hara-potter2018-06-02


今日は、脚周りの組み立て塗装から・・・
で、作業的にはA21とドイツ超兵器と交互に進めているんだけど、時系列で書くとかえってややこしいので、先ずはA21の事から書いていきます。
脚柱などは塗装済みなのでオレオシリンダーやタイヤを塗装したら足回りを組付けていきますが・・・・・・前脚車輪の接着位置のすわりが悪い(~_~;)
主脚の方はキットのパーツのままで、ちゃんとホイールのセンターで車軸と言うにはあまりにも短い出っ張りが収まったんだけど、前車輪はちょっと無理(~_~;)
なので、車軸の通る穴をピンバイスで開口して接着しましたが・・・・・・
ホイールがレジンなので瞬着使ったら右に寄っちゃった(~_~;)
次はロケット弾の接着だけど・・・・・これもキットのままだとイモ付け(~_~;)
しかもラックになるフレームから出てるピン状の所にイモ付けなでの、接着面は直径1mmも無い丸が二つだけ。
これでは接着強度があまりにも不安なので、このピン状の部分をダボに見立てて、0.8mmのピンバイスでロケット弾側にダボ穴を開口します。
で、仮組みしてOKなら接着。NGならピンバイスでダボ穴を必要に応じて前または後ろに広げて調整してから接着していきます。
本来ならフレーム状のラックとロケット弾の間には隙間が有るはずなんだけど、この工作によりロケット弾は直接フレーム状のラックに接着できるので接着強度も格段に上がるはずです。
あとは機銃やピトー管mライトレンズを接着して、全てのパーツ組み立ての終了。
あとは、軽くスミ入れして完成です。
 


A21R、完成。
当初はレシプロのJ21のエンジンをジェットエンジンに乗せ換えた程度に思っていましたが、結構いろんなところが再設計されているようですね。
 
ドイツ超兵器コンボの方も同様に進行。
先ずはレジンの脚周りパーツの整形ですが・・・・・・He1078Bの脚周り、衣が多くて整形が大変(~_~;)
で、一通り整形ができたら塗装して仮組み・・・
結構、脚が長めなので、機体側への差込シロを長くとったり切り詰めたりもしたけど、それでも長すぎたような気が・・・
まあ、大きな迎え角を取って着陸しようとしたら、これぐらいの長さが無いと下反角のついた主翼端が擦ちゃいそうなので、これぐらいはあった方が良いような気もするけど・・・・・・見た目的には、もう少し短くしたかったな(~_~;)
P1106の方は、メーカー製なので、ほぼキットの長さのままで接着しても大丈夫のようですね。
で、脚カバーを接着したら・・・・・・これで良いか(~_~;)
ピトー管やループアンテナ、アンテナ支柱なども取り付けた方がらしくはなると思うけど、なんとなく今回はシンプルな感じにしたかったので・・・
で、これもA21と一緒にスミ入れして完成ですね。
 


RSモデルのP1106。
 


フーマのP1106とツーショット。
同じP1106でも計画段階で、いろんなタイプが考えられたからね。この機体(~_~;)



He1078B
 
で、残った時間で新しいキットの製作に入ります。
次のお題はD型フォッケ。
1機は、エアフィックスの古いD9ですが・・・・・・箱絵のこの機体、実はD9ではなくD13なんですよね。
それに気が付いて・・・・・・ハセのD13のキット、買ってあったなと、ストック引っ張り出して来たら同じ塗装の機体。
なので、D9とD13の両方をこの塗装で組んで並べたら面白いかな?・・・で、製作開始しました。
一応・・・

エアフィックスのキットは箱絵のような胴体バンド上面にオーバースプレーされていない頃の仕様。
セガワのキットはハセの箱絵の様な胴体バンド上面にオーバースプレーされた頃(アメリカ軍に鹵獲される直前ぐらいの頃)の仕様にします。
 

で、今日は胴体左右の貼り合わせと、コクピットの塗装、デカール貼りと組み立て。
あとはD13用に主翼下面パーツを一部切り欠いてレジンの機銃パーツを接着したところで時間切れ。

hara-potter2018-06-01


今日は、ロケット弾の塗装の続きから・・・・
弾頭部分をマスキングして黒く塗りますが、塗料はクレオスのC40番ジャーマングレーを使用。
で、ラックの方は内翼下面に接着ですが、これがイモ付けなのよね(~_~;)
最初は支柱の方に細いピアノ線を仕込もうかとも思ったけど。ちょっと苦しい・・・
なので、主翼下面側に少しだけ」ザクリを入れて」接着することにしました。
ピンバイスで慎重に位置決めしてザクリを入れ、仮組してOKなら流し込み系接着剤で接着します。
あとは脚周りの組み立て、塗装だけど・・・・・・何気にパーツが多い(~_~;)
そもそも前脚のホーク部分だけを別パーツにする意味あるのかな?(~_~;)
で、これもイモ付けだと強度的に不安があるので、0.4mmのピアノ線を埋め込んで接着しておきました。
あとはチマチマしたエッチングやレジンのパーツを接着してから下面色と同じ色で塗装しておきました。
で、今日はほとんどA21だけで終わりだけど、少しだけ時間があったのでレジンの脚周りも整形をして時間切れ。
レジンパーツの脚周り、未塗装なので画像に入れるの忘れてた(~_~;)

hara-potter2018-05-31


今日は、脚収納庫の塗装から・・・
で、一緒に塗れば良いのに脚カバー内側を塗るの忘れてた(~_~;)
なので、収納庫塗った後レジンの脚カバーは、内側にサフ代わりのメタルプライマーを筆塗りしてから色を塗っておきました。
あとはインテークやノズルの内側を黒く塗って、キャノピーの接着に入ります。
A21のキャノピーは、先日作ったエレールのJ21と同じ分割なんだけど、これが結構トリッキーな感じで位置決めしにく(~_~;)
天板の無い方の側方窓をプラ用接着剤で接着して、それを基準に天窓付き側方窓を接着。
この時点で位置決めをしっかりしてOKならしばらく放置してからウィンドスクリーン部を接着します。
レジンキットの2機は、どちらもバQ製なので接着面が少ない。
なので、胴体側にプラ片で接着シロを作った方が良いんだけど・・・・・・今回は、そのまま接着(~_~;)
接着にはピットマルチを使用しました。
で、残った時間でA21のロケット弾の塗装に入ります。
ゲート処理して塗装ですが、1発に付きゲートが3ヶ所。
これが10発なので結構面倒くさい(~_~;)
で、塗装は実物を調べていないので、インスト指定色で塗っておきました(~_~;)

hara-potter2018-05-30


昨晩のうちに残っていたA21のデカールを貼っておきました。
なので、今朝はクリアトップコートから。
で、一緒に残っていたファントムのサイドワインダーもクリア吹き付けして全て終了(^_^)

hara-potter2018-05-29


今日は、P1106のインスクポット塗装から・・・
と、言っても機首側面の僅かな面積に面相筆でRLM82のインスクポットを描くだけなのでほどなく終了。
これでデカール貼りに入れますね。
で、P1106とHe1078Bのドイツ超兵器コンボはデカール無しキットなので、ともに流用デカールを探しながら貼るので時間がかかる(~_~;)
幸いデカール自体は少ない(燃料マークぐらい入れた方が良かった?)ので、何とか終了。
少しだけ時間が残っていたのでA21の主翼国籍マークのデカールだけ貼っておきました(^_^)

hara-potter2018-05-27


今日は、上面色の塗装に入ります。
先ずはマスキングしたドイツ超兵器コンボの迷彩パターン描き込み。
P1106は昔作ったフーマのP1106に準じたパターンをこのキットに落とし込んでみたけど・・・・・・中翼と高翼の差もあるし、機体長も随分違うし、胴体の色分けバンドをどうするか迷ったけど、まあこんなものもかな?
昔の模型雑誌の作例で、このバンドを機首に描き込んでいるのを見たような気がするけど、本当に描くとこ迷うわ(~_~;)
で、色は単純にクレオスのC121番RLM81/C122番RLM82にとしてみました。
迷彩色のドライブラシ後、機首のリップを赤、胴体に白赤の帯を描いておきました。
ハイケンルのHe1078Bの方は、昔のモデルアート誌の32スクラッチ作例を参考に、それに準じた塗装にしていましたが・・・

色がRLM81/82だと、何かイメージが違う(~_~;)
雑誌作例が表紙の色味と中のカラーページとが随分色味が違うのよね。
で、薄め液を染み込ませた筆でRLM81の所の色を剥がして塗り直すことにしました。
色はRLM75/RLM82の組み合わせにし、RKM82は、P1106と同じC121番RLM81、RLM75は昔のグンサン時代のC37番RLM75に同量より少なめのC337番グレーを加えたものを使用しました。
で、この時点でキャノピー切り出しを忘れてたのでバQのキャノピーを切り出しすり合わせします。
P1106の方はメーカー製のバキューム製なので、カットラインが直線的でモールドも有るので比較的に楽に切り出せたけど・・・キャノピー左右の厚みが全然違うの気を付けないと薄い方を直ぐ削り過ぎちゃう(~_~;)
He1078Bの方は個人ガレージキットらしくヒートプレス製なので、モールドなしののっぺらうだし、カットラインも複雑になるので、ガイドになるマスキングテープを仮組して貼ってから大まかにカット。あとはひたすら仮組しながら少しずつカットして調整しました。
で、カットができたらマスキングして改めて迷彩色で塗装し、機体と一緒にドライブラシも施しておきます。
胴体帯も昔のMA作例に準じて黄/白/黄色としますが、描き込み方は好みで少し変更。
迷彩パターンも大方は作例に準じていますが、作例の迷彩パターンは曲線での塗り分けだったので折れ線にアレンジしてあります。
あとはコクピットの有る方の機首先端だけ赤く塗ってあります。

A21の方は、先日作ったJ21と同じ塗料を使用しました。
で、乾燥したらドライブラシして機首の黄色を塗装しますが、白縁付きになっているので、下地の白を塗った時点で、0.7mmのマスキングテープでこの縁になる部分をマスキングしてあります。
で、今日はここまでで時間切れ。
明日はデカール貼りに入れるかな?(^_^)

hara-potter2018-05-26


今日は、各下面色のドライブラシから・・・
って、P1106のV尾翼下面を塗るの忘れてた(~_~;)
なので、先ずはこれを塗装してドライヤーで強制乾燥させます。
しばらくそのまま放置して、その間にA21の下面色をドライブラシします。
1段階目のドライブラシには、基本色で使ったC115番RLM65+C20番ライトブルー+タミヤLP−6ピュアブルーにC20番ライトブルーを増量したものを使用。
そして2段階目は、その塗料に白を少し加えたものでダライブラシしておきました。
ドイツ超兵器コンボの方は、C117番RLM76に白を加えたもので2段階ドライブラシしておきました。
で、次は上面色の塗装ですが、その為のマスキング途中で時間切れ。