hara-potter2014-10-13


今日は、キャノピーの上にあるマスト状のものの工作の続きから・・・
 

キットインストでは、メインの柱がプラパーツで用意されていて、補強の2本の支柱は0.5mmの金属線か何かで作るように指示されていますが、バックスアートや実機写真見ると、単純な丸断面ではなく扁平な楕円形状のようです。
 

なので外径0.8mm、内径0.4mmの真鍮パイプに0.2mmのピアノ線を通してバイスで扁平に潰したものを用意しました。
この補強、両端はバックルか何かになっているのか細い棒状のようなので、この部分はそのままピアノ線を活かします。
なので、扁平に潰した後に長さ調整するのは面倒くさいので、事前に必要な真鍮パイプの長さをノギスで計ってからパイプを切り出しました。
 
ちなみにプラで用意されている支柱の上端、キットのパーツもインスト図面と同じ形しているけど、実際には音叉みたいな形の二股形状。
なので、目立てヤスリ、針ヤスリ、ナイフ等を
使って二股を深く彫りこんでおきます。
その上でピトー菅のようなものを接着しますが・・・・・・キットインストの長さ1mmは明らかに間違い(~_~;)
ちなみに太さもボックスアートで見ると0.3mmで妥当なところに見えるけど、実機写真見るともう少し太い感じ。
なので0.4mm真鍮線を5mmに切ったものを2本用意して接着しました。
あとは仮組したマストを一度機体から取り外し、次はエンジンの接着に入ります。
 

こちらは一度仮組み済みなので、艇体側とエンジン側の前側だけを接着して、位置がずれないようマスキングテープで養生しておきます。
この時、若干プロペラが下向きになる感じですが・・・・・・実機写真ぐらいに下向きにするとプロペラが艇体に干渉する(~_~;)
なので、適当な頃合いを探して接着しました。
接着剤硬化後、改めてエンジンナセルの後ろ側の支柱を流し込み系接着剤で接着しておきます。
あとは水平尾翼に付く垂直フィンの支柱を追加したりしてから、後付けの支柱のリタッチ。更にデカールを貼っていきます。
デカールは数が少ないのですぐに終了しますが。主翼前縁の黒ラインのデカールが用意されていないので、適当なジャンクデカールから流用しました。
最後にキャノピー上のマスト状のものを接着、リタッチ。
最後に軽くスミ入れすれば完成です♪



hara-potter2014-10-12


今日は、黒のドライブラシからですが・・・・・・エレベーターのトリコロールを塗るの忘れてた(~_~;)
なので、2度手間ですが、トリコロールの塗装から入ります。
で、トリコロールが塗れたら、整形不良部分に塗布しておいた溶きパテをサンディングして綺麗に均しておきます。
 
黒のドライブラシは、基本色に使ったC40番ジャーマングレーに白を2段階増量しながらドライブラシ。
ドライブラシが終わったら、マスキングして銀塗装に入ります。
銀は、昨日書いたようにC8番銀+C13番ニュートラルグレーを使用。
で、銀塗装が終わったらフロートの組み付けに入ります。
先ずは、主翼にフロートを接着し、硬化待ち。
その間にキャノピーをマスキングして銀塗装しておきます。
 
フロートの接着材が硬化したら艇体との支柱の仮組み。
V字の支柱は後ろ側の支柱を少し切り詰めるだけで、前側はそのままの長さでOK。
このV支柱も0.2mmのピアノ線をダボ代わりに埋め込んでおいたので、仮組みだけで十分組み上がります。
なので、この仮組状態から流し込み系接着剤を使って接着しておきます。
一番前の長い支柱も長さ調整なしの接着面のバリをとった状態でOK。
こちらもピアノ線のダボを使って接着しますが、接着剤は粘度のあるプラ用接着剤を使用しました。
あとは塗装済みのキャノピーをエポキシ接着剤を使って接着しておきます。
 

フロート支柱はこんな感じ。
 
コクピットの屋根の上にマストのようなものがあるので、この仮組みに入りますが・・・

とりあえず、今日はここまでで時間切れ。

hara-potter2014-10-11


今日は、フロート支柱仮組の続きから・・・
とりあえず主翼との間の支柱の仮組みは終わっているので、そのままの状態で艇体との間の支柱を仮組すると・・・・・・長さが全然足りない(~_~;)
考えられるのは支柱が短いか、フロートの位置が遠いか・・・
で、フロート〜主翼間の支柱を確認すると、外側(主翼端側)の支柱の方が内側(艇体側)の支柱よりも短い。
実機写真を見ると・・・・・・ほぼ同じぐらいの長さだけど、少し内側の方が短いように見える。
どっちにしろキットの支柱ほども長さの差は無いような気もするけど・・・
で、部品ナンバーを間違っていないか確認するけど、やっぱり仮組状態がインスト指示通り・・・
でも、写真を見る限り外側の支柱の方が短いということは無さそうなので、試しに内外の支柱を入れ替えて仮組してみると・・・・・・フロートが丁度良さそうな位置に。
なので、支柱は入れ替えて組むことにしました。
 

フロート位置がずれないよう、マスキングテープで養生して、フロートと支柱を流し込み系接着剤で接着。その後瞬着で補強しておきます。
 

接着剤が硬化したら、主翼から取り外し、塗装に控えます。
 
次はキャノピー仮組み。
バキューム製のキャノピーを切り出しますが、最初は必要以上に大きめに切りだし、仮組みしながら少しずつサイズを合わせていきます。
 

艇体側は屋根の所に伸ばしランナーで接着ガイドを作っておきます。
 

とりあえず右側のだけ仮組み状態。
同じように左側も仮組して、左右の継ぎ目で隙間ができないように注意します。
 
で、仮組みが終わったら塗装に入ります♪
先ず、下地チェックに部分的にシルバーを塗装。
塗料は、何時ものようにC8番銀+C97番灰色9号を使いますが、今回銀の塗料を今まで使ってた旧版の大瓶タイプのものから現行モデルの物に変えたら、ずいぶん色味が違う(~_~;)
なので、下地チェック塗装と本番塗装の塗料調合を兼ねて色を変えながら塗装しますが・・・・・最終的にはC8番銀+C13番ニュートラルグレーに落ち着きました。
ちなみにこの塗料の銀は、旧版の物に現行の物を加えたものになっています。
で、下地チェックして整形不良の部分は溶きパテを塗布しておきました。
 
次は、ラダーのトリコロール塗装に入ります。
ラダー全体を白く塗装。塗料はクレオスのC62番つや消しホワイト+C316番特色ホワイトを使用。
白をドライヤーで強制乾燥させたら白部分ををマスキングして、それぞれ赤と青で塗装します。
赤は、下地にC114番RLMレッド、本塗にC68番モンザレッドを使用。青は・・・・・・正体不明の調合色にほんの少し白を増量したものを使用しました。
 
続いて艇体下面の黒塗装。こちらは瓶生のC40番ジャーマングレを使用。
で、今日はここまでで時間切れ。
 
しかし・・・・・

この顔つき、ウォーカーギャリアに似すぎてない?(~_~;)


hara-potter2014-10-05


今日は、主翼の支柱仮組みの続きから・・・
と、その前に気が付いたことが・・・って、水平尾翼、文字通り水平に接着しちゃったけど少し上半角が付くのが正解(~_~;)←インストにも図示されてるのに気が付かなかった人
なので一度引っぺがして、中の真鍮線を上半角分曲げて擦り合わせ再接着しておきました。
当然水平尾翼に付く安定板も角度を修正する必要がありますが、こちらは組んだままの状態でそのまま指で角度修正できました。
 

更に無視するつもりだった操縦手席後ろのヘッドレストも太めのランナーから削り出して追加しておきました。
 
で結局、主翼の支柱は中心がリブモールドの下側辺り、支柱の上側がリブのモールドに架かるぐらいの位置でお茶を濁しました。
この位置が正しいかどうか判りませんが、写真見る限りこれぐらいの位置に見えるんですよね。もしこれが正しいとすればリブモールドの位置が少し高目ってことになるけど・・・
 

で、今日はフロート支柱の仮組みを始めたところで時間切れ。
フロートの取付け位置的にはOKだけど、艇体とフロートを直接結ぶ支柱の位置が合うかどうかが心配。
この支柱、ほぼ水平に横に伸びてるように見えるので、角度がずれると印象悪そう(~_~;)

hara-potter2014-10-04


今日は、エンジンナセル後ろのアウトレットの開口から・・・
って、開口と言ってノミとナイフで軽く彫り下げるだけ。開口面積が小さいから、これでスミ入れすれば十分ですね。
続けて、機体への仮組みですが・・・・・・今頃気が付いたけど、このエンジンナセル、排気管が省略されてるわ(~_~;)
実機画像を見ると、普通にスリットから排気管が覗いているタイプと排気管1本分、2本分、2本分、1本分と単純に穴が開いててその内側に排気管があるタイプと最低2種類はあるみたい。
で、私が作ってる機体は前者のタイプだけど・・・・・・無視して良い?(~_~;)
ちなみに実機にどれだけバリエーションが有るのか判らないけど、ボックスアートの機体で言うとインテークやらスリットやら微妙にキットとは違うような気がする・・・(~_~;)
 

とりあえず、支柱に0.2mmのピアノ線を仕込んで仮組み。
前後左右から見て歪みなどをチェック&微調整を繰り返します。
 
次は艇体と主翼の間を結ぶ支柱ですが・・・・・・取り付け位置が判り辛い(~_~;)
キットインスト&実機写真を見ると、艇体側面のリブ状のモールド上に支柱が来るみたいだけど・・・・・・キットのその位置だとちょっと上過ぎる気もする。
そのままでは判りずらいので・・・

艇体側面の塗り分けラインの所にマスキングテープを貼ってみる。
で、とりあえず程よい辺りの位置確認したところで今日は時間切れ。

hara-potter2014-10-02


今日は、水平尾翼に付くフィンの工作から・・・
先ずは、フィンのパーツをランナーから切り出して整形。
いまいちはっきりしないけど、このフィンも水平尾翼同様ちょっと大きいような気がする・・・(~_~;)
本当なら水平尾翼を削る時に根元側のコードだけでなく翼端側のコードも少し短くする方が良さげだったのですが、そうするとこのフィンとサイズが合わなくなってくるので根元側だけ削って対処しました。
なので、フィンの方は接着面やパーティングラインの処理だけでOK。
取付けには真鍮線のダボを埋め込むんでおきました。
あと上側のフィンには支柱が付くので、支柱接着位置を軽くピンバイスでザクっておきました。
で、その後組み立て済みの水平尾翼垂直尾翼に接着して、正真正銘士の字になりました。
 
後部銃座の上に開くカバーは、キットインストでは閉めるように指示されていますが、パーツの合いを考えると開いた方が簡単なので開状態で組むことに・・・

なので、両端の本来の接着面も薄く削って仕上げておきました。
画像右側が加工済み。左が未加工です。
 
残った時間で溶きパテ塗布済みのフロートとエンジンナセルの整形。
フロートは、そのままだと上面がのっぺらぼうで寂しいので、プラペーパーで丸いハッチのようなパネルを再現しておきました。
ナセルはサンディング後、正面のインテークリップの厚みが不均一の所をナイフなどで削って厚みをそろえておきます。

更に両サイドに有るインテークを開口したところで、今日は時間切れ。
後ろにあるアウトレット側が残っちゃった(~_~;)

hara-potter2014-10-01


今日は尾翼の組み立てから・・・
先ずは、垂直尾翼を艇体と擦り合わせ。
その後、垂直尾翼接着面に真鍮線を埋め込んで、補強&位置決めのダボとします。
で、艇体側にもダボ穴を開口しますが・・・・・・ちょっとずれた(~_~;)
なので、ずれた分は針ヤスリでダボ穴を広げて修正。
 
次は水平尾翼の擦り合わせ・・・・・・って、そもそも大きさが全然合わないんですよね(~_~;)
 
なので、一回り小さく水平尾翼を削り込んでサイズ調整と擦りあわせの同時進行。

途中から位置がずれないように真鍮線のダボを使って仮組みを繰り返しながら削り込んでいきます。
 
 

で、右が出来上がった水平尾翼
左の未加工のものと比べると明らかに大きさが違う(~_~;)
 

長さ的には、こんなところ。
 

残った水平尾翼もマスキングテープを目安に削り込んで調整し、擦り合わせができれば仮組み。
水平尾翼は、未だ未接着ですが士の字になりましたね(^0^)