hara-potter2018-02-11


今日のスーパーコルせアは、クリア研ぎ出しから・・・
で、研ぎ出しが終わったらしゃぶしゃぶに薄く溶いたクリアをエアブラシします。
そして直ぐ様塗料カップのクリアを捨てて、拭き取らずに残った程度のクリアに大量の薄め液を加えた、限りなく薄め液に近いクリアで塗装面全体が塗れたような感じになるよう吹き付けます。
あとは乾燥待ちして翌日コンパウンドで磨くまでそのまま置いておきます。
で、待ち時間の間にヒュルクスの完成を目指します。
先ずは機首上面の防眩塗装から。
マスキングテープでマスキングして筆塗りしますがTAIのデカールがマスキングテープを剥がすときに持っていかれないよう、事前にデカール付近はミスプリコピーの切れ端でカバーしておきます。
で、防眩塗装の黒はクレオスのC40番ジャーマングレーを使用。
塗装が乾燥したら同色にほんの少し白を加えたもので軽くドライブラシをかけておきました。
あとはコクピット内部や脚周りを塗装して順次組付け。
脚回ろの塗装の時にはスーパーコルセアの分も一緒に塗装しておきました。
プロペラの塗装は、キットのインストでは全く触れられていなかったので実機写真を参考に・・・・・・って、プロペラ先端の色が微妙〜!
最初は白かと思ったけど白ではない。
プロペラ本体も黒かと思ったら根元の極一部黒の所もあるけど、全体は黒に近いグレーですね。
なので、プロペラ先端をマスキングして全体をC40番ジャーマングレー+黒で塗装。
その後黒く残す所をマスキングして適当なグレーを塗装。
最後にマスキングテープを剥がし、プロペラ先端はイスラエルの砂漠迷彩用下面色のC314番ブルーに大量の白を加えたもので塗装しておきました。
スピンナーは、実機が金属の磨きあげられたピカピカのスピンナーだったのでGXカラーのブラックを下地にエアブラシし、メッキシルバーNEXTを極力薄くなるようエアブラシしておきました。

 


これらを全て組付けたら完成ですね(^0^)

hara-potter2018-02-08


昨晩のうちに紅白塗装の黒縁デカールを貼っておきました。
なので、今日はそのトリミングから・・・
デカールが細いので剥がれないよう、そして塗装面を傷めないように余分なデカールをカットしていきます。
ちなみに、今回はカッターではなくゲート処理などに使っている丸刃のナイフを使用しました。
デカールが割と脆いので少し抑えるだけで良いみたいですね。
で、デカールのトリミングが終わったら次のデカールを貼る前にクリアをエアブラシします。
というのも、デカールが細くて水分含むとすぐに定着が解けちゃって、動いたり剥がれたりしそうだったので・・・
で、最初は軽く軽くデカール付近だけエアブラシ。
塗装面自体のクリアトップコートは全てのデカールを貼ってからなので、今は主翼だけでOKですね。
当然水平尾翼も同様にエアブラシしますが・・・・・・垂直尾翼は良いか(~_~;)
どうせ、この部分にはトリムラインの上に貼るデカールないし・・・(~_~;)
で、スーパーコルセアのクリアトップコートをしながら他の2機もトップコートしていきます。
で、今日はこのトップコートが終わったところで時間切れ。
これで残りのデカールは普通に貼れそうですね(^0^)

hara-potter2018-02-02


今日はヒュルクスのデカール貼りの続きから・・・
昨日貼ったキャノピーフレームのパイロットネームのデカール、昨日撮った画像で気が付いたけどいつの間にか歪んでた(~_~;)
なので、今日はその貼り直しからかかります。
歪んでたのは後席のパイロットネーム。なので、このデカールの上にお湯を付けて暫く待ったら剥がしにかかりますが・・・・・・なかなか浮いてこない(~_~;)
で、そうこうしてたら前席のパイロットネームデカールが剥がれた(~_~;)
なので、デカール糊を使って貼り直し、ようやっと後席のデカールも剥がれたので正しい位置に貼り直しておきました。
で、一通りのデカールが貼れたら最後に垂直尾翼デカールを貼ります。
この垂直尾翼の赤塗装のデカール、後縁の一部がインテリアグリーンなので、その分切りかけたクランク状の塗りわけになるはずなのになぜか一直線(~_~;)
どっちのラインに合わせているんだろう?と思ったけど、

インテリアグリーンの方に合っていたのね。
タブ側のラインに合ってたら余分をカットするだけで済んだんだけど、これは後でリタッチが必要ですね。
リタッチはデカールが十分乾いてからすることにして、次はコルセアの塗装に入ります。
で、プロペラを白く塗るの忘れてたので、先にエアブラシで白塗装しておきました。
あとは紅白の塗りわけのマスキングですが、今日は少しかかったところで時間切れ。
このマスキング、面倒くさそう(~_~;)

hara-potter2018-02-01


デカール貼り中・・・
クレオスのマークソフターよりモデラーズの物の物の方がデカールとの相性がいいみたいですね。
で、赤塗装のデカールが上手く貼れなかったら塗装も考えていたけど、デカールでいけそうですね。
あと赤塗装で残っているのは垂直尾翼だけど、垂直尾翼はよく指で摘まむので最後に貼る予定。
エルロンの赤デカールは一枚物を折り込んで裏表に貼るようになっているけど、デカールが固いので表と裏面に2分割して貼りました。
で、今日はここまでで時間切れ。

hara-potter2018-01-31


今日は、ラダー後端の塗装から・・・
垂直尾翼のトリムタブの上の後端が一部インテリアグリーンに指定されているのマスキングして塗装します。
塗料は、機体部色そのままでも良かったんだけど、ボックスアートの実機写真を見ると結構鮮やかに見えたので、クレオスのC98番黄緑6号を筆塗りしました。
キャノピーフレームが赤いので、これはデカールの色に合わせてエアブラシ。塗料はC158番スーパーイタリアンレッドを使用しましたが・・・・・・ちょっと違う?(~_~;)
なので、その上からGXカラーのレッドを上塗りしておきました。
で、いよいよデカール貼りですが・・・・・・硬い(~_~;)
最初の1枚目に目立ちにくい下面を選びましたが、クレオスのマークソフターとセッターを併用しても、今二つぐらい馴染みが悪い(~_~;)
で、今日はここまでで時間切れ。

hara-potter2018-01-30


今日は、プレシャスメタルのデカール貼りから・・・
で、昨日ボックスアートで確認して塗らなくていいと思ってたラダートリム、インストではグリーンになってる(~_~;)
もう一度ボックスアートを確認すると、こっちは黒になっているのよね(~_~;)
とりあえず後で確認するとして、とりあえずグリーンに塗っておきます。
先ずは下地の白を吹いて強制乾燥後にグリーンを吹きます。
デカールは、グリーンの部分だけ・・・・・だとレースナンバーのデカール2枚だけで終わりですね。
なので、次はヒュルクスの塗装に入ります。
カレンダー画像では色跳びしちゃってよく判らないけど、部分的にベージュみたいな色を塗られているのでこの塗装から。
主翼付け根の黒ラインが重なる部分だけデカールが用意されているので、これに合わせて色合わせする必要があります。
前に調合したレドームベースらしき正体不明のベージュが近い色だったのでこれをベースに色合わせしました。
で、主翼下面と主翼端をマスキングして塗装したらドライヤーで強制乾燥させたら次は主翼付け根と主翼上面を塗装。
で、今日はここまでで時間切れ。
ベージュの塗装、意外とマスキングが面倒だった・・・
フラップの作動ホーン、後付けにしたら良かったかな?(~_~;)

hara-potter2018-01-29


今日は、白塗装の続きから・・・
未だ十分に下地を隠ぺいしていなかったの白をエアブラシし、ドライヤーでの強制乾燥を交え、ほこりを噛んだところなどを2000〜3000番のスポンジやすりで研磨。
その後、白塗装を繰り返しこれでOKかな(^_^)
なので、プレシャスメタル2のグリーン塗装に入ります。
塗料は、前に作ったプレシャスメタル同様、クレオスのC64番ルマングリーンをベースにC66番デイトナグリーンを加えて調色しました。
まあ、前回は下地に白を塗っていないから、発色は揃わないと思うけど・・・(~_~;)
 
塗装乾燥待ちに小物の整形・・・

コルセアの主脚柱、オレオの内側がバリなのかプラの塊なのか判らないもので埋まっているのでピンバイスとナイフで彫っておきました。
 
で、今日はもう一つ・・・

次の製作予定のエレール、ミラージュF1を仮組み。
実は、パーツ洗浄の時にキャノピーを紛失しちゃったのよね(~_~;)
なので、ハセガワのパーツが使えないか確認。
ハセのパーツの方が少し大きいけど、開状態なら何とかなりそうですね(^_^)