hara-potter2016-05-05


今日は、VAK-191Bの脚周り組み立てから・・・・・・
で、これが面倒くさい(~_~;)
胴体の主車輪、前輪の脚は、少し長めのようですが・・・先ず、基本の脚を決めないと始まらないので、脚柱とホイールが一緒に成形されている前脚柱から接着することに。
実機写真を見ながら、胴体下面から出ている脚の長さを目分量で決定・・・・・・って、短く切り過ぎた(~_~;)
なので、真鍮線を通して切った脚柱を再接着(~_~;)
で、もう一度調整して機体に接着。
前脚柱が固定できたら、地上姿勢で機体がほぼ水平になるように調整して後ろ脚を接着。
一応、これで自転車状態で地上に立たせることができます。
で、この姿勢に合わせて主翼の補助輪の脚柱を調整・・・・・・って、キットのパーツ、かなり長めになっていますね(~_~;)
あとは、脚カバー等の小物の接着ですが・・・・・・
不思議なことに開いている前脚カバーの見える写真がない!
後ろの脚カバーは、キットのパーツのように左右に開いている。
キットのパーツは、前脚カバーも同じように左右開きだけど、この左右に開いた脚カバーの実機画像が無いんですよね(~_~;)
ほとんどの実機写真では、前脚のカバーが全然写っていないのですが・・・・・・脚出したら全部閉まるってこともないだろうし。
一体、どうなっているんでしょうね?
中には、前脚の前側に前後開きの小さなカバーが開いている写真があるのですが・・・・・・このうちの1枚が、今回作製の基本にしている画像。
でも、この一枚だけでは、脚収納庫全体をカバーすることはできないので・・・
前に小さい前後開き1枚。後ろは左右開きの2枚が脚がしたら閉じるという設定で作ってみました。
これなら辻褄合うし、実機は、何らかの事情で一番前のカバーを取り外したとも考えられるから・・・って、実際は、どうだったんでしょうね?
実機は、博物館に展示されているみたいだし、誰か確認した人、居ないのかな?(~_~;)
で、スミ入れは、レジンの太いモールドで、しかも銀塗装と言うこともあり、動翼だけ・・・・・・と、思ってたんだけど、意外なことにスミ入れした方がすっきりする。
なので、動翼以外の筋彫りにも機体色よりちょっと暗めのグレーのスミを入れておきました。
 



VAK-191B、完成♪
 


フェラーリカラーのF−104も、脚周り等を組み立てて完成しました(^0^)
 
なので、次のキットの製作。
次は、先日の例会で筆塗りの匠から頂いたフロッグのバルチモア(ボルチモア? どっちが正しい?)。
急な製作で・・・・・しかも実機の知識の全くない機体ですが、なんとかなるでしょう(~_~;)
 
とりあえず、胴体や主翼などの大まかなパーツの貼り合わせ。
 

胴体側面の窓には、クリアパーツが用意されているけど・・・・・・窓無しで、仮組みしても違和感なかったので、窓ガラスはオミット(~_~;)
これで、塗装の時のマスキングの手間も省けるし、キットのパーツ、真ん中は窪んでいるし、合いも悪いんですよね(~_~;)
 

機首や操縦席の窓から、胴体後半が見えないよう、黒く塗った仕切りをプラ板で追加。
この方が見える所作るより手っ取り早いので・・・(~_~;)
 


このキット、押出しピン跡も結構すごい(~_~;)
なので、エルロンや水平尾翼は、下面になる方のモールドを諦めて、盛大に削り込み。
ついでにエルロンは、後縁がシャープになるよう薄く削り込んでおきます。
あと、このキット、プラの肉厚があるのは良いんだけど、あっちこっちヒケが多い(~_~;)
なので、引けはパテで埋めておきました。
 

で、とりあえず初日は、ここまで。

hara-potter2016-05-04


今日は、F−104のデカール貼りから・・・
で、朝食前にはデカール貼り終了。
このタイミングなら、夜クリアを吹けそうですね♪
 
VAK-191Bの方は、細部を塗り分け・・・・・・前に、キット付属のデカールの状態で垂直尾翼フェアリングが付いた状態の画像が見当たらない(~_~;)
なので、特定の画像の状態に合わせて、垂直尾翼先端のフェアリングを削り落としました。
その後、軽くマスキングして垂直尾翼だけサフ吹いて、再度塗装。
あとは、黒や赤の所をマスキングして塗装。
レジン製のキャノピーは少し黄色っぽいというか白っぽいというか・・・・・なので、実機にはスモークは入っていないようですが、スモークで塗装しています。
 
で、夜F−104にクリア吹く合間にVAK-191Bのデカールも貼れました(^0^)

hara-potter2016-05-03


今日から本格的にVAK-191Bの製作に入ります♪
 

脚収納庫とリフトエンジン排気口扉の間の仕切りが、一部欠けていたので、全部切り取ってプラ板で作り直しておきました。
欠けて無かった方も、合わせ目を整形するより、こっちの方が簡単なので同様にプラ板に置き換えています。
 

で、VAK-191Bの方を先にって、思ってたんだけど表面処理等で時間喰ってる分、F−104が先行・・・
F−104の方は、赤の単色塗装と言うこともあり、時短のためエアブラシで塗装しました。
 

F−104は、ここまで。
明日は、デカール貼りですね♪
 


VAK-191Bの方も、夜までにサフ吹いて、なんとか塗装まで持って行きました(^0^)

hara-potter2016-05-02


今日は、T−1のスミ入れから・・・


で、完成♪
 


VAK-191Bは、ここまで・・・って、ほとんど間違い捜し?(~_~;)

hara-potter2016-05-01


今日は、T−1のクリア・トップコートから・・・
で、トップコートが終わったら翼端灯等を塗装し、脚周りや燃タン等の小物を接着。

これで、全てのパーツが接着できたことになりますね。
 
で、トップコートの乾燥待ち等の合間に・・・

VAK-191Bは、十の字に。
 

マルヨンも胴体の整形が終了しました(^_^)

hara-potter2016-04-29


今日からGWということで、GW中に何機作れるか頑張ってみようかとミーティアはお休みして別のキットを作ることにしました・・・

と、一応昨晩ミーティアも士の字にしておきました。
どうも胴体後半の左右接着がずれていたらしく、微妙に主翼が傾くので摺合せ調整して接着してあります。
 
GWモデリング第一弾の方は、先日ちょっとフライングしたT−1。
胴体左右と主翼上下は、接着、溶きパテ塗布済みなので、そのサンディングから。
で、サンディングができたら仮組みしてみますが・・・仮組みの必要がないぐらいぴったり合うわ(^_^)

接着前に動翼等の筋彫りを深く彫直したら接着してテープで上半角が付くよう固定して接着剤硬化待ち。
燃タンは、フィンチップを現寸図を参考にプラ板から切り出すよう指示されているので、0.3mmプラ板から切り出して接着・・・と、ここまでがいつもの朝モデ。
 
朝食後、機体の白塗装にに入ります。
塗料は基本色にクレオスのGXカラーのホワイトを使用。
塗料乾燥後にC316番特色ホワイト+C62番艶消し白で1段階目のドライブラシをかけますが・・・・・・ちょっとアイボリーが強かったかな?(~_~;)
なので、更に艶消し白を大量に加えたもので2段階目のドライブラシ・・・・・・まあ、これぐらいなら良いか(~_~;)
あとは主翼水平尾翼の先端をオレンジで塗装。
塗料は、下地に昔々マクロスのVT−1作った時のオレンジを使用。上塗りは、この塗料にN104RBを作った時のオレンジを加えたものを使用しました。

燃タンは、外側半分をデカールの紺に合わせて塗料で塗装します。
キットインストでは、C322番フタロシアニンブルーが指定されているけど・・・・・・違うと思う(~_~;)
なので、C328番ブルーエンジェルスカラーのブルーを使用。
で、内側の更に前半分はC40番ジャーマングレー。残りはC8番銀に暗めのグレーを加えたもので塗装しておきました。
出来れば今日中にデカールを貼り終えたら、明日はトップコートができるのですが・・・

ここまで貼ったところで持つ所が無くなったので作業終了(~_~;)
 

塗料乾燥待ちの合間などにアニグランドのVAK−191Bも始めました。
とりあえず胴体左右とインテークを接着して、接合部に溶きパテを塗布しておきましたが・・・
下面側は、パーツのレジン収縮で中央部が凹んだ形に成っているので、瞬着を盛っておきました。
で、GW初日は、ここまで(^0^)