hara-potter2017-01-26


今日は、ラビのピトー菅のリタッチから・・・
レドームを塗った時の塗料が残っていないので同じように調色してリタッチしておきました。
これで残るはスミ入れだけですね。
スミ入れは最近タミヤのスミ入れ塗料を使っているけど・・・・・・ダークグレーとかも出してくれないかな(~_~;)
なので、パレットでグレーを混ぜながらブラックでスミ入れをしておきました。


単座型ラビ、完成♪
 
残った時間でラファールの仕上げに入ります。
先ずはキャノピーを接着し、脚カバー等を接着します。
ゲート処理した所のリタッチが終わっていないから、これは明日忘れないようにしないと<忘備録。
翼端のミサイルは0.3mmのピアノ線を補強に仕込んでゼリー状瞬着で接着しておきました。
燃タンは、取付けダボの穴径は少し細かったので、ピンバイスで広げてから接着。
位置を迷ってたカナードは、結局実機写真で多いアップ状態で接着。
残ったパーツは。ウィンドシールド横の小さなピトー菅だけですが・・・・・・イモ付じゃ絶対にもたない(~_~;)
なので、0.2mmのピンバイスでザクり、0.2mmのピアノ線を補強に仕込んで接着しておきました・・・が!

実機写真見たら、このピトー菅、付いていなかった(~_~;)

hara-potter2017-01-25


今日は、ラファールの脚柱組み付けから・・・
先ずは前脚柱を接着し、主脚柱は仮組み。
収納庫の接着を間違ったので、主脚は1mmの真鍮線を通して収納庫の天井に組み付けられるようにしました。
この状態で車輪も仮組みして長さ確認します。
仮組みすると、機首上がりになるりますが、実機もこんな感じですね。
なので、今度はゼリー状瞬着を使って主脚柱をしっかり接着しておきます。
で車輪も接着して大地に立ちましたね(^_^)
同時にラビの方も車輪を接着しました。
で、そのままラビのキャノピーを接着。
暫くマスキングテープで養生した状態で脚カバーも接着しておきました。
ちなみに主脚カバーのヒンジは胴体の外側ですが、見た目がちょっと・・・・・だったので内側にもってきました(~_~;)
キットのパーツのままだと実機みたいな開き方にならないんだけど・・・カバーの一部が分割されているのかな?(~_~;)
で、ピトー菅をアルミパイプとピアノ線で作って接着すると全てのパーツが接着されたことになりますね(^_^)
 
残った時間でラファールの小物を接着していきますが・・・

キャノピーフレームに何か髭みたいなものが在る(~_~;)
なので、これを描き足して、今日は時間切れ。
 

この髭、キットでもデカールのインストでも忘れられているな(~_~;)

hara-potter2017-01-24


今日は、間違ってカットしちゃったラビの主脚の修復から・・・(~_~;)
ダボ軸は2mm丸プラ棒に0.6mm真鍮線を埋め込んで修復しておきました。
で、前輪の正円が出ていなかったので、適当なジャンクパーツ漁り・・・してると、主車輪にドンピシャの物が出てきたので、こちらもトレードすることにしました。
で、脚柱には0.6mmの真鍮線を仕込んで仮組みします。
主脚組んで、次は前脚。
キットのパーツは、それぞれ脚柱の根元部分を差し込むように穴が開口されていますが、前脚柱の物は浅いのでちょっとピンバイスでザクろうとすると・・・貫通しちゃった(~_~;)
なので、前脚柱の根元を2mm丸プラ棒で延長しておきました(~_~;)
それぞれのパーツの準備ができたら脚カバー内側と一緒に塗装。塗料は下面色に使った塗料をそのまま使います。
次は、ラファールの脚柱と一緒にシリンダー部をタミヤ・ペイントマーカーのクロムシルバーで塗装。
車輪はタイヤ部を自家調合のタイヤブラックで塗装します。
次は、ラビの脚柱に在る前照灯の取付け。
キットの前照灯は脚柱パーツと一体で成形されているだけですが、レンズ部を透明パーツに置き換えておきました。
前照灯の前面を脚柱の塗装をする前に平らに削っておいたので、裏側にハセガワのミラーフィニュッシュを貼ったレンズを瞬着で接着するだけです。
 

脚柱を組み付けるとこんな感じ。
 
で、次はラファールの脚柱組み付けですが・・・

脚収納庫の向きを前後逆に接着してた(~_~;)

hara-potter2017-01-23


今日は、脚周りの工作から・・・
って、ラファールの前脚、やたらパーツ数が多い(~_~;)
しかも別パーツになっている部分の接着、ダボピンでしっかり固定できるのは良いけど、全部合わせがキツイ(~_~;)
なので、ダボピンを全てピンバイスでザクってから接着しておきました。
で、パーツが組めたら塗装に入ります。
実機写真を見ると白にも見えるし、グレーっぽくも見える・・・
キットの色指定を見ると白が指定されていたので、とりあえずC316番特色ホワイト+艶消し白で塗装しておきました。
次はラビの脚周りですが・・・・・・ゲートと間違って主脚柱のホイール固定用のピンを切り落としちゃった(~_~;)
で、今日はメタルプライマーを塗ったところで時間切れ。
明日は、間違ってカットしちゃったピンを再生しないと(~_~;)

hara-potter2017-01-21


トップコートが終わったので、金属色と細部の塗装に入ります。
先ずはエンジンノズルからだけど・・・ラファールのノズル、随分と黒っぽい。
なので、黒鉄色+黒を塗った上から自家調合の焼鉄色塗って・・・焼鉄色を塗り過ぎた部分は、もう一度黒鉄色+黒を塗って表情を付けておきました。
ラビの方は、何時ものように自家調合焼鉄色で塗装していますが、ラファールのノズルを塗るついでに、ほんの少しだけ黒鉄色+黒で表情を付けています。
あとは、各部の金属色ですが、ラファールの給油グローブの先端がちょっと青っぽく見えるので、先端だけクリアブルーを重ね塗りしておきました。
あと、翼端灯なども下地に白を塗ってから、左右それぞれクリアレッド、クリアブルーで塗装しますが・・・・・・ラファールの翼端パイロンにある翼端灯のような物(多分、翼端灯)、写真では白っぽく見えたのでC97番灰色9号+白で塗っておきました。
あと、ラファールに関しては、左翼付け根の翼端灯の内側に金属色の指定されている所がありますが・・・・・・実機写真では判らない(~_~;)
なので、これはオミットしてあります。
あとはシートを塗装して接着したところで時間切れ。


ラビには翼端のミサイルを接着しておきました。
今までランチャーが折れそうで不安だったのよね(~_~;)


ラファールは、カナードを仮組み。
実機写真では、画像の様なカナードがアップ状態が多いけど・・・接着は、どの位置にしよう?
見た目的にはニュートラル位置の方が良いような気もする・・・

hara-potter2017-01-20


昨晩のうちに残ってたコーションデカールを貼り終えておきました。
なので、デカール保護のクリアトップコートも今朝終了(^0^)

hara-potter2017-01-17


今日は、垂直尾翼のフィンチップの塗装から・・・
マスキングして適当なグレーで塗装後、前縁から頂上部にかけてを黒く塗っておきました。
ここまで来ればいよいよデカール貼りですね。
国籍マークは、アニグラウンドのキット付属の物を使うつもりだったけど、いざ保護台紙を剥がしてみると青の色味がイマイチ(~_~;)
なので、去年コロンビア仕様のクフィルを作った時に余ったハセガワのデカールを流用しました。
垂直尾翼の部隊マークと機番はR.V.エアクルフトのミラージュCJから。
コーション類はハセガワ・クフィルから流用・・・・・・って、イスラエル機にしたら寂しい?(~_~;)
イスラエル機と言えば赤線やら赤文字のコーションが多いイメージだけど、架空機だしあっさりで勘弁してもらおう(~_~;)
IAIの機体なので、機首にラビのロゴマークが欲しいと思ったら、ちゃんとキットに付属していたので機首に貼っておきました。
ついでにIAIのロゴマークデカールも付属していたので、ちょっと大きいかなと思いつつ、これも垂直尾翼に貼っておきました。
で、今日はカナードを接着して時間切れ。
右側のカナード、塗装前に擦りあわせをするの忘れてた(~_~;)