航製暦.190128

今日は、尾翼の張線から・・・

主翼と同じように0.2mmのピアノ線を長さ調整しながら組付けたら完成・・・・・と思ったら最後に取り付けようと思ってたウィンドシールドを忘れてた(~_~;)

キットにはウィンドシールド用の透明板が、それこそ何十枚切り出せるかというようなものが付属するけど・・・・・・表面に傷が結構沢山ついているのよね(~_~;)

厚みも少々厚めだし・・・ということで、いつものように適当なブリスターパックから切り出して接着しておきました。

今回は、本当に単純な長方形の一枚板だし、ウィンドシールドの上に上翼も無いから、切り出しも接着もすぐに終了。

f:id:hara-potter:20190131074116j:plain

f:id:hara-potter:20190131074058j:plain

一〇式艦上戦闘機、完成するとこんな感じ。

 

で、次も小っちゃいキットのチョイス。

f:id:hara-potter:20190128063045j:plain

次のお題はKi-78と神風号です。

先ずはコクピットの組み立て塗装ですが・・・Ki-78のコクピットが黒いのはインストの見間違いだった(~_~;)

時間もないし、ここの塗り直しは明日にしよう(~_~;)

ちなみに、このKi-78の操縦桿、プラロッドを所定の長さにカットして接着するように指示されているんだけど・・・・・・本当に単なる棒なんだろうか?(~_~;)
まあ、試作機みたいなものだからあり得ない話じゃないけど、プラ棒切り出すより簡単と、適当なジャンクの操縦桿を接着しておきました。

で、次は神風の側面の小窓を接着します。

この小窓、仮組みするとガラス面が胴体側面よりかなり落ち込むので、ベロをカットして少し窪む程度調整しました。

f:id:hara-potter:20190128063004j:plain

で、今日は片側の小窓を接着したところで時間切れ。

明日は、Ki-78のコクピットをグリーンに塗らなきゃ(~_~;) 

航製暦.190127

今日は、上翼の取付に入ります。

先ずは、塗装前に開口済みの支柱のための下穴をもう一度ピンバイスで浚うことから。

で、胴体と上翼を結ぶ支柱4本をピアノ線を埋め込んで仮組みします。

で、この状態で上翼の位置関係を確認し、支柱の長さと接着面の角度を調整します。

で、大体合いそうなことを確認できたら、スタイロフォームの切れっ端を利用して上翼の位置決めをします。
支柱無しで上翼を所定位置に仮止めできたら、胴体側の支柱4本を仮組します。

支柱の位置は支柱に埋め込んだ0.2mmピアノ線を下穴に差し込むことで決まるはず。

で、4本の支柱を差し込んで、上翼、支柱ともちゃんと位置が決まっていれば瞬着を流し込んで接着します。

しっかり支柱が接着出来たら、上翼の位置決め用に作ったスタイロフォームを外して下翼との支柱を同様に接着していきますが、こちらは仮組みしてOKなら直接瞬着を塗布して支柱と下翼を接着。

上翼側は、ダボピン代わりのピアノ線を所定の下穴に差し込んでから瞬着を流しておきました。

その後、支柱は茶色でリタッチしておきます。

同様に脚柱を接着して組み立て。

車輪のタイヤ部が未塗装だったので、自家調合のタイヤブラックで塗装後接着します。

尾そりは、レジンのパーツが用意されていますが、強度的に不安が有ったので、真鍮線とピアノ線の組み合わせ作り直しておきました。

反りの部分は、支柱部分になる真鍮線を曲げて、その前側に瞬着を盛り、あとはキットのパーツを参考に削り出しで形を整えただけです。

で、張線に入る前にスミ入れを済ませてしまいます。

今回、スミ入れと言っても動翼などに黒のスミを流しただけなのですぐに終了。これで張線に入れます。

先ずは、操作ワイヤーの張線ですが、これはメタルリギングを使用しました。

ラダーのワイヤーは、左右1本ずつ、胴体に開けた下穴に差し込んで接着。

そのままラダーホーンに瞬着を塗り、そこにワイヤーを添わせて瞬着が十分硬化するまで、じっと待つのだぞ・・・と(~_~;)

ラダーの操作ワイヤーができたら次はエレベーターですが、こちらは左右2本ずつワイヤーを接着し、それぞれをエレベータ上面、下面のホーンに接着します・・・・・・が、片翼のエレベーターホーンが最初から欠けていたのよね(~_~;)

幸い、メーカーでもありがちなことと認識しているのか、ホーンのレジンパーツが余分に入っているので、これを所定の位置に接着してからの作業となります。

f:id:hara-potter:20190128130137j:plain

接着出来たら、後ろにはみ出したワイヤーをカットして出来上がり。

エルロンのホーンも同様に工作しますが、こちらのホーンは最初から別パーツとなっていました。

操作ワイヤーができたら、次は主翼の張線ですが、こちらは0.2mmのピアノ線を使用。

それぞれの張線に必要な長さを測り、それよりも少し長めにピアノ線を切り出します。

あとは、仮組みしながら少しずつ長さを詰めていき、丁度いい長さになったら上翼下面側だけ接着します。

f:id:hara-potter:20190127230021j:plain

で、今日はここまでで時間切れ。

尾翼の張線だけ残っちゃった(~_~;)

 

航製暦.190126

今日は、クリアトップコートから・・・

いつものようにガイアのクリアをエアブラシで吹き付けていきます。
最初はデカール付近を薄く数回に分けて吹き、ある程度クリア層ができたら吹き付け量を少しずつ増やし、普通に2回吹いたらクリア終了。

その後、半艶クリアを吹き付けて艶調整をします。

で、クリア吹き付けしているときに垂直尾翼の張線の下穴を開けておくのを忘れていたので、実機画像で張線位置を確認にして開口しようとすると・・・・・・垂直尾翼の形が違ってた(~_~;)

この形、一〇式艦上戦闘機の1号と同じタイプですね。

で、トップコートまで終わっているし、このまましらばっくれるか迷ったのですが・・・・・・幸い垂直尾翼は剥がせそうだし、違うのは垂直安定板の所だけ。

ラダーはキットのパーツを切り離せば、そのまま使えるし、垂直尾翼にマーキングの類も無いから再塗装にも困らなさそう。

で、結局ひつ剥がしてプラ板で作り直しました。 

f:id:hara-potter:20190128092845j:plain

 このあと、ちゃんと接着して安定板をリタッチ。

トップコートは、さほど違和感ないし、デカールも貼っていないから省略しました。

 


f:id:hara-potter:20190127084502j:plain

 で、トップコートの合間に小物類の塗装も少し進みました(^_^)

航製暦.190125

今日は、グリーン塗装の続きから・・・

上翼の一部未塗装だった部分と、昨日塗って未だしっかり下地を隠ぺいできていなかった部分を塗装します。

昨日書き忘れていたけど、塗料は昔のタカラの鉄道カラー13番の緑2号です。

で、一通り塗れたらドライヤーで強制乾燥させてドライブラシに入ります。

ドライブラシには、基本色で使った緑2号にクレオスの白に黄色を加えたクリーム色を加えたもので1段階目を施し、更にクリーム色を増量したもので2段階目を施します。

で、ドライブラシが終わったらマスキングして機首をC8番銀+C97番灰色9号で塗装します。

これで機体の基本塗装ができたので、そのままデカール貼り♪

キットのデカールは銀色単色塗装用なので、日の丸に白縁が有りません。

なので、適当なデカールを流用して貼っておきました。

胴体はフライのBf108を作った時の残りデカール、上翼は天山用に買った別売デカールの残りです。
で、下翼は・・・日の丸に白縁が無いですね。

ひょっとして下面色はライトグレー?(~_~;)
結局、深く考えず、そのままキットのデカールを貼っておきました(~_~;)

f:id:hara-potter:20190125065549j:plain

で、今日はここまでで時間切れ(~_~;)

 

航製暦.190123

今日は、表面処理不良の処理から・・・

とりあえず、ピンホール等の表面処理不良部分には溶きパテを塗布しておいたので、そのサンディングから始めます。
で、機首上面の機銃と機銃の間部分は、銃身が邪魔で磨きにくかったので、胴体と一体成型された銃身を削り落としておきました。

で、表面を磨き終わった後、銃身代わりの真鍮線を埋め込めるよう、ピンバイスでカウリングの銃身出口を少しザクっておきました。

で、次は機首の整形。

このキット、カウリング前面の下の方、左右に一つずつ何か穴があるのですが・・・

最初は何か冷却のためのインテークかとも思いましたが、この穴が下向きで排気管(のはずはない)みたいなものが覗いているものも在ったり、個体差があるようです。

で、私が作りたい機体は・・・

f:id:hara-potter:20150402041201j:plain

穴自体が無かった(~_~;)

なので埋めることにします。

f:id:hara-potter:20190123093338j:plain

キットでは、こんな感じの穴が・・・

 

f:id:hara-potter:20190123093346j:plain

ランナーと瞬着で埋めて・・・

f:id:hara-potter:20190123093356j:plain

整形するとこんな感じ。

で、整形のサンディングで生地が見えているところには、サフも吹き直しておきました。

f:id:hara-potter:20190123062804j:plain

で、今日はグリーンを塗り始めたところで時間切れ。

上翼の下面は、一部持ち手を貼り付けていた所が未塗装です(~_~;)

航製暦.180122

今日は、上翼の操作ワイヤーの下穴開口から・・・

で、これができたら車輪とプロペラを整形。

車輪は、センターの印だけで車軸の穴が開口されていないので、これもピンバイスでザクっておきます。

で、この車輪にもピンホールが有ったので、瞬着+硬化スプレーで埋めたあと、サンディング。

ここまで出来たら下地チェックも兼ねてサフェーサーをエアブラシで吹き付けます。

で、吹き付けると・・・・・・表面処理不良と気が付かなかった小さなピンホールが(~_~;)

なので、そういった所には溶きパテを塗布しておきました。

f:id:hara-potter:20190122062739j:plain

で、今日はここまでで時間切れ。

前に作ったコロジーモデルの三式艦上戦闘機は、表面処理もほとんど要らなかったように思ったんだけど、今回は結構ピンホールが有るなぁ(~_~;)

航製暦.190121


今日は、胴体下面にある冷却器の取付から・・・
で、この取付に限らず、細かいパーツの取付が、よ~判らんのよね(~_~;)
で、キットのレジンパーツ見ててもよく判らないのでキットの箱絵と図面、写真から見てそれらしく取付。

おそらく、この筒状の丸いものが機首から移動してきたラジエーターだと思われるので、レジンパーツだと丸棒状の形していないけど、おそらく丸パイプだろうと前後の胴体と繋がる部分を真鍮線をい曲げたもので組付け。
胴体側には仮組みでも差し込めるようにしたので、組みやすいし塗装もしやすくなりましたね。
で、次は主脚柱の仮組み。

パーツを整形して胴体との取付には0.2mmのピアノ線を埋め込んでみました。
車軸になる支柱はイモ付けするつもりだけど。一応仮組して位置関係を確認しておきました。
で、残った時間で張線の下ごしらえ。
動翼の操作ホーンを先に接着するか迷いましたが、これは塗装後に後付けすることにしました。
あとは操作ワイヤーの胴体側の出口をピンバイスでザクっておきます。
太さはメタルリギングが2本差し込めるようにしておきます。
主翼の張線は0.22mmのピアノ線を使うことを前提に0.3mmのピンバイスでザクっておきました。
f:id:hara-potter:20190121062443j:plain
で、今日はここまでで時間切れ。
上翼の操作ワイヤーの下穴を開けるの忘れてた(~_~;)