hara-potter2018-02-12



今日は、スーパーコルセアのコンパウンド磨きから・・・
昨日クリアを吹いた塗装面をそのままタミヤの仕上げ用コンパウンドで磨いていきます。
変に細め→仕上げと段階的に磨くよりも最初から仕上げ用で磨いた時の艶の方が個人的に気に入っているので(^_^)
で、磨きあがったらキャノピーを仮止めしてその周りの黒塗装用のマスキングをします。
細切りマスキングテープをメインにマスキングしてクレオスのC40番ジャーマングレー+黒を筆塗りします。
で、塗装が乾いたらキャノピーを接着します。
脚周りなどの小物を組んで、アルミパイプとピアノ線の組み合わせで作ったピトー管を接着。
これを接着した後必要なところを赤や白でリタッチしていきます。
あとは残しておいたキャノピー横のデカールを2枚貼ったら完成と思ったけど・・・・・・排気管を忘れてた。
なので先に排気管の工作に入ります。
排気管出口のスリットは、予めナイフで彫っておいたのですが、クリアで隙間が狭くなっているので改めて彫り直ししておきます。
で、そこに釣具屋で買っておいたビニールパイプを排気管の形に切って1本ずつ接着していきます。
接着剤が乾いたら自家製焼鉄色でリタッチしたっら完成・・・・・・って、思ったんだけど、デカールが2枚残っていたの忘れてた(~_~;)
一度は完成したと思ったんだけど、改めて残っていたデカールを貼って今度こそ完成ですね(~_~;)



完成すると、こんな感じ。
 
スーパーコルセアも完成したので、先日から始めたミラージュF1の製作に入ります。
エアインテークの奥になるところは、GXカラーの黒で塗装。
あとのインテークコーンやインテーク内側は適当な作り置き自家調合のシルバーグレーで塗装しておきました・・・・・・って、ハセガワの胴体も黒を塗ったんだけど、画像に入れるの忘れてる(~_~;)
エレールの方はイランのF1EQで組むので垂直尾翼の形状を変更する必要があります。
なので、前縁が伸びた部分は5mmのプラ角棒から削り出し他物を接着。接着する際には補強の真鍮線を埋め込んでおきました。
で、接合部に溶きパテを塗布しておきます。

で、今日はここまでで時間切れ。

hara-potter2018-02-11


今日のスーパーコルせアは、クリア研ぎ出しから・・・
で、研ぎ出しが終わったらしゃぶしゃぶに薄く溶いたクリアをエアブラシします。
そして直ぐ様塗料カップのクリアを捨てて、拭き取らずに残った程度のクリアに大量の薄め液を加えた、限りなく薄め液に近いクリアで塗装面全体が塗れたような感じになるよう吹き付けます。
あとは乾燥待ちして翌日コンパウンドで磨くまでそのまま置いておきます。
で、待ち時間の間にヒュルクスの完成を目指します。
先ずは機首上面の防眩塗装から。
マスキングテープでマスキングして筆塗りしますがTAIのデカールがマスキングテープを剥がすときに持っていかれないよう、事前にデカール付近はミスプリコピーの切れ端でカバーしておきます。
で、防眩塗装の黒はクレオスのC40番ジャーマングレーを使用。
塗装が乾燥したら同色にほんの少し白を加えたもので軽くドライブラシをかけておきました。
あとはコクピット内部や脚周りを塗装して順次組付け。
脚回ろの塗装の時にはスーパーコルセアの分も一緒に塗装しておきました。
プロペラの塗装は、キットのインストでは全く触れられていなかったので実機写真を参考に・・・・・・って、プロペラ先端の色が微妙〜!
最初は白かと思ったけど白ではない。
プロペラ本体も黒かと思ったら根元の極一部黒の所もあるけど、全体は黒に近いグレーですね。
なので、プロペラ先端をマスキングして全体をC40番ジャーマングレー+黒で塗装。
その後黒く残す所をマスキングして適当なグレーを塗装。
最後にマスキングテープを剥がし、プロペラ先端はイスラエルの砂漠迷彩用下面色のC314番ブルーに大量の白を加えたもので塗装しておきました。
スピンナーは、実機が金属の磨きあげられたピカピカのスピンナーだったのでGXカラーのブラックを下地にエアブラシし、メッキシルバーNEXTを極力薄くなるようエアブラシしておきました。

 


これらを全て組付けたら完成ですね(^0^)

hara-potter2018-02-10


今日は、スーパーコルセアのクリアトップコートから・・・
で、クリア吹いたら乾燥待ちの合間にスペシャルメタルの塗装に入ります。
先ずは塗り終えた主翼などのグリーンをマスキングして銀塗装に入ります。
使った塗料は、クレオスのC8番銀+C97番灰色9号。これを筆で塗っていきます。
で、乾燥後に機首上面や翼端の黒を同じく筆塗りします。


一通り塗れたら脚周りを組んで完成ですね。
 
 
スーパーコルセアの方は、プレシャスメタルの合間に何回かクリアを吹いて午後から乾燥待ち状態・・・
なので、その間にプロペラを塗装します。
このプロペラ、1翔だけ白いんですよね。
なので、機体に使った白を下地も兼ねて吹き付け。
その後先端と赤/白のラインをマスキングして黒を筆塗り・・・

って、うっかり4枚とも黒く塗っちゃった(~_~;)
なので、1翔だけ塗装を剥がして白の吹き付けからやり直し(~_~;)
マスキングして赤ラインを入れておきました。
で、今日はここまでで時間切れ。
3連休初日に1機完成♪
明日も完成するかな?(^_^)

hara-potter2018-02-09


スーパーコルセアは、昨晩のうちにデカールを貼っておきました。
なので、今朝はそのリタッチから・・・
で、リタッチが終わったらクリアトップコートですが・・・・・・乾燥時間が欲しいので先にプレシャスメタルのトップコートにかかります。
既に吹いたクリアの表面がイマイチの所をタミヤの2000番のスポンジやすりで均してから、薄め液を加えてしゃぶしゃぶに溶いたクリアをエアブラシします。
その後、塗料カップに残ったクリアを捨てて、そこに薄め液だけを加えたものでもう一度エアブラシしておきました。
プレシャスメタルが終わったら改めてコルセアにクリアを吹き付けます。
で、今日は2回ほど後から貼ったデカール付近に薄く吹き付けたところで時間切れ。
で、画像を撮った後、1回だけ全体に薄くクリアを吹き付けておきました。
今晩、帰るのが遅いんだけど・・・・・・クリア吹き付けできるかな?(~_~;)

hara-potter2018-02-08


昨晩のうちに紅白塗装の黒縁デカールを貼っておきました。
なので、今日はそのトリミングから・・・
デカールが細いので剥がれないよう、そして塗装面を傷めないように余分なデカールをカットしていきます。
ちなみに、今回はカッターではなくゲート処理などに使っている丸刃のナイフを使用しました。
デカールが割と脆いので少し抑えるだけで良いみたいですね。
で、デカールのトリミングが終わったら次のデカールを貼る前にクリアをエアブラシします。
というのも、デカールが細くて水分含むとすぐに定着が解けちゃって、動いたり剥がれたりしそうだったので・・・
で、最初は軽く軽くデカール付近だけエアブラシ。
塗装面自体のクリアトップコートは全てのデカールを貼ってからなので、今は主翼だけでOKですね。
当然水平尾翼も同様にエアブラシしますが・・・・・・垂直尾翼は良いか(~_~;)
どうせ、この部分にはトリムラインの上に貼るデカールないし・・・(~_~;)
で、スーパーコルセアのクリアトップコートをしながら他の2機もトップコートしていきます。
で、今日はこのトップコートが終わったところで時間切れ。
これで残りのデカールは普通に貼れそうですね(^0^)

hara-potter2018-02-07


今日からデカール貼りに入ります♪
先ずは紅白塗りわけの黒縁のトリムラインから。
とりあえず練習も兼ねて水平尾翼の下面から始めますが・・・・・・意外とヨレずに貼りやすい。
けどちょっとデカールが切れやすい(~_~;)
まあ、切れても継ぎ目が目立たないから、これでOKかな?(~_~;)
水平尾翼が終わったら主翼下面からだけど、脚カバーが面倒くさい。
まあ、短いから貼りやすいといえば貼りやすいけど・・・
で、主翼上面も貼って・・・・・・この途中で時間切れ。
この黒トリムだけでも貼ってしまいたかったけど、ちょっと時間が足りなかった(~_~;)

hara-potter2018-02-06


今日はキャノピーと脚カバーの赤塗装から・・・
キャノピーパーツの後端、本来は機体側に固定されている部分が赤なのでマスキング。
脚カバーは、塗りあがっている主翼下面の塗装に合わせてマスキングしていきます。
で、マスキングが終わったらエアブラシで塗装して、またマスキングテープを剥がして・・・・・・リタッチに入ります(~_~;)
点みたいな小さな面積ですが、何カ所かマスキングテープに塗膜を持っていかれたので、その部分をリタッチします。
赤の剥がれたところも白でリタッチして、その後に赤でリタッチしておきました。
ここまでくればデカール貼りですが・・・・・・デカールが貼りやすいようにクリアを2回ほど吹き付けて今日は時間切れ。
ついでにプレシャスメタルとヒュルクスにもデカール付近だけ薄くエアブラシしておきました(^_^)