航製暦.190404

今日は、紫電改のスミ入れの続きから・・・

と、いっても半分近く終わっていたので、ほどなく終了で完成♪

f:id:hara-potter:20190404203412j:plain

f:id:hara-potter:20190404203422j:plain

f:id:hara-potter:20190404203429j:plain

紫電改、完成♪

 

五式戦は、残っていたのは主脚引出の確認棒の塗装だけ。

色は・・・・・・ちゃんと確認していないけど赤/白の塗り分けでOK?
モノクロ写真じゃ判らないし、レストア機の写真じゃ機体色で塗りつぶされているようだし・・・・・・ま、いいか(~_~;)

なので先に白を塗って先っぽだけ赤く塗っておきました。

で、これで完成かと思ったら・・・・・・確かに一瞬完成したんだけど、その直後にピトー管ひっかけて折れた(~_~;)

なので、0.3mmのピアノ線を補強に仕込んで再接着しておきました(~_~;)

f:id:hara-potter:20190404070242j:plain

 五式戦、完成♪

 

で、一度机を片付けたら新しいキットの製作に入ります。

予定では別のものを考えていたんだけど・・・・・・製作予定が遅れ気味だし、ということで展示会テーマの担当機を先に作ることにしました。

 

 

f:id:hara-potter:20190404070400j:plain

今度のお題はハセガワのキ109です。
塗装は単色のつもりだけど、メロメロ迷彩も捨てがたく多少の迷いもあったんだけど、今の進捗状況だと、やっぱり単色塗装かな・・・

で、とりあえず前から後ろまで一体整形されたフロアパーツに接着できるものは接着して機内部色のグリーンで塗装。

垂直尾翼の後縁は接着面を削ってシャープに仕上げておきます。

あと、キ109に適応するために機首をカットしてレジンのパーツに置き換える必要があります。

キットの胴体には、このカットラインがくっきりと凹モールドされているので、そこにカッター当てるだけでピッタリ切断できると思うけど・・・ハセのレジンパーツって収縮で一回り小さくなっていることが多いので、少しというか大分というか多めに余分を残してカットしておきました。

これは胴体左右を接着後にすり合わせで対応します。

あと、今回のキ109は、試作型と量産型のコンパチになっていますが、私は量産型で製作するので、プラパーツで用意された胴体側面の銃座を埋めるパーツを胴体左右接着前に接着しておきました。

f:id:hara-potter:20190404070323j:plain

 で、今日は胴体左右を貼り合わせたところで時間切れ。

航製暦.190402

今日は、塗り残していた細部塗装から・・・

排気管は、いつものように自家調合の焼鉄色で塗装。

翼端灯は下地に白を下地に塗装後、それぞれクリアレッド、クリアブルーで塗装します。

脚周りは、車輪の接地面を削ってから接着。続けて脚カバーも接着しますが・・・・・・五式戦の主脚柱根元の小さいカバーを塗るの忘れてた(~_~;)

なので、 このカバーは全ての脚カバーを接着午後、リタッチしておきました。

次はプロペラだけど・・・・・・ちょう度良い太さの真鍮線がない(~_~;)
う~ん、1.5mmの真鍮線、使い切っちゃったかな?(~_~;)

なので、外径の合うプラパイプで代用。

 

f:id:hara-potter:20190402064338j:plain

 とりあえず紫電改のスピンナーのバックプレートを接着して今日は時間切れ(~_~;)

航製暦.190329

今日は脚周りの塗装から・・・

脚収納庫を五式戦はシルバーグレー、紫電改は青竹色で塗装。

昨日シルバーグレーに塗っておいた脚柱は、シリンダー部をタミヤ・ペイントマーカーのクロムシルバーを筆塗り。

シリンダーカバーの蛇腹ブーツはクレオスのC137番タイヤブラックで塗装しておきました。

で、脚柱を接着する前に塗装済みだった五式戦の主翼前縁の前照灯も接着しておきました・・・・・・って、脚柱を接着する前に排気管も塗るつもりだったんだけど、忘れて立たな(~_~;)

で、タイヤは自家調合のタイヤブラックで塗っておきました。

紫電改の機銃身は、本来黒染めなので黒系の色が正解だと思うけど、やはりメタリック系の色で塗っちゃった(~_~;)

f:id:hara-potter:20190329064059j:plain

 で、今日は主脚柱と五式戦の尾輪を接着して時間切れ(^_^)

今朝は、1週間ぶりのモデリング(~_~;)

紫電改の機番デカールは1週間前に印刷しておいたんだけど、貼る間がなかった(~_~;)

で、黄色い機番のデカールだけど、今回はMDプリンターで刷りだした下地白ベタデカールと、レーザープリンターで刷りだした黄色のデカールの2枚を重ね貼りすることで対応しました。

f:id:hara-potter:20190326204754j:plain

これが刷りだしたデカールだけど、印刷や貼る時の失敗も考えて一組余分に印刷。

どうせ余分に印刷するなら・・・・と、下地用デカールはMDプリンターの黄色バージョンと白バージョンの2種類を印刷。

レザープリンターで印刷した方も左2枚と右2枚とは少し色味を変えてみたけど・・・・・・印刷すると、あんまり変わらんな(~_~;)

で、結局デカールはどちらも右側の2枚の重ね貼りで使用。

f:id:hara-potter:20190327065035j:plain

貼ると、こんな感じに。

で、このデカールは昨晩貼っておいたもの。

ちょっと乾燥時間が短めだけど、小さいデカールだし・・・・・・と、今朝からクリアトップコートに入ります。

紫電改の下面のシルバー部分と5式戦の方は昨晩、軽く1回エアブラシしておきました。

で、今朝はその続きのエアブラシをしながら乾燥待ちの合間に小物の整形と塗装。

f:id:hara-potter:20190327064156j:plain

で、今日はここまでで時間切れ。

一応、クリアトップコートは艶調整も終わりました(^_^)

航製暦.190319

今日は、紫電改用のデカール版下の作成から・・・

元になるデータは、昨日事務所でスキャニングしておいたので、今朝はお絵かきソフトで垂直尾翼の機番の印刷データを作ります。

0の文字以外はすべて直線で構成されているから作り易いですね。

で、一つ出来たらコピーして二組にすればOKですが・・・

f:id:hara-potter:20190319091536j:plain

印刷や貼るときに失敗したときのことも考えて二組分刷れるようにしておきました。

あとは印刷ですが、これは事務所で印刷することに・・・

 

五式戦の方はライフライクのデカールを使いますが・・・・・・

側面図の反対側の垂直尾翼にも九頭竜の文字があるのかどうか分からない(~_~;)

デカールは右側面分もセットされているけど・・・・・第五戦隊の右側でこう言った文字の描かれた機体あったかな?
後で貼るのは簡単なので、これはもう少し調べてから・・・・・・と、いうことで貼らずに置いておきました。

あとはコーション類のデカールですが・・・・・・・

主翼上面のウォークラインの赤線、デカールインストナンバー指定が左右間違ってる(~_~;)

どうも合わないなで・・・・切り欠き位置が合わなくてやっと左右が間違っていることに気が付いた(~_~;)

で、一度張った左翼のデカールを右翼に貼り直し・・・・・やっぱりモールドと合わない(~_~;)

f:id:hara-potter:20190319132019j:plain

なるほど、ファンモールドのキットには合わないって、このことだったんだ(~_~;)

なので、あっさり諦めてウォークラインはキット付属のデカールに切り替え。

当たり前だけど、キット純正だからピッタリ合いますね。

 f:id:hara-potter:20190319065340j:plain

 で、今日はこのデカール貼りの途中で時間切れ。

航製暦.190318

今日からデカール貼りに入ります・・・・

で、紫電改デカール貼ってて気が付いたけど・・・・・・主翼前縁の敵味方識別標識を塗るの忘れてた(~_~;)

今回、この紫電改の塗装を選んだ理由が胴体サイドの白線とこの赤い識別標識だったんだけど(~_~;)

で、デカールにかからないように気を付けてマスキング後塗装に入ります。

今回下地には下面色に使った銀をそのまま使用。

その上に赤を塗りますが・・・・・・赤い敵味方識別標識を塗るのは初めてですね。

何となくくすんだイメージがあったので、GXカラーの赤にリンドの二式水戦を作った時の赤を少し加えたものを・・・・・・と、ちょっと暗いか(~_~;)

で、塗る前にC79番シャインレッドを加えて調整したものを塗りましたが・・・・・ちょっと違う感じ(~_~;)

なので、その上から更にC79番シャインレッドに少しC58番黄桃色を加えたものを塗りましたが・・・・・・写真だとなんか違う色味に見えるな(~_~;)
五式戦の方は、C113番RLMイエローとC58番黄桃色を重ね塗りしておきました。

f:id:hara-potter:20190318063028j:plain

 で、今日はここまでで時間切れ。

航製暦.190317

今日から塗装に入ります・・・

と、その前に昨日接着したカウリング周りは継ぎ目を軽くスポンジやすりでサンディングして段差を均しておきました。

で、普通なら下面色から塗り始めるのですが、今回はどちらも下面色が銀色なので上面色から始めます。

紫電改クレオスのC15番暗緑色(中島系)を使用。

五式戦は安直にC130番濃緑色(川崎系)を使用しました。

どちらも白ラインに塗るところは細切りのマスキングテープでマスキングしてから塗っています。

別にプラ成型色が暗い紫電改なんかは白く塗るところを塗り残す必要もないけど、この方が白を塗るときのマスキングがしやすいので・・・

で、それぞれの上面色が塗れたら、基本色に使った塗料にクリーム色(白+黄)を加えたものでドライブラシを施しておきました。

次はマスキングテープを剥がして紫電改の白ラインを塗装。

塗料は下地にGXカラーのホワイト、上塗りにC156番スーパーホワイトを使用しました。

次は、それぞれの上面色をマスキングして下面色の塗装。

塗料は、両方ともC8番銀に適当なグレーを混ぜた青味の入った塗料を使用。

 

f:id:hara-potter:20190317221108j:plain

 で、これで上下面の塗り分けが終わったので水平尾翼を接着して士の字になりました(^_^)