hara-potter2014-11-20


今日は、スミ入れの続きから・・・
スミ入れに使っている塗料は、タミヤ・エナメルのブラック、ブラウン、シーブルーの3色。これらを適当に混ぜながらスミ入れしていきます。
 
 
 
 
 
 








 
 
で、スミ入れが終わってアンテナ線を張れば完成〜♪
何で、スミ入れとアンテナ線を張る間に空白あるかというと・・・・・・この間に机からの落下試験を慣行いたしました(~_~;) 



完成すると、こんな感じ♪
さて、次は何作ろう〜♪

hara-potter2014-11-19


今日は、回転銃座の組みつけから・・・
各銃座は、本来艇体左右を接着する際に挟み込むようになっているのを、後付けできるようにフランジをカットしちゃったので、そのまま組み付けると中に落ち込む可能性アリ(~_~;)
なので、ランナーで必要以上落ち込まないようにガイドを接着してから銃座を組み込みます。
で、銃座を組み付けたら残っているのは2本のアンテナ支柱だけ。
なので、これを接着すれば全てのパーツが所定の位置に接着されたことになりますがこの正体不明パーツを引っ掛けて折っちゃったので・・・(~_~;)
で、折れたパーツのリペア前に先にスミ入れ開始。
今日は半分ぐらいのスミ入れが終わったところで時間切れ。
明日には完成するかな?(^0^)

hara-potter2014-11-18


今日は、排気管と翼端灯の塗装から・・・
排気管は自家調合の焼鉄色で塗装。
翼端灯は、何時ものように下地を白で塗った後、それぞれクレオスの・・・・・・って、赤は未だレベル・グンゼカラーだ(~_~;)
で、それぞれクレオスのラッカー系クリアレッド、クリアブルーで塗装。
一般的に、翼端灯とかは下地を銀にしたり、クリア系塗料にエナメル塗料を使うことが多いようだけど、下地白+クレオス・ラッカー系の方が明るく透明感ある色合いに仕上がるので私はいつもこの組み合わせで塗っています。
あとは銃座の組み立てですが・・・・・・先ずは、銃座窓のマスキングテープを剥がさないと(~_~;)
この窓の数が多く、一枚ずつカッターを軽く当ててからマスキングテープ剥がすだけでも結構時間がかかる(~_~;)
で、全て剥がせたら機銃を組み込んでおきます。
ついでに透明パーツでできた展示台も組んでおきます。
透明を活かすために瞬着で接着しますが、意外と接着力が弱い(~_~;)
なので、形になった後、接着面になってる各角の外側にマスキングテープを貼って仮止めしてら、角の内側に瞬着流して補強しておきました。
で、今日はアンテナ支柱を1本接着したところで時間切れ。

hara-potter2014-11-16


今日は、デカール余白のカットから・・・

イタレリのこのデカール、硬くてシルバリングを起こしているので・・・
 

余白をカッターでカットして剥がしておきます。
 

余白を剥がすと、こんな感じ♪
で、余白剥がした後、密着をよくするためにマークセッターを塗って馴染ませておきました。
で、その乾燥待ちの間に、小物を塗装しておきました(^0^)

hara-potter2014-11-15


今日は、デカール貼りの続きから・・・
で、キットインストでは、

垂直尾翼にスワスチカが描かれているけど、デカールには用意されていないで他から流用。
 
 

デカールには、丁度スワスチカ2個分ぐらいの空白スペースが(~_~;)

hara-potter2014-11-14


今日は、上面側のエレベーターホーンのリタッチから・・・
で、胴体のイエローバンドは、デカールが用意されていないので塗装しないと・・・・・・と、思いつつ後回しに(~_~;)
なので、イエローバンドをマスキングして塗装。
塗料は、下地にクレオスのC97番灰色9号とC316番特色ホワイトを半々ぐらいで混ぜた物。で、更にこの上にC113番RLMイエローを使用。
本塗りには、C329番特色イエローにC4番イエローを加えた物を使いましたが・・・・・・もうちょっと濃い色でも良いかな?
なので瓶生C329番特色イエローを更に塗り重ねてみました。
で、ここまで来たらいよいよデカール貼り。
とりあえず今日はここまでで時間切れ。
う〜ん、ちょっと上面の迷彩色が暗かったかな?(~_~;)