hara-potter2018-03-17


今日は、最終組み立て段階に入ります。
脚周りやプロペラ等を塗ってそれぞれ所定の位置に接着。
背部の銃座は、着陸状態なら機銃架だけで良いかととキットのパーツをニッパーでゲートカットすると・・・・・・折れた(~_~;)
如何にも折れそうな細いパーツだったので、一応切る方向など気を付けていたんですけどね(~_~;)
そのそもこのキット、70年代の金型の筈だけど、パーツモールドが凄く良いんですよね。
モールドはシャープだし、細いパーツは凄く細いし。
 

で、折れた機銃架は、真鍮線で作り直しておきました。
あとエンジンナセルの上に突き出たロッド(これは何?)、キットのパーツだとすぐに折れそうって思っていたら案の定折れた(~_~;)
計ってみると下側が直系0.5ミリ、上側が1mm弱だったので、最初は0.5mmの真鍮線と0.9mmの真鍮パイプで作り直そうとしたんだけど・・・・・・ちょっと細くない?
なので、0.5mmの真鍮線を0.6mmに交換して作り直しておきました。
あとはアンテナ支柱接着して・・・・・・って、後ろ側のアンテナ支柱、キットには無いわ(~_~;)
なので、適当な支柱パーツを削ったものを接着してアンテナ線を貼っておきました。
あとはスミ入れですが・・・今回は、排気管の排気口やごく一部だけにしておきました。
 
次は、タイガーモス。
こちらも最終組み立てですが、複葉機なので上翼が乗らないとそんな気になれない(~_~;)
とりあえず、上翼接着前に排気管やウィンドシールドを接着、リタッチしておきます。
で、上翼を仮組すると・・・

あっさりこの状態。
正直、こんなにあっさり上翼が乗るとは思っていませんでした。
試しにもう一度仮組し直すと・・・・・・やっぱり簡単に乗っかる。
これなら瞬着で接着しても接着剤でキットの表面を汚さずに済みそうということで、瞬着で接着しておきました。
で、しばらく瞬着の硬化を待ってから翼間支柱を仮組み。
何故か前後の支柱を入れ替えた方がぴったりフィットしたので、両翼とも前後を入れ替えて組んでいます。
次は脚周りですが・・・・・・こっちの方は組みにくかった(~_~;)
中央のクロスした支柱はインスト指示通り曲げ直してから接着することになってるんだけど・・・・・・インストの長さに合わせるよりも胴体側の2か所をしっかり接着してから現物合わせで曲げ直す方が簡単ですね。
ちなみに胴体側の2か所は、キットのままだとイモ付けですが、ちょっとピンバイスでザクリを入れて位置決めを楽にしておきました。
あとはピアノ線で貼り線して・・・・・・操作ワイヤーはオミット(~_~;)
キットにはエッチング製の操作ワイヤーのホーンが付属していますが、これもオミットしています。



レベル箱のイタレリJu52タンテ
 


タイガーモス
 

コンドル軍団、2機揃うと良い感じですね。
 
で、残った時間でHe111の製作を再開します。
途中までだった主翼のサンディングを済ませ・・・

空っぽだったラジエーターインテークには、5mmプラ角棒をラジエーターに見立てた蓋を接着しておきました。
で、主翼と胴体を摺り合わせして接着しておきます。
できた隙間には溶きパテを塗布しておきますが・・・

今日は、ここまでで時間切れのつもりだったのですが、主翼の隙間が大きかったので、この後、隙間にポリパテを充填し、先に塗った溶きパテと一緒に余分なパテを薄め液を染み込ませた綿棒で拭きとっておきました(^0^)

hara-potter2018-03-16


今日は、ラダーマーキングの続きから・・・
半分しか描けていなかった×マークの残りをマスキングして塗装したらラダーを接着。
これでクリアトップコートに入れますね。
デカールの貼り終えてたタイガーモスもトップコートして・・・
クリアが吹けたら最後に半艶クリアを吹いて艶調整。
で、今日はここまでで時間切れ。
窓のマスキングを剥がしたところにはスモークを筆塗りしておきました(^_^)

hara-potter2018-03-15


今日は、水平尾翼の支柱の組付けから・・・
このパーツ、キットのままではイモ付け接着なので、胴体側にピアノ線を埋め込んでおきました。
で、これで仮組みすると、長さ調整などの擦り合わせも必要なさそうですね。
なので、昨日取り付けておいた発電機と一緒に機体色にタッチアップしておきます。
で、ここまで来たらいよいよ楽しいデカール貼りですね。
先ずは、目立たない主翼下面のデカールから貼ってみます。 
 

波板モールドに綺麗に馴染むかが心配でしたが、ソフターの類を一切使わず、表面を綿棒で抑えただけで画像のように馴染んでくれますね。
画像の物は、この後ソフターを表面に塗ってシッカリ馴染ませておきました。
で、2枚目からは貼る前にセッターを塗っておきましたが、これはなくても大丈夫だったかも?です。
で、全てのデカールをはり、最後のラダーのデカールを貼っていると、先に貼っておいた裏側のデカールが指にくっ付いて剥がれちゃった(~_~;)
無理すれば再生できたような気もするけど・・・・・・あっさり塗装することに方向転換。
 

こういう×マークは、一度に塗ろうとするよりも2回に分けた方が簡単。
なので、とりあえず斜め線1本を裏表に塗装しておきました。
で、今日はここまでで時間切れ。
明日は残っているもう1本のラダー斜め線の塗装ですね(^_^)

hara-potter2018-03-14


今日は、エルロンの接着から・・・
エルロン側のダボ穴に付いた塗料を軽くピンバイスで浚ってから接着します。
接着剤は、普通のプラ用液体接着剤を使用し、角度を調整してから補強に瞬着を流しておきました。
次は主脚の接着ですが・・・・・・後ろ側の支柱の存在を忘れてた(~_~;)
なので、ランナーから切り出してゲート処理、その後他の部分同様、黒く塗ってドライブラシを施しておきます。
次は、接着位置の確認(~_~;)
本来は先に隠し穴を開口しておけばよかったのですが、時既に遅しなので、支柱に合わせて現物合わせでダボ穴開口します。
あとは普通に組み立ててOKですね。
他にも水平尾翼の支柱も残っているはずだし・・・と。後付けパーツを確認して接着していきます。

で、今日は胴体右側の発電機を接着したところで時間切れ。
イモ付けでは強度が不安だったので、ピアノ線を通して接着しておきました(^_^)

hara-potter2018-03-13


今日は黒塗装の続きから・・・・・・って、昨日のうちに基本塗装は終わらせておいたんだけど(~_~;)
で、この時迷ったのがフラップの塗り分け線。
本来、フラップの波板モールドも機軸に並行してモールドされているはずなんだけど、キットではフラップ前縁に対して直角にモールドされています(~_~;)
なので、波板モールドが主翼後縁のテーパー分、斜めになっているんですよね(~_~;)
なので、主翼からの黒帯をそのまま真っすぐ塗ろうとすると、塗り分け線が波板のモールドを跨ぐ様になります。
かといって、波板のモールドに合わせてマスキングすると、黒帯がそこで曲がっちゃうわけで・・・・・・どっちもカッコ悪いですね(~_~;)
で、結局波板のモールドに合わせて塗り、組んだ時に目立たないようフラップはダウン状態で作ることにしました。
ちなみに黒塗装に使った塗料は、クレオスのC40番ジャーマングレー+黒。
 
で、次はラダーと翼端の白塗装に入ります。
ラダーはプラ成形色が暗いので下地に銀+白を塗ってから、主翼端と一緒にC97番灰色9号+C311番グレーを下地塗装。
上塗りはC62番つや消しホワイト+C316番特色ホワイトを塗っておきました。
次は、各色のドライブラシに入ります。
黒塗装部分は、瓶生のC40番ジャーマングレーでドライブラシ。
最初は、もう一段白を加えたものでドライブラシするつもりでしたが、これだけで良い感じになったので、1段階だけで終了。
白は、GXカラーのホワイトでドライブラシをしておきました。
ここまで来たら楽しい組み立てに入ります。
先ずはフラップの接着ですが、ダウン状態にしたいのでフラップ側のダボ穴を加工して角度を付けて接着できるようにします。
これができたらプラ用接着剤で接着。左右のフラップの角度が揃っているのを確認したら瞬着を少し流して補強しておきます。
で、今日はここまでで時間切れ。
早くデカールを貼りたいですね(^_^)

hara-potter2018-03-12


今日は、機体色のドライブラシから・・・
基本色に使った調合色に白を少し加えて1段階目のドライブラシ。更に白を増量したもので2段階目のドライブラシを施しておきました。
ドライブラシが終わったら黒塗装に入ります。
先ずは機首のマスキング・・・・・・で、時間が無くなりそう(~_~;)
波板モールドによく馴染ませておかないと、塗料が流れ込むし、マスキングテープは貼ったらできるだけマスキングの境目だけでも塗っておきたい・・・
と、いうことで機首だけ先に黒く塗っておきました(^_^)

hara-potter2018-03-11


今日は、胴体組み立ての続きから・・・
昨日波板の整形した天井パーツを胴体に仮組みしたら・・・・・・キツイ(~_~;)
う〜ん、微妙なところで一カ所だけ上手くダボが噛まないですね。
なので、パーツ内側のカエリを削ったりしながら各部を摺り合わせします。
で、OKなら接着して、パーツが浮いてこないようにマスキングテープで縛り上げます。
続けて胴体底パーツを接着しますが、こちらは仮組み1回でOKでした。
次は主翼付け根になる下面パーツですが、合いは良いものの接着面の確保にちょっと不安があったので、後ろ側だけプラ板で接着ベロを追加しておきました。
 
次は、水平尾翼の組み立てですが・・・

この小さなヒンジの3ヶ所イモ付けだけで強度が足りる?(~_~;)


エレベーターの接着に不安があったので、0.2mmのピアノ線を芯に通しておきました。
 


ラダーは、キットのままでもしっかり接着できそうでしたが、ついでだったので0.3mmのピアノ線を通しておきました。
仮組みしてOKだったら、ラダー側のピアノ線を通す穴を利用して持ち手を付けておきます。
ラダーは白塗装なので、これでマスキングの手間が省けますね。
 
次は、いよいよ主翼ですが・・・・・・代わった分割なのでイマイチ強度が不安(~_~;)
接着面自体は、そこそこの面積が有るからそれなりの強度は確保できそうですが、接着のし易さも考えて・・・

金属線のスパーを追加しました。
ちなみに使った金属線は自転車の使い古しのステンレススポークです。
 

スポークは主翼内部でゼリー状瞬着を使ってシッカリ接着。
丁度エンジンナセルのエンジン取付穴から硬化剤がスプレーできるので、すぐに形になりました。
 
次はエンジンナセルの組み立て。
キットではエンジンに排気管を組付けたものを挟み込むようにしてカウリングを接着するよう指示されていますが、先にナセル左右を接着できないか確認。
  

組付けたカウルに、先ず排気管だけどセット。
その後全面からエンジンを差し込んで、処置の位置に来たら、排気管の方を位置合わせして接着・・・できそうですね(^_^)
仮組みでは上手くいったので、もう一つのナセルも組付けておきます。
ちなみに、側面から出る排気管の出口は隠し穴になっているので開口が必要ですが・・・・・・
キットインストでは、ハサミの先でゴリゴリしろと(~_~;)
 
次は脚周りの工作に入ります。
脚柱を胴体にセットしようとしたら・・・・・・位置を記したモールドだけ。
最初はイモ付けかと思いましたが、私がインストのダボ穴開口を見落としていました。
 

で、この開口もハサミでゴリゴリなのね(~_~;)
 

脚周り仮組み終了。
ここまで来たら、機体の黒塗装部分も含めて塗装に入ります。
使った塗料は、以前に作ったC60番RLMグレー+C128番灰緑色2本を1本にまとめたものを使用。
何で同じ色の組み合わせの調合色が2本あるかというと・・・・1本はグンサン時代のC60番ベース、もう一本はタカラレベル時代のC60番ベースの物。
この2本、色が結構違ってたので別々になっていたみたいね。
で、今回この2本を合わせても少し塗料が少なめだったので、現行のC60番RLMグレー+C128番灰緑色も足しておきました。
で、今日はこの塗装が終わったところで時間切れ。
 

画像は、塗装の途中で撮ったものですが、波板モールドの修復、これぐらいならまあ良いところですかね・・・