hara-potter2018-01-20


今日は、二式水戦の補助フロート接着から・・・
で、補助フロート側には接着のダボピンが有るけど、主翼側には・・・取付穴が無い(~_~;)
隠し穴の開け忘れかとインストを確認するけど、特に何も書かれていないですね。モールドぐらいあったかもしれないけど・・・
で、図面などを参考にそれらしい位置にピンバイス開口して接着しておきました。
ここまでくればあとはデカール貼り。
ムスタングデカールは、キットの物をそのまま使用。
二式水戦の方は、結構痛んでいたので日の丸デカールは適当に流用・・・・・・って、意外とサイズが合う白縁付きってないなぁ(~_~;)
で、一部陸軍機らしき48キットのデカールを流用。これ筆塗りの匠が放出したデカールだわ。多分。
垂直尾翼の機番は、事務所で予め印刷しておいたものを使用。
ちょっと書体の縦横比が違うけど、見比べなければ気にならないのでワードの書体をそのまま使っています。
で、デカール貼ったら排気管などの金属色を塗って・・・・・・って、クリアトップコートしないなら先に塗っておいて問題なかったな(~_~;)
あとはキャノピーやアンテナ支柱を接着、リタッチして終了。
途中、二式水戦のピトー管とムスタングのアンテナ支柱が折れっちゃったんだけど、気にせずそのまま終了(~_~;)
ピトー管の方は金属線で作り直そうと差込穴まで開けたんだけど、なんか無粋な感じがしたので結局オミットしました(~_~;)



リンドバーグ二式水戦



旧ハセガワのP−51Dムスタング
 
で、次はサンダー・オバー・リノという映画に出てきたレーサー2機の製作に入ります。
1機はハイプレーンモデルのプレシャスメタル2.もう1機がアビエーションUSKのスーパーコルセア。
どちらの機体も、そのものずばりの塗装のキットが出ているのでデカール問題もありませんね。
ちなみにスーパーコルセアの方は実際にリノエアレースに出場している機体ですが、プレシャスメタル2は、おそらくレースチューンされていない映画用に塗装されたものだと思います。

 
で、どちらもコックピットを作って胴体左右貼り合わせ。
主翼上下も、後縁を薄く削って接着しますが、コルセアの方は付け根のインテーク内側を黒く塗ってエッチングパーツをセットしておきます。
キットインストでは、板状のプラパーツにメッシュとスリットのエッチングパーツを接着してセットするように指示されていますが、奥行きがあるように見えるよう隙間を開けて別々に接着しておきました。
で、それぞれ接合部に溶きパテを塗布して乾燥後にサンディング。
プレシャスメタルの方は、胴体と主翼の接着までいきました。
主翼と胴体は、そのまま接着すると主翼の方が胴体側のフィレットよりも分厚くなっちゃうので、上面で面で合わせて接着しておきました。
で、前縁側にできる隙間には、プラ板を埋めておきました。

で、今日はここまでで時間切れ。
プレシャスメタル2、ハイプレーンのキットの中ではかなり作りやすいですね(^_^)

hara-potter2018-01-19


今日は、二式水戦の紫の塗装から・・・
今回の肝ともなる紫ですが・・・・・・ボックスアートを見るとほとんど赤に近いんですよね(~_~;)
で、適当に前に作って残ってたダゴレッドの赤やら正体不明の紫を調合して、最後に下地用に作ってたピンクを加えて色調整したものを使いました。
塗装済みの下面色をマスキングして、何時ものように筆塗りですが、この色隠ぺい力が弱いわ(~_~;)
下地に違う色を塗っておけば良かったと思いつつ、結局そのまま塗り重ねで済ませてしまいました。
で、紫乾燥後、マスキングしてカウリングをC126番カウリングブラックで塗装しておきました。
あとはプロペラ表面の塗装ですが、これは現行C8番銀をフリーハンドで塗装。
プロペラ先端の警告色はどうしようかな・・・
 
紫乾燥待ちの間にP−51の銀を塗装しますが・・・
最初、タミヤの新しいラッカー塗料の銀を試しに使ってみましたが、イマイチイメージと合わなかったので、結局いつものようにC8番銀+C97番灰色9号で塗装しておきました。
もう少しでデカール貼りに入れますね(^_^)

hara-potter2018-01-17


今日から塗装に入ります♪
先ずはP−51のキャノピーをマスキングから。
マスキングゾル乾燥待ちの間に二式水戦の塗装に入ります。
塗料は、単純にクレオスのC35番三菱系明灰白色をチョイス。
普通に塗って今回はドライブラシなしでそのままOKとしました。
で、マスキングゾルが乾いたらP−51の機首周りを青く塗ります。
使った塗料は、以前セスナ172を作った時の調合色をそのまま使用しました。
で、今日は二式水戦のキャノピーをマスキングしたところで時間切れ。

hara-potter2018-01-16


今日は、フロートのサンディングの続きから・・・
あと、どちらの機体も主翼と胴体の継ぎ目に溶きパテを塗布済みだったので、これもサンディングで均しておきます。
ここまで来たらそろそろ塗装の下ごしらえに入っていきます。
フロートの補助支柱は機体と仮組みしてフロート側に接着してしまいました。
あとはP−51の燃タン、スピンナーの組み立て。
あと一体になった脚カバーなども分割します。
で、主脚カバーの表面に少しヒケがあるので、主脚に付く方は薄く仕上げる感じでサンディングしてヒケを削ってしまいます。
胴体に付く方は閉めた状態で接着。この時ゼリー状瞬着を使って気持ち浮き気味に接着。
そのうえでヒケはパテで埋めておきました。
で、今日はここまでで時間切れ。
楽しい色選びだけど・・・しっくりした色が無いなぁ(~_~;)

hara-potter2018-01-14


今日は、二式水戦主翼の組み立てから・・・
このキット、コンパチの関係で主翼下面パーツが内翼と外翼の3分割になっているので、先ず下面だけを貼り合わせてしまいます。
ただ、仮組みすると主翼上面側で胴体と隙間が生じるので、下面側のパーツの擦り合わせで事前にウィングスパンを調整しておきます。
で、長さがOKならプラ片の補強を入れて内翼・外翼をプラ用接着剤で接着した後、内側表面に瞬着を流して補強しておきました。
この状態で主翼上面を接着しますが、今度は右翼付け根の厚みが胴体側より分厚いので、これも調整しておきます。
主翼の接着ができたら接合部に溶きパテを塗布して、パテ乾燥後にサンディング。
P−51も同様ですが、こちらの方は特にすり合わせなどの必要もなく、ただ組むだけでOKですね。
胴体は既に溶きパテ塗布済みだったので、こちらもサンディング・・・・・・って、実際にサンディングしたのは。こちらの方が先ですが。
但し、二式水戦の方はカウリング先端が未接着だったので、エンジンを塗ってから接着し、カウリング先端を接着しておきました。
カウリング先端のサンディングを残して粗方のサンディングをしたところで、排気管と機首上面機銃の銃身をそれぞれプラパイプと真鍮パイプで追加しておきました。
主翼水平尾翼を胴体に接着したら士の字ですね。
で、今日は補助フロートのサンディング途中で時間切れ(^_^)

hara-potter2018-01-09


今日から新しいキットの製作に入ります♪
本来は映画に出てきたレース仕様のスーパーコルセアの予定だったのですが、日曜日のクラブ例会で面白いキットを頂いてきたので急遽変更になりました。
今度のお題は、古〜っいジョーハンの二式水戦
あの紫の二式水戦の箱絵で有名なキットですね。
なので、塗装も当然箱絵仕様に準じて作るつもりです(^_^)
小さな機体なので、もう一機同規模ぐらいのキットと・・・物色して選んだのは旧ハセガワ(この時代なら長谷川製作所が正しい?)のP−51。
このキットは、子供の頃からたくさん買って作ったり、作りかけで未だに残っていたり(苦笑)するのですが、そういえば箱絵のブルーノーズの機体を作ったことないなぁ・・・って、思ってたら作りたくなっちゃったんですよね。
 
で、今回は珍しく枕が長くなりましたが製作に入っていきます。
先ずジョーハンの二式水戦ですが・・・・・・このキットに限らずジョーハンのキットの中身を見るのは多分初めて。
ぱっと、パーツを見るとスジボリだし何かいい感じ。
ちょこっと例会会場で胴体左右と中央部分だけ別パーツになっている主翼下面パーツを仮組みすると合わせもそこそこ・・・
箱自体は売っているのを子供の頃に見たことあるように記憶しているんだけど・・・・・・何で買わなかったのかな?
で、先ずは胴体左右の貼り合わせですが・・・

キットにはコクピットが無く、人形だけなので、人形をセットするピンを切り落として中は黒く塗っておきました。
コクピットが無いのを気にする人も居るでしょうが(子供の頃の私?)、1/72なら単純にプロポーションを楽しむのも良いかと。
で、コクピットは空っぽのまま左右を貼り合わせ、零戦と選択パーツになっている尾部パーツ接着しておきます。
で、今日の二式水戦はここまで。
フロートは前オーナーさんが左右を貼り合わせていたようです。
 
P−51の方も特に何もせず簡単に(^_^)
コクピットパーツは、インテリアグリーンに塗って、操縦桿や側壁にモールドを黒等でちょこちょこっと塗装。
フロアは木製なのでウッドブラウンに塗装しました。
シートは座面にクッションの様な(座布団の様な?)物がモールドされているし、シートの形そのものが実機と全然違いますが、それも気にせずに組んでいきます。
ここを組んでて中学か高校の頃、1/32のキットを参考にフロアから全て作り直したの思い出しました。
シートはヒートプレスで作ったし、フロアも彫刻刀で木目のモールドを入れたり・・・・・・と、今より頑張ってたかも(~_~;)


で、今日は、ここまでで時間切れ。