hara-potter2015-11-26


今日は、リアウィングの接着から・・・
接着にはエポキシ接着剤を使用。予め位置決めと補強を兼ねたダボを植え込んでおいたので、これを合わせて接着し、暫くマスキングテープでずれたり浮かないよう押さえておきます。
で、次はホイールを接着。
残ったパーツはメタル製のノーズのアンテナだけ。
先ずはゲート処理して接着面を整え、ダボピン代わりのピアノ線を埋め込む穴を開口しますが・・・細いから結構厳しい(~_~;)
で、ピアノ線を接着したら、これを持ち手に塗装後、所定の位置に接着したら完成〜♪



 
 
で、残った時間で机を整理したらP−12Eの製作に入ります。

で、今日は下翼のパーツ接合部のサンディングで時間切れ。
リブモールドを消さないようにサンディングするので結構時間がかかりますね(~_~;)

hara-potter2015-11-25


今日は、サイドミラーの塗装の続きから・・・
昨日塗ったサイドミラーとヘッドパッド、ちょっとカウルと色味がずれていたので黄橙色を増量して重ね塗り。
色味が揃ったらサイドミラーだけ、更にクリアを加えたもので上塗りして艶を整え、鏡面にはアルミテープを貼っておきます

ウィンドシールドは、バキュームされたパーツを切り出すところから。
成形品を見ると実車と形が違うように見えますが、これは後ろ側の余分が在るのと、実車のウィンドシールドが小さいからでしょう。
切り出してみると良い感じになりますが・・・・・・小さいだけに左右の対称がきっちり出ていないと目立ちますね(~_~;)
なので、ヤスリやカッターで十分に擦り合わせしてから接着。

で、接着前にホイールを仮組みしてアライメントの再確認。
リアは昨日の調整でOK。
フロントは・・・・・・左が少し広い?
よくよく確認すると、真っ直ぐではなく、ちょっとだけステアリングを切った状態にしたための目の錯覚+翼端板の後端がちょっと歪んでいたためのようです。
なので、翼端板の歪みをゆっくり修正してOKですね。
ちなみにステアリングを微妙に少しだけ切った状態にしたのは・・・・・・意図したわけではなく、ステアリングを接着する時にちょっと切った状態になってしまったのに合わせたから(~_~;)
アライメントの調整が終わったら未だパーツを接着するコックピット前だけを残して、他はタミヤモデリングワックスで磨いておきます。
磨く前に部分的に汚れてた部分にはコンパウンドも使用しています。
で、今日はウィンドシールドとサイドミラーを接着したところで時間切れ。
 

残るはホイールとリアウィング、ノーズのアンテナだけなので、アンテナ以外を仮組みしてみました(^0^)

hara-potter2015-11-24


今日は、タイヤのデカールを貼っていきます。
ゴムの上にデカールが綺麗に馴染むか?デカール余白がシルバリングを起こさないかが心配でしたが、案外綺麗に貼れました。
で、失ったサイドミラーは、タミヤのジョーダン191のパーツを流用することにしました。
ミラー本体の形はほぼ同じだけど、ステーの角度が違うので、ステーは真鍮線で作り直し。
で、シート頭のパッドと一緒に塗装しておきます。
塗料は、下地に白を塗って、上塗りはC58番黄橙色+GXカラーのイエローを筆塗りします。
塗り上がったものをカウルの塗装と比べると・・・・・・ちょっと黄橙色が少なかった?
で、今日はここまでで時間切れ。
画像には写っていませんが、カウルのキルスイッチエッチングパーツを接着し、GXカラーの赤で塗っておきました(^0^)

hara-potter2015-11-23


今日は、脚周りの組み立ての続きから・・・
 

で、仮組みするとこんな感じ。
リアの車高は、こんなものだけど・・・仮組みしておいたはずのフロントの車高が低い(~_~;)
 

なので、ナックルの下面を削って車高調整。
で、この状態で仮組みすると・・・車高は善い感じだけど、アッパーアームに角度が付き過ぎ(~_~;)
前から見て、もう少し水平に近いというか、水平より少し車輪側が上がったぐらいの角度にしたい。
ちなみに、キットには完成品の写真が付属しているけど・・・・・これも角度が付きすぎているので、私の組み方が悪かったわけでは無そう(~_~;)
で、結局ナックルの上面側も下面側と同じだけ削って仮組み・・・・・・これぐらいで善い感じですね(^_^)
 
脚周りの仮組みができたら、接着順を考え、各パーツの塗装に入ります。

フロントは、ロアアームを、リアはアッパーアームを接着して、これを組み立ての基準とします。
 
で、リア周りを組み立てている途中で・・・・・・落っことした(~_~;)
幸い、リアから落ちたので被害はディフューザーの角が欠けたぐらいで、あとはフロント翼端板、左リアのロアアームとダンパーユニットの接着が外れたぐらい。
 


ディフューザーの欠けたところには、プラ片を瞬着で接着し・・・
 

ヤスって仕上げなおしておきました。
で、修正後脚周りを再度仮組みすると・・・・・・右後輪のトレッドが少し狭い(~_~;)
なので、ナックルを固定するネジ穴を少し外側に広げ、更にホイールとナックルの間に薄いワッシャーを1枚噛ませることにしました。
で、今日はここまでで時間切れ。
落としたサイドミラーのパーツが見つからない(~_~;)

hara-potter2015-11-22


今日から脚周りの組み立てに入ります。
 
先ずは、フロントウィング翼端板を接着。
外れちゃった翼端板のダボピン代わりの真鍮線を瞬着で接着。
あとはウィング側の接着面にエポキシ接着剤を塗布して、翼端板とフラップを所定の位置に接着します。
ちなみにフラップには接着剤を付けていないので、角度を変えることができますが・・・・・・稼働しても意味が無いので最終的には接着することになるでしょう。

同様にリアウィングも接着。
挟み込むパーツが多い分、こっちの方がちょっと面倒くさい(~_~;)
で、組み上がったらノギスで並行や直角をしっかり出して、ずれ止めのマスキングテープで固定しておきます。
 
次はリアの脚周りを仮組みして、各パーツの接着がどうなるか検討しながら接着順を考えていきます。
で、今日はここまでで時間切れ。
Rのサスアーム、キットのパーツを左右分割しちゃったので、トレッドを合わせるのが難しい(~_~;)

hara-potter2015-11-21


デカール厚みなどが残ってた所を部分的に砥直し・・・
コンパウンドで磨いて艶がOKならカウルの塗装終了。
あとは、インダクションボックスの開口部カウル内側を黒く塗装して・・・
 

コクピットの組み立て。
計器盤は、メタルの板+エッチングパーツだけど・・・実車よりもメーターが一つ多くない?(~_~;)
で、メーターのデカールは用意されていないので塗装仕上げですが、メモリはニードル系の罫書き針でひっかいて出てきたメタル地をメーターのメモリとしました。
シフトノブとそのリンケージは、キットインストに準じて塗りましたが、リンケージも黒が正解だったみたい・・・って、私がインスト見間違ったのかな?(~_~;)
シートは、スタジオ27のものを使用。
肩ベルトを組み上げて、それらしくセット。
腰ベルトは・・・・・・シート側面に余分のシフト系の接着シロが邪魔(~_~;)
なので、腰ベルトはシートの下に垂れ下がってることにして省略しました(~_~;)
シートの接着は瞬着を使用しましたが、外れた時の落ち込み防止用にアンダーカウルとの間を埋めるようにラッカーパテを充填しておきました。
普通ならプラを犯しそうな量のパテですが、今回はメタルとレジンなので大丈夫でしょう。 
 

Rエンドには、メタルの尾灯とエッチングのジャッキアップ用のフックを接着。
尾灯は、下地に白を塗ってからクリアレッドで塗装しておきました。
あとは、ホイールに半艶クリアを吹いて時間切れ(^0^)

hara-potter2015-11-20


今日は研ぎ出しの続きから・・・
残っていた4000番のペーパー掛けのあと、6000番→8000番と進み、最後はコンパウンドで磨いてみました。
・・・が、部分的にもうちょっと磨いた方が善いかなぁ(~_~;)
で、残っていたウィング関係の研ぎ出しにもてを付けました。