどのギミックを廃止しただけで、あとはそのまま素組みということで・・・って、結局いつもと同じ(~_~;)
 
先ずは、クリアブルーの窓は嫌なので、スモークグレーを表からエアブラシしておきました。
青が目立たないよう濃いめにエアブラシしたら、室内がよく見えないという利点も生まれました(~_~;)
これで室内の塗装も大幅に手を抜けますね(~_~;)
 
ボディーは、ドアやトランクグリッドの筋掘りを深めに彫り直しておきました。
ところで、この車のボンネットってどうやって開くんでしょうね?
見たところボンネットにエンジンフードのラインらしきものは見当たらないのでキットのままとしましたが・・・
ランチャー・ストラトスみたいに全体がガバッと開くようにも見えないし・・・・・F−1のカウルみたいに全体を外す?(~_~;)
で、ボディーのパーティングラインを処理したらヒケをパテで埋めておきます。
続けてシャーシーの組み立てに入りますが・・・・・組み立てというほどもなくすぐ組める。
 

4輪ある前輪は、トレッドがやけに狭いのでスペーサーをかまして左右合計で5mmちょっと広げてみました。
これでも後輪に対して1mm弱狭目のトレッドとなります。


あとはヘッドライト代わりのミサイルの左右を接着し、前後バンパーのメッキを剥がして今日は時間切れ。