hara-potter2017-05-03


今日は、残っていた脚周り等の小物の組立てから・・・
脚周りは一度仮組みしているので、サクサク組み付けていきます。
で、全てのパーツを接着したら完成ですね♪
 


レアベア。
 

DR−90ネメシス
 

2機を並べると、こんな感じ。
パッと見、同スケールみたいに見えるけど、一回り小さいネメシスの方がスケールは大きいです。
 
 
次は、本格的に

先日頂いたエクストラの製作に入ります♪
デカールは、先週末のお休みにまでの間に印刷用データを作っておいたので、GW中日の月曜火曜の間に印刷しておきました。
レッドブルの文字は、週末作っておいた版下データの解像度が悪かったので、改めてスキャナーで撮りなおしたデータから作り直したので、ちょっと時間がかかりましたが・・・
で、胴体の整形が終わってたので首尾翼から整形していきますが・・・・・・途中で気が付いたけど、キャノピーの形が違う(~_~;)
改めてネットで実機を調べてみると、同じエクストラ300でもキャノピー形状に幾つか種類があるようですね。
なので、今回はキャノピーの前側にある程度ゼリー状瞬着を盛ってから、それを芯にポリパテを盛って成形し直してみました。
この整形が終わったら水平尾翼を接着します。
整形の都合で先に垂直尾翼を接着しちゃったので、水平尾翼は真ん中でカットして、左右分割にします。
カットした中間部分を胴体に差込むように擦りあわせして、角度などが上手く決まったら瞬着で接着します。
接着できたら主翼も仮組みして各部に狂いが無いかチェックし・・・・・て、良かった(~_~;)
そのままだと主翼の上半角が左右で違う(~_~;)
なので、差込みダボの真鍮線を曲げて角度を再調整しておきました。
ちなみに主翼は、未だ少し表面処理不良が残っていたので溶きパテを塗布しておきます。

で、主要パーツの整形が終わったら脚周りとプロペラ・スピンナーの整形。
主脚はスパッツと脚柱とを一体で成形されていますが、この脚柱はあくまで実物大ゲージ程度に考えてくださいとのこと。
確かに整形するのも大変だし、強度的な不安もあるし・・・で、最初はプラ板から作ろうかとも思ったのですが・・・
丁度主脚柱にピッタリサイズの真鍮の帯がねがあったので、これにR付けて使うことにしました。
3Dプリンターで刷りだされたパーツに合わせて帯がねを曲げ、丁度Rの合うところでカットしたものを2本作ります。
この時、機体側は少し長めにカットしておきました。
で、プラなら金属線を埋め込んで接着の芯にするところですが、このサイズの真鍮に金属線埋め込みの穴をザクるのも大変なので、胴体側の下面にほぞを彫って、そこに下から差込むようにして接着しておきました。
差込んだ下面側には瞬着を少し盛っておいて、最後にサンディングで表面を均しています。


で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

hara-potter2017-05-02


今日は、コンパウンド磨きから・・・
もう少し砥ぎを入れるか迷いましたが、試しにレアベアの主翼コンパウンドを掛けてみたら悪くない状態だったので、そのままコンパウンドで磨くことにしました。
で、小物類も全て2機分にコンパウンドを掛け終わったら、一度洗って油分を落としておきます。
さあ、ここまできたら集束に入って行きます。
先ずはネメシスのキャノピー接着。
バQのキャノピーは、接着面が無いので慎重に・・・
今回は、位置決めに失敗した時のことを考えて貼り直しの効くピットマルチで接着しました。
剥がせるってことは、接着力が弱いってことですが・・・・・・まあ、大丈夫でしょう(~_~;)
次は、プロペラの塗装。
レアベアの翼端側は、クレオスのメッキシルバー・ネクストをエアブラシ。
で、裏面の黒は・・・面倒だから筆塗りフリーハンドで良いや(~_~;)
実際、金属色を塗った表面にマスキングテープを貼るのは怖いのよね(~_~;)
で、ネメシスの方は裏表とも黒なので、レアベアと一緒にC40番ジャーマングレを塗っておきました。
残った時間で、ネメシスのタイヤを塗って時間切れ。
レアベアのキャノピーマスキングを剥がす時、キャノピー・ウィンドシールド間のフレームの塗装を半分ぐらい持って行かれちゃったので、ここも筆塗りで修正しておきました(~_~;)

hara-potter2017-05-01


今日から砥ぎ出しに入ります。
2000番のスポンジヤスリを使ってデカールの段差が無くなるよう磨いていきます。
先ずは、レアベアを磨いていきます。
磨き終ったら表面を綺麗に掃除してからシャブシャブに溶いたクリアをエアブラシします。
で、ネメシスも同様に繰り返し、更に脚周りやスピンナーなどの小物も同様にしていきます。
で、残った時間でレアベアの脚柱と主車輪を塗装。
 
更に時間が残っていたので、エクストラの胴体だけ磨いておきました。

磨いたあとサフを吹くとこんな感じ。
まだ、ほんの少し表面処理不良が残っていたので、ラッカーパテを擦り込んでおきました(^_^)

hara-potter2017-04-30


今日からクリアトップコートに入ります。
ネメシスのデカール乾燥時間が短め(7時間ぐらい)なので、何時もよりも更に薄く吹くよう注意してエアブラシ。
で、今日は一日この繰り返し。
まあ、なんとかネメシスもレアベアもデカールの段差が無くなるまで吹き付けられましたね。
 
で、エクストラの方は、表面を磨いて・・・表面の状態が判りにくいので、サフェーサーをエアブラシ。
・・・すると、沢山の表面不良が(~_~;)
なので、ラッカーパテのお世話になります。 

で、今日はここまで。
画像だと昨日と変わらないように見える(~_~;)

hara-potter2017-04-29


今日は、白塗装の続きから・・・
ネメシスは、前に塗った上への重ね塗り。
レアベアも同色で塗っていきます。
で、ネメシスの白にはパールが入っているらしいので、途中GXカラーのホワイトにC151番ホワイトパールを混ぜて塗ってみたけど・・・・・・イマイチ(~_~;)
パールが、どうのこうの言う以前にアイボリーっぽくなるのが好みじゃない・・・・・・って、ことでまた上からGXカラーのホワイトをエアブラシしておきました。
で、塗装が乾燥したらレアベアのカウリングのみ先日調合したゴールドで塗装。
これも乾燥したらデカール貼りに入ります。
で、レアベアのカウリングのデカール、なかなか馴染まない(~_~;)
かなり沢山切れ目を入れたので、結構この継ぎ目が気になる・・・(~_~;)
で、今日はデカールを貼り終えたところで時間切れ。
 
乾燥待ちの合間に次のキットに手を付けました。
今度のお題は、3Dプリンターで刷りだしたエクストラ300S
初めての3Dプリンター出力キットですが、どうなることやら・・・
パーツは3機分あるので、とりあえずこの中から1機分のパーツを切り出し。
切り出したら余分な部分を削って形を作っていきますが、樹脂が回っていない所も多数あるので、そんな所は木工用瞬着と硬化スプレーで盛り付けておきます。
で、180番のペーパーを貼った当て木でゴリゴリ削って形を出しますが、未だ凹みとかが残っているので、大きな凹みにはまた瞬着を盛ってゴリゴリ。
小さな凹みだけになったら、ラッカーパテで埋めておきました。

第一段階は、こんな所。
3Dプリンターで好きな機体が再現できるって良いですね♪
ちなみに塗装はヨシムロヤ選手がアクロバティックで使っている機体にする予定です(^_^)

hara-potter2017-04-28


今日もレアベアの下地処理の続きから・・・
で、何とか表面処理も終わってシルバーグレーを吹き付けておきました。
残った時間で、レアベアの機体本体を除いた小物類をネメシスと一緒に白く塗っておきました。
塗料は、ガイアとクレオスのGXカラーのどっちを使うかで迷って・・・・・・って、結局GXカラーをチョイス。
3倍ぐらいに希釈したものをエアブラシしておきました。
で、今日はここまでで時間切れ。
明日からは、本格的に塗装に入れますね(^0^)

hara-potter2017-04-27


下地処理中・・・
本当にいい加減ケリを付けたい(~_~;)
 
で、ネメシスの方は一応終わっているので、2000番のスポンジヤスリで軽く表面を撫ぜておきました。
レアベアの方は・・・・・・左ウィンドシールドの所に少し筋が残ってる(~_~;)
溶きパテを塗布しておいたので、もう一回砥いだら終わりになりそう・・・・・だよね?(~_~;)
で、残った時間で小物も砥いで、シルバーグレーを吹き付けておきました。
早く塗装に入りたい(~_~;)