hara-potter2013-08-20


今日から最終の組立てに入ります。
先ずは、脚収納庫内と脚カバー内側の塗装から。
脚収納庫は、以前B−25を作った時に調合したジンクロが残っていたので、これにフラットベースを加えて使用しました。
脚カバー内側の赤は、GXカラーのハーマンレッドを下地に使いましたが・・・・・・ここは、素直に白を塗ったほうが良かったかも(~_~;)
で、上塗りの赤はクレオスのC114番RLMレッドを使用。塗装が終わったら脚周りを接着し、脚カバーを接着します。
あと翼端灯やら細々したところの細部塗装。シートやコクピット、グレアシールドの黒などを塗装したら、シート接着。
最後にキャノピーを接着したら完成〜♪
 


いつもの単機画像♪


で、バンシーとなるとファントム1と並べたい。
なので、オマケにバンシーの後期型も(^0^)b

hara-potter2013-08-19


今日は、デカール保護のクリアがけから・・・
で、クリアはいつもと同じくクレオスのスーパークリア3をエアブラシ。
ある程度塗膜ができたところで半艶のクリアを吹いて艶調整します。
 
で、未だ時間が残っていたのでエンジンノズルを自家調合の焼鉄色で塗装。
 

脚収納部は、機内部色の隠ぺい力が弱いので、下地にGXカラーのキアライエローを塗っておきました。
で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

hara-potter2013-08-18


今日から塗装に入ります♪
先ずは、キャノピーのマスキングから・・・
 
で、マスキングが終わったら機体の塗装に入りますが、塗料はパンサーやファントム1作った時に調合したブルーが未だ大量に残っているので、これを使用。
で、例によって機体全体が同じ色だと持つ所がなくなるので、その乾燥待ちの合間に脚柱等の塗装。
で、書くの忘れてたけど昨日のうちに脚カバー等は薄く削っておきました。なので、この塗装も機体と同時進行で・・・
 
で、今日は、ここまでと思ってたけど午後から時間とれたのでちびちびと少しずつデカール貼ってたら全て貼り終えてしまいました♪
キットのデカール、若干黄変してきているけど、それ以外は問題なく使用できました。
と、言うか意外と馴染みが良い(^_^)

hara-potter2013-08-17


今日は、溶きパテを塗布したパーツ接合部のサンディングから・・・
で、一通りサンディングが終わっても未だヒケが残っていたので、改めてパテ埋めや溶きパテを塗布(~_~;)
溶きパテは、乾燥が早いので他の作業中に硬化したところから順次サンディング。
で、ある程度サンディングが終わったところで主翼水平尾翼を胴体に接着して士の字に♪
 
で、ここで機首に錘詰めるの忘れてたことに気が付く(~_~;)
なので、コクピットフロアと計器盤の隙間から粒錘を一つずつ落とし込み、最後は瞬着流し込んで固定しておきました。
キャノピーは・・・仮組みすると、後半部分が少し膨らみすぎのような気がする・・・
なので、ネット画像等で確認すると、確かにもっとスマートに見える画像も有れば、キットのように膨らんでいるように見える画像も有る。なので、ここは自分のイメージ優先で少し削りこんでおきました。
で、主翼の燃タンも接着して今日は時間切れ。
午後からも製作時間を取れたので、今日は随分とはかどりました(^0^)

hara-potter2013-08-08


今日は、スミ入れの続きから・・・
で、スミ入れが終わったらキャノピーの接着。
・・・と、このキャノピーの接着が難物(~_~;)
 
と、言うのもこのキットのキャノピー、開状態で組んだ時の接着強度のこととかあんまり考えられていない(~_~;)
かといって閉状態で組もうとすると、見事に隙間ができるし・・・(~_~;)
なので、キャノピーは他のキットからの流用も考えた方が良いかも・・・(~_~;)
 
で、今回は素組み方向で進行しているので、キットのパーツを使って開状態に組むことに・・・
先ずウィンドシールドと前席と後席の間にある小さなキャノピーは、昨日のうち接着しておきました。
ウィンドシールドの方は、そのまま接着してOKですが、間のキャノピーは胴体に対して幅が少し狭目なので、コクピット側に伸ばしランナーのガイドを先に接着。
で、このガイドに合わせてキャノピーをやや広げて接着をし、接着剤硬化までマスキングテープで押さえておきました。
なので、今日は後席のキャノピーから接着しますが、ここはハセのキットのように開閉用シリンダーを真鍮線で追加。こことヒンジ部2か所の3か所止めにすることで接着強度を稼いでおきました。
前席のキャノピーは・・・・・・フレームが細すぎて同じ手が使えん(~_~;)
なので、マスキングテープで支えながらヒンジ部2か所だけのイモ付け(~_~;)
う〜ん、ちゃんともつだろうか?(~_~;)
 


強度的な不安はあるものの完成(~_~;) 
・・・って、前席キャノピーの支えにしてたマスキングテープ剥がしたら、ちょっとタレちゃった(~_~;)
作品の方は、もう一度角度調整してマスキングテープを貼っておいたので、接着剤完全硬化後改めて画像を撮りなおしますm(_ _)m
(航製暦.130819 画像差し替えましたm(_ _)m)  
  
で、残った時間でバンシーに溶きパテを塗布。

今日は、ここまでで時間切れ。

hara-potter2013-08-06


今日は、脚カバー内側の白塗装の続きから・・・
で、C316番特色ホワイトが塗れたら、シリンダーやオレオをタミヤ・ペイントマーカーのクロムシルバーで塗装。
ホイールはタイヤを自家調合のタイヤブラックで塗装しておきます。
塗装が終わったら脚周りの組み立てに入りますが・・・・・・位置合わせがファジー(~_~;)
各パーツが、どんな角度でも接着できそうな合いなので、角度がずれないよう慎重に位置合わせ。
前脚、主脚のシリンダーパーツは、イマイチ取り付け位置が判りにくいので、既に製作済みのハセガワの完成品を立体資料に位置決めをしたりしています(~_~;)
で、脚柱が接着できたら脚カバーを接着しますが・・・・・・なんか主脚が主脚カバーに対して長いような気がするのは私の気のせい?(~_~;)
で、ホイールも取り付け穴が大きく、どんな角度でも接着できるので注意が必要・・・
で、今日は大地に立ったところで時間切れ。
 

こちらは、先日画像が壊れたエアフィックスのバンシー。
日曜日の例会でここまで形になりました(^0^)