hara-potter2016-06-11


今日は、残っていた小物の組み立てから・・・
で、後付けパーツをリタッチして、軽くスミ入れをしたら完成・・・・・・って、ジェットノズル塗るの忘れてた(~_~;)


で、改めてジェットノズルを自家製焼き鉄色で塗装すれば完成♪
 
で、次はカーモデルに着手♪
モノはJTCCのBMW318i。ドライバーはナンバー1ドライバーのSソーパーではなく、バイエルンの王子様であるプリンツ・レオポルトヴィッテルスバッハ・フォン・バイエルンの仕様で製作。
先日、ほとんどドアパネルなどの筋彫り彫り直しは終わってたので、軽くペーパーでボディー全体をサンディングというか研ぎ出しと言うか・・・
で、ボンネット前端の筋彫りを忘れてたので、ここも筋彫り彫り直し・・・・・してると、ボンネット上面のラインが気になりだした(~_~;)
どうも前端のRが上側に膨らみ過ぎというか、シャープさが無いというか・・・
暫くネットで実車写真とにらめっこして・・・キットのように見えるものもあるけど、やっぱりもう少しボンネット前端が薄い気がする・・・

ので、自己満足(~_~;)
ちなみに塗装の研ぎ出しの時に邪魔になるボンネットのエンブレムやウォッシャー液の吹き出し口等は事前に削り落として、モールドの在った位置には目印の小さな穴をピンバイスで開口しておきました。
ボディー全体の研ぎ出しが終わったら、いよいよ塗装に入ります。
今回、プラ成形色の白に対して白塗装。
なので、そのまま白を吹いても良いのですが、プラ特有の透けが出そうなので、下地にガイアノーツのEXシルバーとクレオスのC97番灰色9号を混ぜたものエアブラシ。
一通り下地が塗装できたら、塗料カップに下地色が少し残ったもにガイアのEXホワイトを足してエアブラシします。
何度かEXホワイトを継ぎ足して全体が白くなったら、EXホワイト2に対してクレオスのGXカラーのホワイト1ぐらいの割合で混ぜたものをエアブラシします。
 
エアブラシの合間にウィンドーガラスの研ぎ出しをします。
透明パーツの研ぎ出しまで必要かな?と、思いつつペーパー当てていくと・・・

左側面の窓ガラス、かなり歪んでいる(~_~;)
歪は裏表の両面に及んでいるようですが、とりあえず外側だけサンディングしておきます。
 


で、今日は、ここまでで時間切れ。
白はもう少し塗り重ねたいですね(^_^)

hara-potter2016-06-10


今日は、残っていた小物から・・・
塗装の途中だったらシートとグレアシールド等を塗装。
エポキシ接着剤を盛っておいたコーションライトはクレオスC47番クリアレッドで塗装。はみ出しのリスクを考えたらエナメル系の塗料を使う方が良いんだろうけど、この塗料、明るく仕上がるから好きなのよね。
で、翼端灯を塗ろうと実機写真を見ると・・・

翼端の形が違う(~_~;)
もう、今更気が付いても手遅れなので、それらしく翼端灯塗って終了(~_~;)
あとは脚柱を接着したところで時間切れ。
塗り忘れてた前輪もタイヤを塗装しておきました(~_~;)

hara-potter2016-06-09


今日は、クリアトップコートの続きから・・・
で、昨晩も2回ほど厚めにクリアを吹いておいたので、今朝のトップコートは2回ほどで終了。と、それでも普段よりは厚めにデカールをクリアで埋め込んであります。
最後に半艶クリアで艶調整したらトップコート終了。
で、トップコートの合間にタイヤやシートの小物の塗装も同時進行。
胴体背部には、結構目立つ多い目の赤いコーションライトが在るんだけど、キットでは完全にスルーされてる(~_~;)
なので、コーションライトをエポキシ接着剤を盛って再現しておきます。
で、前脚にある着陸灯のレンズもついでにエポキシ接着剤で再現しておきます。
で、コーションで気が付いたけど、左インテーク上面の滑り止めを黒く塗るのを忘れてた(~_~;)
なので、ここは細切りマスキングテープでマスキングして塗装しておきます。
で、今日はここまでで時間切れ・・・・・

タイヤ1個塗るの忘れてた(~_~;)

hara-potter2016-06-08


今日は、アレスティングフックの塗装から・・・
先ずは、下地も兼ねてクレオスのC316番特色ホワイトに塗装。
同時に同じ色に塗る脚収納庫や脚カバーの内側も塗装します。
で、そのあとアレスティングフックだけ機体色に合わせてC316番特色ホワイト+C62番つや消し白で塗装。
ドライヤーで強制乾燥させたらマスキングして黒の縞々を塗っていきます。
アレスティングフックの塗装が終わったら機体に接着してクリアトップコートに入りますが・・・・・・胴体のU.S.NAVYのデカールが一部剥がれる(~_~;)
タミヤデカール糊を使って貼り直しますが・・・・・・Nの文字が見つからない(~_~;)
なのでストックのデカールを漁っていると、古いハセガワのファントムのデカールに印刷されている商品名の「PHANTOM」の文字のNの字がちょっと自体が太目だけど丁度良いサイズ。
なので、これを流用して貼り付けておきました。
あと、最初にDROWデカールの黒帯で悪戦苦闘している時にジェットインテークのコーションデカールも一部剥げていたので、これは塗料でリタッチしておきました。
で、クリアトップコートを始めると・・・・・・主翼上面の国籍マークがエアブラシの風で吹っ跳んだ(~_~;)
どうやらボーテックスジェネレーターに掛かる部分の角の隙間から吹き上げられたらしい(~_~;)
で、今日はクリアトップコートの途中で時間切れ。
必要以上に強固なデカールなので、自作デカールを使った主翼以外は最初から厚くクリア吹いています(~_~;)

hara-potter2016-06-07


今日もデカール貼りの続きから・・・
で、全く馴染まないリーフスプリングのような黒帯デカールは諦めて、昨日仕事が終わってから事務所でデカールを自作しました。
幸い、昨日下面のデカールを切り出した時に、幅は4mmと計っていたので4mm幅+白縁のデカールを自作。
白縁は計っていなかったけど、元々のDRAWデカールの白縁が狭すぎるし、印刷もずれていたのよね。
なので、白縁は実機写真を参考に目分量で版下を作成しました。
で、今朝はこのデカールを貼って事無きを得たんだけど・・・・・・デカールを自作する時間の方が昨日デカールを貼るのに要した時間より遥かに短い(~_~;)
で、残ってたデカール貼りも全て終了。
脚カバーは黒帯に掛かる部分をマスキングして黒く塗装します。
で、今日はここまでで時間切れ。
結局、昨日のモデリングは全く無駄だったような・・・(~_~;)

hara-potter2016-06-06


今日は、デカール貼りの続きから・・・
先ず、主翼の黒帯のデカールですが・・・・・・これ、昨日の例会中に一枚下面側を貼ったのですが、前縁のRに馴染まなくて保留にしていたのね。
例会ではデカールソフターを持って来るの忘れてたので、ソフターを使えば何とかなるかと思ってたんだけど・・・・・・全然何ともならない(~_~;)
クレオスのソフターは全然効かない。
モデラーズのソフターも全然効かない。
仕方がないので、筆洗いや流し込み系接着剤代わりに使っている工業用シンナーをマークセッターで薄めて塗ってみたけど・・・・・・ビクともしない(~_~;)
ならばと、工業用シンナーを直接塗ったら・・・・・・やっぱりビクともしない(~_~;)
このデカール、一体何でできているんだ?(~_~;)
仕方がないので白縁の無い方の下面の黒帯をハセガワのベタデカールから切る出したものに交換し、上面側はDRAWデカールタミヤデカール糊を使って強引に貼り付け。
反対側の翼の方は、前縁の黒をリタッチするつもりでカットしちゃいました(~_~;)
で、結局今日はこれだけで時間切れ(~_~;)

hara-potter2016-06-05


今日は、白塗装のドライブラシから・・・
ドライブラシには。基本色に使ったC316番特色ホワイト+C62番つや消し白にC62番つや消し白を更に増量したものを使用。
で、2段階ぐらい白を増量してドライブラシしたら、イエローウィングを機首や垂直尾翼の黒塗装のマスキングに入ります。
黄色と黒の同時進行で先に2色のマスキングをしたら先ずは黄色の塗装。
下地にC329番特色イエロー+白。上塗りに瓶生のC329番特色イエローを使用。
黒は、C40番ジャーマングレー+黒を使用。
両方塗れたらドライヤーで強制乾燥させた後、各色のドライブラシに入ります。
黄色のドライブラシは、基本色のC329番特色イエローに白を加えて2段階。
黒のドライブラシは、1段階目C40番ジャーマングレ。2段階目C40番ジャーマングレー+白を使用。
インテークリップは細切りマスキングテープでマスキングして、下地C114番RLMレッド。上塗りC68番モンザレッドを使用。
で、今日はクラブ例会でデカールの一部を貼って終了。
一気に形になりましたね(^0^)