hara-potter2018-03-24


今日はキャノピー接着の続きから・・・
機首銃座窓は、接着済みのキャノピー側を擦り合わせてから接着。
この時、機銃の爆撃手が少し干渉しますが・・・・・機銃は頭で支えてもらおう(~_~;)
胴体背部の銃座窓も接着したら、動翼のヒンジパーツやアンテナ支柱なども接着してリタッチ。
動翼ぐらいはスミを流そうかと思っていたけど・・・・このままでよさげだったので、これで完成とします。
 


作っておいたスタンドにセットして、イモネジで固定したら完成ですね(^_^)
 
He111も完成したので、本格的にF-16の製作に入ります。
先ずは、瞬着を盛っておいたタミヤのドラッグシュートから。
瞬着を金ヤスリで削って大体の形ができたら、320番のペーパーで形を作ります。
基本的に平らに削るだけなので特に問題はないですね。
形ができたら、消えそうなスジボリを彫り直してから瞬着を盛った所全体に溶きパテを塗布しておきます。
で、エッシーのキットは最初からドラッグシュートのパーツが選択式で用意されているので、そのまま組めば・・・・・・と、思っていたんだけど、やっぱり後面がのっぺらぼうなのが気になる(~_~;)
 

丁度タミヤの半丸断面のこのランナーがちょうどいい形しているし(~_~;)
 

で、削り込んでドラッグシュートを再現してみました。
ドラッグシュートの皺は目立てヤスリで入れてあります。
これを所定位置に接着すると・・・・・・ちょっと後ろに出っ張りすぎ?(~_~;)
 

なので、更に削り込んで、こんなもんかな?
 

タミヤのドラッグシュートは、仮組みするとこんな感じ。
で、これもドラッグシュートのパーツが足りないので・・・

3mmプラ角棒を2本接着したものから削り出しました。
 

で、今日はここまでで時間切れ。
 

タミヤのキット、これは組みやすいですね。
パテがいらないから乾燥のための待ち時間なくサクサク組めるし、ドラッグシュートの工作が無かったら、もう塗装に入れますね(^_^)

hara-potter2018-03-23


今日は、クリアトップコートの続きから・・・
で、クリアは吹けているから半艶クリアをエアブラシしたら終了。
あとはキャノピーなどのマスキングを剥がし・・・
で、胴体の四角い窓が一部外れちゃったので、同じサイズの大きいものは全て外してしなうことにしました(~_~;)
平面窓なので、パーツが無くても違和感が無いからOKでしょう(~_~;)
で、残りの小さい窓や丸窓は表面にスモークを筆塗りして暗く仕上げておきます。
排気管は自家製焼鉄色と黒で塗り分けてから接着。
ラダーのヒンジ部に付くパーツも接着して機体色でリタッチしておきました。
腹のゴンドラ窓を接着したら次は機首のキャノピーを接着します。
ここは事前の仮組で判っていましたが、ほんの少しすり合わせをした方良さそうなので、接着面に付いた塗料を落とすような気持ちで擦り合わせ仮組します。
仮組してOKなら接着しますが・・・・・・今日はこの途中で時間切れ。
先端の銃座窓は、機銃をセットしておきました・・・・・・と、言うよりこれで時間が無くなっちゃったのよね(~_~;)

hara-potter2018-03-21


今日は、残っていたグレーのドライブラシから・・・
他の迷彩色同様、基本色に使ったC324番ライトグレー+C60番RLM02グレーに白を加えながら2段階施しておきました。
で、その後リタッチ修正などをしたらラダーの塗装に移ります。
ラダーの塗装は、下地にC97番灰色9号+C311番グレー、上塗りにC316番特色+C62番つや消しホワイトを使用しました。
この塗料が乾いたら、軽くGXカラーのホワイトでドライブラシを施しておきます。
これで基本的な塗装が終わったので楽しいデカール貼りに入ります。
 

で、この機番、白縁が有ったのね(~_~;)
気が付かずに余白カットの時に4の数字の白縁までカットしちゃったので・・・
 

不要部分の白デカールとリタッチで修正しておきました(~_~;)
まあ、元の印刷のズレたデカールよりはマシかと・・・(~_~;)
因みにちょっと目立つ1の数字の太すぎる後ろ側の白縁は、この後トリミングで少し細くしておきました。
で、デカールが貼れたらトップコートまで乾燥待ち。
その間に人形の塗装に入ります。
フィギアは先日完成したJu52の物をそのまま使用。
パイロットは足の角度が合わなかったので、膝裏で切り込みを入れて角度を調整しています。
で、角度が合ったら、切れ込みの所は瞬着で接着しておきました。
あとは、シートに合わせて上半身を少し前のめりに、右腕は操縦桿を握るよう内側に角度を修正。左手は少し手を上げて動きを演出・・・・・・は、付帯効果(~_~;)
本当はハンドルを両手で持たせるのが難しかったので、何かを操作している風手を少し上げてもらいました。
で、色塗りは・・・・・パイロットスーツの色が判らん(~_~;)

ググってみるとカーキー系やブルーグレー系の物があったようなので(モノクロなのでよく判らない)、適当にドイツ兵風のブルーグレー系で塗装しておきました・・・・・・って、内戦終わってから仕様だけど(~_~;)
あとは、本当に乾燥待ちなので・・・
 
新しいキットに着手♪
次のお題はF−16。
今作りたいF−16がたまっているのですが・・・とりあえずハセガワは数機纏めて作りたいので、ハセガワ以外のキットをチョイス。
なので、エッシーとタミヤのキットの製作に入ります。
まず気になるのが、エッシーのインテーク。
形状そのものは悪くないけど、インテークの中に前脚収納庫が見えるのはちょっと・・・

なので、ポリパテを盛って収納庫周りをインテーク風になだらかに仕上げておきました。
あとは白く塗ってドンツキを黒く塗装します。
タミヤも同様に色を塗りますが、こちらはインテークダクトが別パーツなので、そのままでOKですね。
メインは、コクピットの塗装、組立てをし胴体上下を貼り合わせ・・・・・って、エッシーの主脚収納庫の隔壁を接着し忘れてた(~_~;)
なので、流し込み系接着剤を接着面に流し込みながら切開し、ある程度胴体を広げられる状態になったらピンセットで所定の位置に接着しておきました。
 

あとは垂直尾翼のドラッグシュート部を接着して時間切れ・・・


タミヤのキットにはドラッグシュートが付いていないので、レベルのキットの選択パーツで余るものを接着しておきました。
ただ、断面形が全然違うので、ドラッグシュート側の細い部分はゼリー状瞬着で太らせておきました(^_^)

hara-potter2018-03-20


今日は、迷彩色のドライブラシから・・・
先ずはブラウンのドライブラシから入ります。
使った塗料は、基本色で作ったブラウンに白を少し加えたもので1段階目。
更に白を加えたものを2段階目に使用しました。
で、次はグリーンですが、これも同様に白を加えたもので2段階。
いつもグリーン系なら黄色も加えたクリーム色を使うのですが、今回は何となく白だけの方が良いかなと・・・
で、今日はこの2色だけで時間切れ。
今回、あまり色の境目をぼかさないように部分マスキングを繰り返しながらドライブラシしているから時間がかかる(~_~;)

hara-potter2018-03-19


今日は、迷彩色の色付けの続きから・・・
残っていたグリーンも重ね塗りで色を付け、最終各色のはみ出しなどをリタッチします。
これで機体側の迷彩塗装ができたので、今度は胴体側に合わせてキャノピーを塗り分けます。
今回塗りわけが必要なのは機首の窓だけですが・・・・・・3分割されたパーツ全部塗り分けがかかっている(~_~;)
次はスピンナーの塗装の続きに入ります。
スピンナーは黄色に塗装済みなので、マスキングテープでマスクして後半を赤く塗装します。
使った塗料は下地にC114番RLMレッド、上塗りがGXカラーのレッドです。
あとは、プロペラをC40番ジャーマングレー+黒を塗れば出来上がり。
で、今回はスタンドモデルにするので、フィギアを乗せることにしました。
フィギアは、Ju52に付属の物をそのまま流用。
但し頭にヘッドホーンを装着していたので、これは削り落としておきました・・・・・・って、時代的にヘッドホーンは使ってないんじゃないかって思ったんですが、実際どうなんでしょ(~_~;)
伏せポーズの爆撃手は、腕の角度を少し変えて接着し、ちょっとつま先を削ればOK。
パイロットは、そのままでは椅子の様なシートに合わなかったので、膝裏に切れ目を入れて足の角度を変更。
体の方も、胴体の接着面で少し前のめりになるように削ってから接着しました。
あとは操縦席側のフットバーが元々立ち過ぎだったので、上側を少しカットして角度を寝かせれば上手く馴染んでくれました。


で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

hara-potter2018-03-18


今日は、主翼接合部を軽くサンディングしたら塗装に入ります・・・
で、先ずはキャノピーのマスキングから始めます。
機首の窓と胴体のフィッティングを再確認しますが、これはほんの少しキャノピー側の接着面を削ればそのまま組めそうなので、そのままマスキングに入ります。
マスキングは何時ものように細切りマスキングテープの口の字作戦ですが・・・・・・時間がかかる(~_~;)
で、マスキングが終わったら、フレームをクレオスのC116番ブラックグレーで塗装しておきます。
これが塗れたら機体側の窓もマスキングして下面色の塗装に入ります。
塗料は、C115番RLM65をチョイス。私にとってはソ連機下面色の定番塗料なので、ドイツ機にはあまり使った覚えないな(~_~;)
で、下面色が塗れたらしっかり乾燥させたあと、基本色に白を加えたもので2段階のドライブラシを施しておきました。
次は、その下面色をマスキングして上面の迷彩パターンを描き込んでいきますが、そのためには先ず塗料選びから。
最終的に選んだ塗料は・・・
グリーンがC130番濃緑色(川崎系)、ブラウンがややこしくて・・・・BR−20に使ったブラウンと97戦に使ったブラウン(C22番ダークアース+SDEカラーのRLM81)を混ぜたものC29番鑑定色を加えて色を整えたもの。
で、これに少しC327特色レッドを加えて赤みを調整。更に少しだけ白を加えたんだけど・・・実際に塗り始めたら、更にもう少し白を加えておきました。
RLM02グレーは、C324番ライトグレー+C60番RLM02グレーを使用しました。
で、これを薄めたもので迷彩パターン描き込みますが・・・・・・迷彩パターンが判らない(~_~;)
なおで、実機画像を探しますが、この機体そのものズバリの物は見つけられず。
なので同様の塗装の物のパターンを参考に描き込んでいきます・・・・・・が、機首側一番前の所は02グレーではなくグリーンかも?(~_~;)<デカールインストではグリーンになっている
で、パーターンが描けたら色付けしていきますが・・・今日はブラウンとグレーの色が塗れたところで時間切れ。
乾燥待ち等の合間にスピンナーを黄色く塗っておきました(^_^)