hara-potter2017-05-27


今日は、アンテナ支柱などの残っていた小物の接着から・・・
で、メの109、カラーイラストにはアンテナ支柱の後ろのループアンテナも装備されているけど・・・
写真には、写ってないっぽい・・・と、確定はできないけど、不鮮明な遠景写真には、それらしいかもしれない影みたいなものは在るんだけど、鮮明な方のモノクロ写真ではよく確認できないんですよね。
で、一応パーツは整形したんだけど、結局接着しないことにしました。
で、小物の接着が終わったらスミ入れして、翼端灯などを塗装します。
メ309にも翼端灯が在るはずですが、キットにはモールドが無い。なので、古のオーナインギャラリーを引っ張り出してきて確認。
・・・・・・してたらドロップタンク付きの図面を見つけちゃったのよね(~_~;)
この機体、胴体下面の重心位置付近に開閉引き出し式のラジエーターが在るので、そこにはドロップタンクが装備できない。
なので、その両脇の脚収納部との隙間に、左右1本ずつ装備されるように描かれています。
この狭い隙間に本当にドロップタンクが装備できるのか、メ109のドロップタンクで確認してみると、これがタイトながら見事に収まる。
なので、急きょドロップタンクも装着させることにしました。
パーツはAZシリーズのパーツを二組流用。
組んで塗装して、位置確認したらダボに合わせて主翼側を開口。
位置がずれた分は長穴にして、ゼリー状瞬着を使って強引に接着しておきました。
で、当初はフェイク機と言うこともあるので、キットに付属しない機銃とかアンテナ線は省略するつもりだったのですが、ドロップタンクだけ装着だとアンバランスなので、これも追加しておきました。
で、機銃の位置が判り難(~_~;)
側面図しかなかったので判りにくいのですが、主翼左右に各2丁ずつ装備。
脚収納庫に干渉しない位置で考えると・・・片翼2丁は厳しいな、で、左右1丁ずつとしましたが、どうやらこの位置が間違いだったみたい(~_~;)
私は脚収納庫の外側と判断しましたが、どうやら脚柱付け根付近の前側が正解のようですね。
で、通常の機体よりも前に装着した分、銃身が主翼から長く突き出しているようです。
でも、見た目的なバランスで言えば、間違ったバージョンの方がしっくりくるから善しとしましょうか(~_~;)

Bf109G8とMe309完成。
 


Me309
 


フィン空に見えないフィン空のBf109G8
 
で、早速次のお題に入ります。
当初は、お手付きのドラケンの製作を再開するつもりでしたが、俳優のロジャー・ムーアさんが亡くなられたので、急きょBD−5Jを製作することにしました。

キットの箱絵、クレジットは入っていませんが、どう見ても007シリーズの映画の一コマ。
当然、描かれているパイロットも某諜報部員の筈。
先日のエクストラに前脚を流用しちゃったので、キットのスタンドを使った飛行状態にするつもりだったので、パイロットも必要。
なら、映画の様な仕様で作ろうかと・・・
 

で、とりあえず今日はここまで。
飛行姿勢にするBD−5Jは、主翼の脚収納庫も埋めておきました。
 

パイロット人形は、多分ハセの109のパイロットだと思う。
コクピットが狭いので手持ちで収まりそうなのが、これしかなかったのよね。
これでも、かなりきついのでお尻と足のシート側を盛大に削って上面だけが少し残っているような状態。
これでシートには収まったけど・・・・・・キャノピーを被せると頭と激突(~_~;)
先に飛行帽とかゴーグルは削っておいたんだけど、更に頭を削って一回り小さくしておきました。
あとは・・・・・・塗装、上手くいくかな?(~_~;)

hara-potter2017-05-26


今日は、金属色の塗装から・・・
排気菅を自家調合の焼鉄色で塗装し、109の機銃は黒鉄色で塗装・・・・・・って、メの309、機銃の事考えていなかったな(~_~;)
確か計画では主翼に装備する予定だったと思うけど・・・
で、金属色の塗装が終わったらキャノピーを接着。
309は、試作機しかなかったのでパイロット頭部の防弾板が用意されていないけど、実戦仕様のフェイク塗装にしたので、それらしく追加。
丁度109のガーランドパンツァーが不要パーツとして余るので、これを流用して取付けておきました。
あとは脚周りを組み立て・・・・・・大地に立ちましたね。
で、今日はここまでで時間切れ。
折角大地に立ったので、プロペラ&スピンナーも接着しておきました(^0^)

hara-potter2017-05-25


昨晩のうちにメ309のステンシルデカールも貼っておきました。
まあ、たかが数枚の事なので時間もかからず。
なので、アルミパイプとピアノ線でピトー菅を作ってリタッチして、デカール保護のクリアトップコートも2回ほどエアブラシしておきました。
なので、今朝はその続きのトップコートから入ります。
クリアを何回かに分けてエアブラシし、十分なクリア層ができたら最後に艶消しクリアを吹き付けて艶調整しておきます。
エアブラシの乾燥待ちの合間には脚周りの小物の塗装を進めておきました。
で、今日はここまでで時間切れ。
キャノピーのマスキングを剥がしてから気が付いたけど・・・・・・メ309のキャノピー、RLM74単色で塗装していたけど、後半部分はRLM75だった(~_~;)
なので、フリーハンドでRLM74をリタッチしておきました(~_~;)

hara-potter2017-05-24


今日はBf109のデカール貼りから・・・
で、こちらは特にマーキングも少ないから、キットのデカールだけでほぼ調達できます。
ただ、垂直尾翼に書かれた製造番号とコクピットの後ろに小さくチョークで描かれたMTナンバーはデカールが無いので自分で用意する必要があります。
なので、製造番号は大きさと字間隔を調整したゴシック書体のナンバーをクリアデカールに印刷。MTナンバーの方はクリアデカールに白で手描きしたものを使用しました。
で、ステンシルデカールも・・・・・・全て貼るとうるさくなりそう、かつ実機が再生機なので、大幅に省略して貼り付けておきました。
で、残った時間で309のステンシルデカールを貼り付けて時間切れ。
未だもう少しステンシルを探さないと・・・

hara-potter2017-05-21


今日は、キャノピーのマスキングから・・・
で、マスキングが終わったら、上面色の塗装に入ります。
・・・って、309はフェイク塗装だし、109の方も左側面だけで上面の塗装は全然わからないのよね(~_~;)
なので、2機ともBf109の基本的な塗装パターンに多少の好みを取り入れた仕様で塗装しました。
色は2機ともRLM74/75の塗り分け。
主翼下面などをマスキングテープでマスキング後、フリーハンドで塗り分けました。
塗料は、RLM75はソリッドカラーの同色、RLM74は、かなり昔にMA別冊のカラーチップを参考にした自家調合色を使用しました。
2機とも先ず主翼水平尾翼の上面を塗装。
その後、改めて309の胴体上面のベタ塗り部分を塗装し、塗料乾燥後ドライブラシを施しておきます。
その後、側面のインスクポットを描き込んでいきます。
塗装パターンは、109の塗装図の中から特定の機体を選んで、それに合わせたパターンで描き込んでいきます。
で、今日はここまでで時間切れ。
塗装乾燥待ちの合間にスピンナーを組み立て、その他脚周りの小物の整形や塗装もしておきました。
で、109は胴体の迷彩が進んでいませんが・・・・・・自宅のPCが、また調子が悪くなっちゃって、取り込んでおいた画像を確認できなかったんですよね(~_~;)

hara-potter2017-05-20


今日は、胴体サンディングの続きから・・・
Bf109は溶きパテ塗布済みの胴体をサンディング。
主翼は・・・合わせも良いから溶きパテ無しで直接サンディングして均しておきました。
機首のボイレを接着して、接合部に溶きパテを塗布して乾燥後に余分を薄め液を染み込ませた綿棒で余分なパテを拭き取っておきます。
で、その乾燥待ちの間にMe309のサンディングに入ります。
Me309は、指でなぞると未だ少し胴体後半、特に垂直尾翼の少し前辺りにうねりが残っていたので、もう一度当て木をしたペーパーで一皮剝いておきました。
で、1枚成形の主翼を胴体に仮組みすると・・・なぜか片翼だけ主翼付け根のコードが主翼の方が長い(~_~;)
翼断面自体が少し尖りすぎなので、仮組みしなながらサンディングで調整しておきました。
あと、主翼の表面にもうねりがあるので当て木をしたペーパーで均し、ヒケの部分には瞬着を盛って再度サンディングしておきました。
迷ったのが309の垂直尾翼で・・・
キットは、左右1枚成形の水平尾翼を挟み込んでから胴体と垂直尾翼を接着するようになっています。
当初は、多少水平尾翼のマスキングが面倒くさくなるけど、その通りに組むつもりでしたが・・・・・・仮組みすると胴体側と垂直尾翼の厚みが違う(~_~;)
なので、あっさり諦めて先に垂直尾翼だけ接着することにします(~_~;)
0.3mmのピアノ線を補強に通して垂直尾翼を接着。
その後垂直尾翼の厚みに合わせて胴体側をサンディングします。
綺麗に面が揃ったら、水平尾翼を左右に分割して仮組み。
この時、左右に分割した水平尾翼には0.3mmのピアノ線を通して接合するようにしておきました。
仮組みでOKなら、これで2機とも主翼を接着できる所まで来ましたね。
で、胴体と主翼を合体させたら十の字♪
過給機のインテークなどを接着したら、機体の塗装に入ります♪
先ずは、下面色から始めますが、塗料はクレオスのC117番RLM76を使用。
塗料乾燥後、基本色で使ったC117番RLM76に白を加えたものでドライブラシ。
その後、黄色に塗る部分をマスキングして塗装。
塗料は下地にC113番RLMイエロー、上塗りにC329番特色イエローを使用。
で、この黄色をマスキングして上面色の塗装に入りますが・・・・・・
今日は、ここまでで時間切れ。
パテや塗料の乾燥待ちの合間にプロペラとスピンナーを塗装しておきました・・・・・・が、109用の白/緑の3分の1の塗り分け、この機体、通常の機体よりも塗り分け位置がずれてたような気がしてきたけど・・・・・・もう手遅れだから、気が付かなかったことにしよう(~_~;)