hara-potter2017-08-06


今日は、スミ入れから・・・・・・って、これだけだと直ぐに終了〜♪


フィアットG50。
初期型の密閉風防のお蔭で見慣れたG50とは、ちょっと雰囲気が違いますね(^_^)
 


レジアーネRe2005。
 
で、次はちょっと迷ったけど、フライモデルのBf108をチョイス。
当初は、2機生産の予定でしたが、キットが3機分あるのとパーツも少なくて組みやすそうだったので3機同時生産することにしました。
とりあえず大まかなパーツを貼り合せてしまいたいので、胴体左右の貼り合せから。
3機の内1機は戦後フランスで生産されたノール1002仕様で作るので、キットに用意されているレジンパーツに交換します。
このキット、パーツは一通り付属しているようですがインストが不親切で選択パーツの組み合わせ等が一切触れていない(~_~;)
レジンの機首も機首の組み立て図が一枚用意されているだけで、元の機首の何処をカットするのかは一切触れていない・・・・・・どころか、カットする指示さえない(~_~;)
まあ、キットの箱絵側面図を見ればすぐ判るので、それに沿って機首をカットして挿げ替えておきました。
胴体左右を組む際には、先にコクピットを組んで挟み込むようになっていますが、仮組みした感じだと後からでもコクピットを底から接着できそうだったので、後ろの小窓とコクピットの側面だけを先に接着してから胴体左右を貼り合せておきました。
で、接合部には溶きパテを塗布して乾燥待ち。
・・・と、ここから先はクラブ例会での製作。
先ずは脚収納庫を組み付けた主翼上下を貼り合わせ、接合部に溶きパテを塗布。
朝のうちに塗布しておいた溶きパテは、サンディングできるところまで硬化していたので、そのサンディング。
1機は選択パーツのラダーに交換するので、元々の胴体と一体モールドされたラダーを切り落として交換しておきます。

で、今日はここまでで時間切れ。
胴体のサンディング、最後の1本の下面が残っちゃった(~_~;)

hara-potter2017-08-05


さあ〜、今日から集束に入ります♪
先ずは脚収納庫などの塗装から。
それぞれコクピットに使ったのと同じ塗料で塗装。
当然脚カバーの内側も同じように塗るけど、エッチング製のG50は接着強度を考え、脚柱に接着してから塗ることにします。
で、この乾燥待ちの間にキャノピーを接着します。
先ずはRe2005のキャノピーをピットマルチで接着し、接着剤硬化までマスキングテープでしっかり押さえておきます。
G50の方は・・・・・・少し収まりが悪く何処かが少し内側にへ込んだ状態になってしまうので、プラ棒のガイドをコクピット側に接着してからキャノピーを接着すことにしました。
で、これもマスキングテープでしっかり固定してから脚周りを組み立てます。
あとはピトー菅やら機銃を金属パイプや金属線で作って接着・・・・・・って、G50の主翼の機銃、太すぎるような気が(~_~;)
これでも、キットのパーツよりも随分と細めのパイプにしたのですが・・・・・・これ以上細いパイプだと、主翼にモールドされた穴を一度埋める必要が出てくるので(~_~;)
残るはアンテナ支柱やマスバランス、ベンチュリー菅等を接着し、最後にプロペラ&スピンナーを接着して今日は時間切れ。
あとはスミ入れとアンテナ線ですね(^_^)

hara-potter2017-08-04


今日は、デカール保護のクリアトップコートから・・・
で、昨晩のうちに数回デカール付近を薄くエアブラシして最後は普通にクリアを吹けるところまでクリア層を確保していたので、今日は全体に2回ほどクリアを吹いたら最後に艶調整。
で、クリアの合間にRe2005のペラ先端を黄色く塗装し、機体と同じくクリアと半艶クリアを吹き付けておきます
G50のペラはボス部分を塗ってデカール貼り。
で、今日はここまでで時間切れ。
残ってた時間でエアブラシの洗浄を済ませておきました。
このエアブラシの掃除って嫌いなのよね・・・(~_~;)

hara-potter2017-08-03


今日は、Re2005のデカール貼りから・・・
で、特に問題もなくデカール貼り終了。
正確にはG50のプロペラのデカールが残っているので、この組立てに入ります。
今回作るのはスピンナー無しの仕様なので、先端のバランスウェイト(?)のパーツを整形して接着。
Re2005のペラは3翔がバラバラにモールドされえているので、後縁側を薄く削りながら形を整え、補強に0.5mmの真鍮線を通して接着しました。
で、あとはそれぞれのプロペラを塗装します。
G50のプロペラ表側はクレオスのC8番銀を使用。
Re2005は先端をマスキングしてからC40番ジャーマングレーで塗装。
ついでにG50のプロペラ裏側も同色で塗装しておきました。
で、今日はここまでで時間切れ。

hara-potter2017-08-02


今日もG50の斑点描きの続きから・・・
で、残っていた主翼の迷彩を描き終えたら水平尾翼に入りますが、全体のバランスを見やすくするため・・・・・・ついでに持ち手を作ることも兼ねて機体に接着してしまいます。
一度は仮組みしてOKだったけど、ピアノ線のダボピンやダボ穴にまとわりついた塗料で合わせが悪くなっているので、もう一度擦り合わせしておきます。
で、プラ用接着剤をメインに、本の半滴程の瞬着を接着面に塗って接着します。
こうすると先に瞬着が硬化して接着部がずれなくなるので、位置決めや角度の調整が必要な時には重宝します。
で、水平尾翼の接着ができたらRe2005の水平尾翼も同様に接着しておきます。
G50の水平尾翼とキャノピーの斑点も描けたら、いよいよデカール貼りに入ります・・・が

怪しいと思ってたけど、ラダーのデカールの長さが足りない(~_~;)
マスキングしている時に気が付いたけど、キットのラダーの分割ラインのモールドが間違っているのよね。
で、仮にここを正しくモールドを彫り直していたとしてもデカールの長さは足りない(~_~;)
なので、ここは黒ラインデカールで代用することにします。
残りのデカールを貼って、今日は時間切れ。
明日はRe2005のデカール貼りですね(^_^)

hara-potter2017-08-01


今日は、G50の斑点迷彩から・・・
塗料は、Re2005のドライブラシに使った塗料にもう一度基本色のグリーンを少し加えたものを使用。
薄め液を加えて薄めの塗料に使い、一度に一つの斑点を仕上げようとせず、斑点を描きながら時々元の斑点に戻って重ね塗りを繰り返しながら色を乗せていきます。
で、色を乗せる時に同時に斑点の形を修正したり、隣の斑点とくっつけたり切り離したりしながらバランスを整えています。
で、今日はここまでで時間切れ。
もう少しで機体側は終わりますね(^_^)

hara-potter2017-07-30


今日は、上面色塗装のマスキングから・・・
とりあえず機体の方を先に塗装して、その乾燥待ちの間にキャノピーもマスキングします。
で、使った塗料はRe20005がライサンダー作った時に使ったグリーンクレオスのC16番濃緑色を加えた物。
G50は、正体不明の調合色2色を混ぜて最後に白を加えて色味調整したけど・・・・・・ちょっと白が多かったかも?(~_~;)
で、機体の乾燥待ちの間にキャノピーをマスキングして、機内色、機体色をそれぞれ塗装します。
ちなみにキャノピー側の塗装乾燥にはドライヤーを併用してジタンしています。
で、塗装が乾燥したらドライブラシに入ります。
Re2005は基本色に白を加えたもので1段階目のドライブラシ。
2段階目は、その塗料に白+黄色のクリーム色を加えたものでドライブラシしてあります。
G50の方は、1段階目、2段階目とそれぞれ基本色に白を加えながらドライブラシして今日は時間切れ。