hara-potter2014-06-20


昨日無くなってた主脚柱は無事写真撮影用に使ってるテーブルの下で発見♪
多分、写真撮った後、箱からこぼれたんでしょうね(~_~;)
 
なので今日は、金属色の塗装から・・・
って、金属色使うところ、ジェットノズルだけなんだけど(~_~;)
で、塗料はいつものように自家調合の焼鉄色使用。
  
 
あとは脚周り、脚カバー等を接着し、前脚収納部の後ろにある小さなブレードアンテナも接着。
で、これら後付けパーツをリタッチしたら、コクピットにシートを接着してキャノピー被したら全てのパーツが所定の位置に接着されたことになります。
 
最後にエナメル塗料のブラック、シーブルー、ブラウンを使ってスミ入れ。
今回初めてシーブルーも使ってみましたが、結構善い感じですね。
 


で、スミ入れ拭き取りが終わったら完成〜♪
 

前に作ったアカデミー版(キット自体は同じもの)も並べて写真を撮ってみました(^0^)

hara-potter2014-06-19


今日は、デカール保護のトップコートから・・・
 
で、貼り忘れていた垂直尾翼のNCの文字は昨晩のうちに貼っておきました。
なので、今朝からクリアがけに入ります。
何時ものようにデカール付近に軽く数回に分けてクリア吹き付け。
ある程度クリア層ができたところで全体にクリア吹き付け。
で、2回ほど全体にクリアかけたら半艶クリアで艶を整えます。
で、今日はここまでで時間切れ。
 
クリア吹き付けの合間に小物の方に取り掛かろうとしたんだけど・・・

塗装済みの筈の主脚柱が行方不明(~_~;)

hara-potter2014-06-18


今日は、アンチグレアのドライブラシから・・・
ドライブラシは、基本色で使ったC40番ジャーマングレーに白を加えたものを使用。
続けて機首先端の黒塗装。こちらは塗り分けラインに細切りマスキングテープ(0.7mm幅を使用)を巻いてみる。
で、いろんな方向から見て歪んでいなかったら、塗り分け線をカッターで罫書き、マスキングテープを剥がしてからフリーハンドで塗り分けてみました。
何でフリーハンドかと言うと、機首の先細り分でマスキングテープに隙間ができやすいから。
特に今回みたいに、一度貼ってから位置修正が多いとなおさら隙間ができやすいので。
それにフリーハンドの方が途中で歪みに気が付いた時にも修正がし易いんですよね。
で、ちなみに塗料は、C40番ジャーマングレー+黒を使用。
で、ここまで塗装が終わったら水平尾翼を接着して士の字になりました。
で、デカールを貼りますが・・・・・・貼ってる時に気が付いたけど、このデカール、考証が怪しくない?(~_~;)
今回、この塗装そのものの機体の画像を見つけられなかったので確信は持てないけど、国籍マークは大き過ぎない?
特に機首側面のものは他のバンシーに比べ二回り以上大きいような気がする・・・(~_~;)
他にもキットの塗装図も箱絵も忘れられているけど、垂直尾翼前縁も水平尾翼同様銀色が正解でない?(~_~;)
まあ、それは兎も角デカールは貼り終えたので、そういったことは忘れてしまおう(~_~;)

hara-potter2014-06-17


今日は、機体上面色のドライブラシから・・・
ドライブラシは基本色で使ったクレオスのC11番ガルグレーに白を加えたものを2段階。
ドライブラシが終わったらマスキングテープを剥がし、改めて主尾翼前縁のマスキングに入ります。
で、それぞれの前縁はC8番銀+C97番灰色9号で塗装後、グレー塗装も含めてはみ出しなどをリタッチしておきます。
次は、機首上面のアンチグレアを塗装します。
筋彫りモールドに合わせてマスキングしますが・・・・・・この筋彫り、左右で少し歪んでないかい?(~_~;)
で、アンチグレアの黒塗装にはC40番ジャーマングレーを使用。
で、今日はここまでで時間切れ。
機首先端も黒塗装だけど、アンチグレアとは色味を変えた方が良いかな?
>

hara-potter2014-06-09


今日は、上面色の塗装に入ります・・・
で、昨晩のうちに下面色の白はマスキングしておいたので、そのまま上面色の塗装に入ります。
使う塗料はクレオスのC11番ガルグレー
で、今日は少し時間が残っていたので脚周りやシート等の小物も塗装。
で、今日はここまでで時間切れ。
今月に入ってから結構進んだけど、明日からまたしばらく模型作りお休みになりそう・・・(~_~;)

hara-potter2014-06-08


今日は、張り線から・・・
張り線には0.2mmのピアノ線を使用。
先ず垂直尾翼水平尾翼を結ぶ2本の張り線は、ピアノ線をV字に曲げて接着。
尾翼それぞれの取付け部は既に下穴開口済みなので、そこに差込むように固定し、その後に瞬着を流し込んで接着します。
主翼間も同様に必要な長さをディバイダで計って切り出したピアノ線を下穴に差し込み固定。で、接着は両端ではなく片側だけにしておきます。
で、ないと夏場など気温(室温)が上がるとピアノ線が膨張して弛みますので・・・
ウィンドシールドは、何故かキットの箱の中に二つ入っていましたが・・・・・・どうみても同じもの(~_~;)
で、どっちも分厚すぎて実感が無いので、キットのパーツ形状をマスキングテープに写し取り、適当な薄い透明板から切り出し、接着しておきました。
 
 
で、貼り線が終わったら、残っていたプロペラやホイール関係塗り最終組み立て。
最後に軽くスミ入れしたら完成〜♪



 
 
続けて、バンシーも塗装に入ります。
とりあえず下面側をC316番特色ホワイトで塗装。
塗料乾燥後、C316番特色ホワイト+C62番つや消しホワイトで1段階目のドライブラシ。
2段階目は瓶生のC62番つや消しホワイトでドライブラシをしておきました。
で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

hara-potter2014-06-01


初代ヴードゥーも完成したので(本当は、まだ完成していない(~_~;))、新しいキットの製作に入ります。
 
で、今日のクラブ例会で展示会用キットが入手できる予定というか、展示会までにそっちを完成させないといけないので、あまり手間のかからないキット。そしてできれば展示会までに完成させられそうなキットと言うことで物色すると・・・・・・・目についたのがホビクラのバンシー。
もう一つ目についたものにホビーボスのミグ15も有ったんだけど、バンシーなら展示会テーマ機に加えられるし、エアフィックスの短胴と合わせて長短2機並べられるし・・・・・・・って、ことで製作開始♪
 
で、時間が無いからサクサク作ります♪
先ずはコクピット内の塗装。
全体をC73番エアクラフトグレーに塗装し、サイドコンソールや計器盤は黒く塗装。
で、時間が無いからメーター・スイッチ類の塗装は省略(~_~;)<オイ!
コクピットを組んだら、これを挟み込んで胴体左右を接着。
主翼もインテークやアウトレットから見えそうな内部を黒く塗装。
インテーク内側に組み込むファンはC8番銀+C13番ニュートラルグレーで塗装。
エンジンノズル側のタマネギは自家製焼き鉄色で塗装しておきました。
で、これらを組み込んで主翼上下接着。
胴体ともども、パーツ接合部に溶きパテをつふしておけば・・・・・・後は例会に持って行ってサンディングができます。
主翼端に付く燃タンも同様に左右接着ご溶きパテを塗布しておき、例会でサンディングしておきました。
水平尾翼は後縁が厚いという前に、断面自体が少々変(~_~;)
なので動翼などの筋彫りを深く彫りなおしておいてから盛大にサンディング。
 

全てのサンディングが終わったら十の字にして今日は時間切れ。
さて展示会までに完成するかな?(~_~;)



★オマケ編

落とされない展示会テーマ機、P−12も下拵えに胴体のみ組み立てておきました。
当然コクピット内部はシートを接着して銀色に塗装しただけ。
キットではパイロットフィギアを乗せるよう指示されていますが・・・・・・頂いたキットには何故かパイロット不在。
なので、パイロットはオミット。
キットで用意されていない計器盤、操縦桿も当然オミット(~_~;)<オイ!
とりあえず胴体左右組んでパテさえ塗布しておけば、明日から胴体サンディング入れるので、製作期間を1日近く短縮できそう(^_^)