hara-potter2016-03-12


今日は、残っていた小物パーツの接着から・・・
で、一通りのパーツに足付けて接着できたらそれぞれリタッチしていきます。
同時進行でジェットノズルも塗装して機体へ接着ですが・・・・・・グリペンのノズルパーツ、一部機体色だった(~_~;)
なので、自家調合の焼鉄色に塗ったあとに簡単にマスキングして機体色に塗装。
ちなみに上面下面で色が違うから2色塗らないといけないのよね(~_~;)
シートは実機写真を見て色絵選んだら簡単に塗装しますが・・・ユーロタイフーンもグリペンも同じような色ですね。
なので、両方とも同じ色で塗装して接着。グレアシールドなども接着して塗装できたらキャノピーを被せておきます。
あとは兵装類、パイロン等を接着したら全てのパーツの接着が終了。
あとは簡単にスミ入れして出来上がり♪
 


グリペンは・・・ 
 


カナードをダウンさせた顔見せ仕様をしたかったのよね(^_^)
  
 


ユーロファイターも出来上がり♪

hara-potter2016-03-11


今日は、脚周り組み立ての続きから・・・
先ずは、昨日塗装したホイールだけど、黒く塗ったセンター部分の塗り分けが間違ってたみたいで、直径が一回り小さい(~_~;)
なので、もう一つ外側のモールド部分までC40番ジャーマングレーで塗り足した後、各ホイールのはみ出し等をリタッチしておきました。
あとはタイヤの接地面を少しヤスリで削ってから、それぞれ所定の位置に接着します。
あとは、アンテナとか灯火類の小物パーツの接着ですが・・・・・・小さっ!

ラダー上のポジションライト、ほんと芥子粒だわ(~_~;)
このサイズだと透明パーツ整形して、接着剤付けて、所定の位置に置いて、位置や向きを調整して・・・・・・なんてことするよりも透明エポキシ接着剤のちょん付で再現した方が簡単で綺麗かも?(~_~;)
で、このラダー上のパーツはイモ付だから未だ接着しやすいんだけど、他の灯火は、これよりも気持ち大き目かなぐらいのサイズで、透明パーツをダボ穴に差し込まないといけないから目が辛い(~_~;)
アンテナ類は、少し薄く削って所定位置に接着。まあ、こっちはそれなりのサイズだから問題無し。
・・・だけど、一番大きい背中のアンテナが変(~_~;)
キットのパーツ、分厚いだけじゃなく、基部が膨らんだ形になっているけど、実機写真見ると単純な一枚板(~_~;)
なので基部ごと盛大に削って接着しておきました。
で、ここまでがグリペンの小物だけど・・・

ユーロファイターの小物類、ホイール同様、ほとんどイモ付に近いような小さなポッチしかついていない(~_~;)
なので、0.5mmぐらいの厚みのブレードアンテナに0.2mmのピアノ線で足を付けて見たけど・・・・・・未だ、足付けしないといけないパーツが在るのよね(~_~;)

hara-potter2016-03-09


今日から脚周りの組み立てに入ります。
先ずはユーロファイターの脚柱を機体に接着し・・・・・・って、ハセガワのキットにしたらダボピンが小さいな(~_~;)
なので、取付けがファジーですが、収まる所は判りやすいのでそのままでも良いかな。
で、脚カバー側に前照灯が付くんだけど・・・・・・塗装するの忘れてた(~_~;)
なので、グリペン同様クロムシルバーで反射鏡を塗ったら本体はC40番ジャーマングレーで塗装。
ちなみに、この前照灯も脚柱同様C316番特色ホワイトで指定されているけど、実機写真見るとグリペンと同じようにライトだけ黒いようですね。
色味は若干違うけどユーロファイターとグリペン、何気に細部の色使いが似ていますね。
 
で、グリペンの方は先に主脚柱にライトを接着してから機体に接着しますが・・・・・・ダボがキツイ。
まあ、緩いより善いわけで擦り合わせてから接着・・・・・と、左の脚柱、ちょっと緩くなっちゃった(~_~;)
前脚柱は、そのまま組むとちょっと左右に傾く。
う〜ん、私の組み方が何処か悪かったのかな?(~_~;)
なので、こちらも接着する際に位置調整して接着剤の硬化を待ちます。
で、脚柱が組めたら接着剤硬化待ちの間にホイールの塗装に入ります。
で、しつこいけどユーロファイターのホイール、やっぱりC316番特色ホワイトが指定されているけど・・・


これは、絶対に白じゃないよな(~_~;)
なのでリム部を残してC40番ジャーマングレーで塗装した後、両機分ともタイヤを自家調合タイヤブラックで塗装しておきました(^0^)

hara-potter2016-03-08


今日は、ユーロファイターの脚周りから・・・
先ずは、パーツを切り出しゲート&パーティングラインの処理から。
で、一通り整形できたら脚収納庫とともに塗装しましますが・・・・・・キットインストの指定色はC316番特色ホワイトだけど、写真では白に見えない(~_~;)
なのでC325番グレーで塗装しておきました。
オレオなどのシリンダー部や透明のライトパーツ等はタミヤ・ペイントマーカーのクロムシルバーをパットに取り出して面相筆で筆塗りしておきます。
で、グリペン主脚のライトは、本体が黒のようなのでC40番ジャーマングレーで塗装しておきました。
で、今日はここまでで時間切れ。
 

ユーロファイターの主脚のホイール接着があまりに短いダボだけだったので、真鍮線を通しておきました(^0^)

hara-potter2016-03-07


今日は、カナードの取付けから・・・
機体側のカナード取付けのダボ穴を1.2mmのピンバイスで穴を広げておき、そこに外径1.2mm、内径0.8mmの真鍮パイプを埋め込んでおきます。
で、カナード側はダボピンを落として、同じ位置に0.7mmのピンバイスでザクって0.6mmの真鍮線を埋め込んでおきます。
あとは真鍮線の角度を調整し、真鍮パイプに突き刺す部分を軽くへの字に曲げて、差し込んだ時にテンションがかかるようにしておきます。
 
キャノピーは、グリペン、ユーロタイフーンともに同じような色のスモークが入っているようなのでスモーク+クリアレッド・・・・クリアイエローを足そうとしたら残っていない(~_~;)
なのでクリアイエローの代わりに微量のC4番イエロー+クリアを加えたものを内側から筆塗りしておきました。
 

ユーロファイターの垂直尾翼の前にあるインテーク口の所にメッキ色みたいなラインが入っているので、ハセガワのミラーフィニッシュの細切りを貼っておきました。
で、その前の部分は黒っぽい金属色のようなのでC28番黒鉄色+黒で塗ったけど、もうちょっと赤味を入れても良かったかも。
あとは両機とも計器盤、グレアシールドを接着したら脚周りの組み立てに入ります。
で、今日はグリペンの脚周りを塗装して時間切れ。
脚周りの塗料にはC334番バーリーグレーを使用しました(^_^)

hara-potter2016-03-06


今日は、兵装類の塗装の続きから・・・
で、ユーロタイフーンのミサイルは、実機写真にIRIS-Tを装備したものが無いかったので、キットインスト通りクレオスのC308番グレーに塗ってデカールを貼っておきました。
グリペンの方は、本体を塗装済みだったので弾頭部分を実機写真を参考に適当なグレーを塗ってデカールを貼っておきました。
で、どちらもパイロンに接着し、トップコートしやすくしておきました。
ここまで来てやっとクリアトップコートの続き・・・(~_~;)
デカール部分は予めエアブラシして時間も経っているので、そこそこの厚みでチップコート。
全体にクリアが吹けたら半艶クリアで艶を整えておきます。
あとは、ユーロタイフーンの尾部周りの金属色を塗って今日は時間切れ。

hara-potter2016-03-04


今日は、グリペンの燃タンのトラジマ模様の続きから・・・
で、デカールのインストでも、実機画像でも判らないところもあるし・・・で、段々いい加減になってきた(~_~;)
で、こういうものは一つ目よりも二つ目の方が上手く描けるもんだけど・・・更にいい加減になってる(~_~;)
なので、画像はいいや・・・(x_x) ☆\( ̄ベ ̄*)バシッ! 
 
で、残った時間でデカール保護のクリア塗装に入りますが・・・
いつの間にか燃タンの足跡デカールが一枚剥がれてる(~_~;)
幸い別塗装のデカール分があったので、それを流用して事なきを得ました。
で、エアブラシ用意して・・・・・・で、ここまで来て気が付いたけど、兵装類を塗装するの忘れてる(~_~;)
グリペンの方は、右翼にダミー弾が付くだけ・・・
ユーロファイターの方は・・・・主翼一番外側のパイロン&ランチャーがセットされているだけで、ミサイルの類が装備されている写真が少なく、大抵センタータンクのみが多いですね。
で、ミサイルが装備されている写真となると、サイドワインダーの先端が青い訓練弾が装備されている写真ぐらい。
なので、デカールインストも、その仕様となっていますが・・・
キットにはサイドワインダーが付属していないし(ストックには在るけど・・・)、折角のヨーロッパの機体なので

ちょっと目先の変わったキット付属のIRIS-Tを装備してみましょうか(^_^)
で、折角エアブラシを用意したので、デカールを貼った所だけ軽くエアブラシし、垂直尾翼カナードの大判デカールの部分だけ2度目のエアブラシをしておきました。
兵装類はグリペン用のダミー弾にクレオスのC307番グレーを塗って、IRIS-Tの方はゲート処理だけで時間切れ(~_~;)