航製暦.130901

hara-potter2013-09-01


今日は、ストレーキー裏のサンディングから・・・
サンディング後、整形不良部分には再度パテを盛って・・・・・
時間おいてサンディングすると、また整形不良部分が(~_~;)
まあ、こんどの整形不良はほんのわずかに線状のヒケだけなので、表面チェック用に塗ったグレーを厚塗り、強制乾燥後、ペーパーで均しておきました。
 
次は胴体の組み立てですが、両キットとも胴体上・下面とを先ず接着。
で、そこに機首を接着しますが、ここの分割がそれぞれのメーカーで違った手法になってます。
アカデミーのキットは、右側面、下面、左側面の3パーツをコの字状に組んだものにコクピットを乗せ、それを機首から一体成形の胴体上面に接着しますが・・・・・・3パーツで組んだ機首の幅が合わない(~_~;)
これは私の組み方が悪かったのか、それともこういった仕様になってるのか・・・
う〜ん、ここはコクピットフロアの側面を利用して、断面が口の字になるような仕様なら組みやすし、精度も出しやすいと思うのですが(~_~;)
アカデミーのキット、合いが悪いわけじゃないけどファジーな部分が多いんですよね(~_~;)
なので、組み方で合わせの良し悪しも変わってきそうなキットですね(~_~;)
  

とりあえず、下面側の機首パーツ内側にランナーのツッパリを入れて幅調整後、機体側に接着。
 
 
イタレリ(レベル)のキットは、アカデミーに比べ遥かに少ないパーツ分割になっているので、その点は好感が持てるのですが・・・
機首とストレーキー部分のパーツ構成が変わっています。
と、言うのも機首側にストレーキ先端を差し込む細い三角穴が開いており、胴体パーツのストレーキーは、その部分だけダボ状に出っ張りが作られています。
で、プラの弾性を利用してここを機首側の穴に差し込むと接着剤を使わなくても、ある程度きっちり組み上がるのですが・・・・・・
先に胴体上下を接着したらストレーキーが開かなくなっちゃった(~_~;)
なのでちょっと強引に開いて差込み接着・・・・・・すると、胴体上下の接着が一部剥がれたので、ここも流し込み系接着剤で再接着しておきます(~_~;)
結局、このキット組むなら機首パーツと胴体上面を先に組んでから胴体下面を接着する方が良さそうですが・・・・・・そうすると機首パーツの位置決めが難しくなるんですよね(~_~;)
と、言うのも上面側は機首パーツ側に変な捲れがあって、どっちにしろ胴体パーツとは上手くラインが繋がらないんですよね。
なので、位置決めは下面側で段差が生じないように組みたい・・・
と、なると先に胴体下面パーツを接着しておきたいとなる・・・
なので、これから組むんだったら胴体上面パーツに機首パーツをはめ込むだけにして、胴体下面パーツ接着後、機首パーツを流し込み系接着剤で接着していくのが良いかもしれませんね。
 
で、今日はここまでで時間切れ。
とりあえず燃タンなどの左右貼り合せができる部分は先に接着しておきました(^0^)

航製暦.130902

hara-potter2013-09-02


昨日のうちに主翼と胴体の隙間に溶きパテを塗布しておきました。
なので、今日はその拭き取りから・・・・・と、言いたいけどイタレリ(レベル)の方は隙間に溶きパテが流れて溝ができてる(~_~;)
なので、再度溶きパテを塗布しておきました(~_~;)
で、ここは他の作業して、ほぼ乾いた頃に、余分な溶きパテをラッカー塗料の薄め液を染み込ませた綿棒で拭き取っていきます。
もちろん拭き取りは、溶きパテ再塗布していないアカデミーから。
で、2機とも終わったら、イタレリの機首と胴体との段差に盛ったパテのサンディング・・・・・・ですが、キットのここのライン、スムーズに繋がらない(~_~;)
どうも胴体後半の猫背部分が全体に大きく、丁度機首パーツとの合わせ目辺りで括れたような形になってしまってます。
なので、ここは後半部分を全体に削り込んでスムーズなラインになるよう、当て木を当てたペーパーで削り込んでいきます。
で、サンディング終了後、やはり機首と胴体接合部付近の猫背の高さが少し足りず、括れが残ってる(~_~;)
なので、この付近全体ににゼリー状瞬着+硬化スプレーで少し膨らませてから再度サンディングしておきます。
で、最後の表面処理用に溶きパテを塗布したところで今日は時間切れ。
 

キャノピーフレームは単座型と複座型の両方がセットされてるけど・・・

インストの指定番号、間違ってる(~_~;)
 

パーツの形で一目瞭然だけど、インストで指定されてるパーツナンバー12ではなく、ナンバー15が正解です(~_~;)

航製暦.130903

hara-potter2013-09-03


今日は、イタレリ(レベル)の胴体整形から・・・
昨日、表面チェック用に塗布した猫背部分をサンディング。
昨日は側面にやや整形不良の部分があったけど、これも綺麗に均せたようです。
で・・・主翼接着しちゃってるけど、胴体側面のサンディング忘れてた(~_~;)
既に何日か前にパテ盛りは終わってるので、そのサンディングをしますが、右側面だけ整形不良の凹が・・・・・・なので、再度パテ盛り(~_~;)
あとは、アカデミーのキットもコクピット後ろのカバー(?)を接着し、細々とした細部パーツを接着。
主翼下面の動翼ヒンジのフェアリングは、アカデミー、イタレりのどちらも別パーツなので歪まないように接着。これで塗装前に接着すべきものは一通り接着できたかな?
で、残った時間で燃タン等の装備をサンディングして今日は時間切れ(^0^)

航製暦.130904

hara-potter2013-09-04


今日は、整形不良があったイタレリ(レベル)の胴体側面のサンディングから・・・
で、サンディングが終わったら昨日の続きで、機体に接着する小物などを・・・
で、この小物類の接着位置がイタレリ・アカデミーともにファジー(~_~;)
でも取り付け位置のファジーなパーツが、それぞれ両キットで異なっているので、お互いのキットが立体見本となるので、それを参考に接着位置を決定。
続けてイタレリの主翼パイロンのゲート&パーティンぐライン処理。
更にイタレリのキットは脚カバーが1枚物の一体成型になっているので、裏側にモールドされた分割ラインに沿ってカットし、縁を薄く仕上げておきます。
で、今日はここまでで時間切れ。
脚カバー1枚丸々残っちゃった(~_~;)

航製暦.130905

hara-potter2013-09-05


今日は、イタレリ(レベル)の脚カバーカットの続きから・・・
で、カットが終わったら前脚カバーに別パーツのバルジ接着。
で、同じパーツナンバーのバルジをキャノピー後ろの猫背部分に接着するように指示されていますが・・・・・・正確な位置は表示されてない(~_~;)
なので、先に同じく別パーツになってるアカデミーのバルジから接着。で、これに合わせてイタレリの方も接着。
アカデミーの方の脚カバーは、ランナーごと切り取って一部ゲート処理。これで塗装に控えます。
 
で、イタレリ版は垂直尾翼も接着しますが、アカデミーは塗装の都合で尾翼関係は接着せずにそのまま・・・
ついでに、大胆に省略されているのか、それとも砲口には全然見えない変な出っ張りがバルカン砲の砲口を表現しているのか判りませんが、変な出っ張りは表面処理ついでにサンディング済みなので、バルカン砲の砲口のみピンバイスで開口。両サイドの穴は後で塗装表現で済ませよう(~_~;)
 
後は、兵装関係を組み立て、パイロンはパーティングライン処理。
で、ちょっと時間が残ったのでキャノピーもランナーから切り出してゲート処理。
アカデミーのキャノピーはスライド金型を使った断面がΩが再現されたものになっているので天井部分にパーティングラインが走っています。
なので、2000番のペーパーで磨き込み・・・・
で、今日は4000番のペーパーを当てる途中で時間切れ。
塗装までもう少しだけど、来週は製作時間あまりとれなさそう(~_~;)

航製暦.130906

hara-potter2013-09-06


今日は、キャノピー研ぎ出しの続きから・・・
4000番から始まって6000番、8000番と水砥してると水越しに研ぎ出し面が綺麗な透明に見えてくる。
で、後はコンパウンドで磨けば透明パーツのパーティングライン処理終了♪
 
で、次はいよいよ機体の塗装に入ります。
先ずは下面色から塗っていきますが、塗料はキットの指定どおりクレオスのC308番グレーを使用。
この色、ちょっと青味が強すぎる気もするけど・・・・・・下面色なんで、そのまま使用(~_~;)
機体、水平尾翼と大まかなパーツから先に塗っていき、脚カバー、パイロンなどの兵装類にを順次塗っていきます。
で、今日はこの途中で時間切れ。
燃タンとパイロンをもう一度塗ったら下面色終了かな(~_~;)

航製暦.130907

hara-potter2013-09-07


今日は、燃タン等の装備品の基本塗装の続きから・・・
で、基本塗装が終わったらドライブラシ・・・・・・って、ドライブラシするの久しぶりのような気がする(~_~;)
で、基本塗装に使ったクレオスC308番グレーに白を加えたもので1段階目のドライブラシ。
で、今日は、この1段階目のドライブラシだけで時間切れ。
で、来週の3連休終わるまで模型作りお休みになりそう(~_~;)

航製暦.130919

hara-potter2013-09-19


ようやっと模型製作再開・・・(~_~;)
で、今日は機体下面色の第2段階目のドライブラシから。
塗料は、1段階目のドライブラシ塗料に白を増量したもの。
で、一通りドライブラシが終わったら上面色の塗装に備えてマスキング。
で、今日はこの途中で時間切れ。
レベル・アカデミー共にインストの水平尾翼直前のグレー2色の塗り分けラインが判りづらい(~_~;)

航製暦.130920

hara-potter2013-09-20


今日は、下面色マスキングの続きから・・・
で、マスキングが終わったら上面色の塗装。塗料はクレオスのC307番グレーを使用。
で、グレー塗装が終わったらキャノピーをいつもの細切りマスキングテープの口の字作戦マスキングして塗装。
キャノピーも上面色と同じC307番グレーで塗装しますが、D型の方は、色が黒なのでC125番カウリングブラックを使用。
で、同じ色に塗る垂直尾翼も塗装・・・と、思ったら一部白で、白塗装を先に済ませた方が良さそう。
で、今日は、この白塗装の途中で時間切れ(^0^)

航製暦.130922

hara-potter2013-09-22


今日は、垂直尾翼の白塗装の続きから・・・
で、GXカラーのクールホワイトがデカールの白に近かったので、このまま本番色とします。
で、この乾燥待ちの間に機体上面色のドライブラシ。
ドライブラシには、基本色に使ったC307番グレーに白を加えたものを2段階。
で、ドライブラシ終了後、機体とエアブレーキ垂直尾翼の黒塗装用のマスキング。
黒塗装は、C125番カウリングブラックを使用。
軽く強制乾燥後、黒塗装部にもドライブラシしておきます。
黒塗装のドライブラシは、青味がもう少し欲しかったので、C20番ライトブルーを加えたものを2段階。
で、今日はここまでで時間切れ。
D型の燃タンを黒く塗るの忘れてた(~_~;)

航製暦.130923

hara-potter2013-09-23


今日は、燃タンの黒塗装から・・・
マスキングテープでパイロン部をマスキングして、機体同様C125番カウリングブラックで塗装後、C20番ライトブルーを加えたものを2段階ドライブラシ。
C型の垂直尾翼前縁がグリーンなので、デカールと色合わせしたC6番グリーン+C66番デイトナグリーンで塗装。
レドーム先端は、先日作ったリヒトフォーフェンのF−4Fのレドーム用に調合した色にC318番レドームを増量したものを使用。ドライブラシには、この色に白を加えたものを2段階ドライブラシしました。
で、残った時間でデカール貼りに入ります♪
一番気になるのはC型チッピーホーの機首に描かれたイーグルの大判デカール
先ずは、デカールの伸び具合や馴染み具合をチェックするため、インテーク入り口のコーションを貼ってみます。
デカール自体は、固めだけど馴染みは硬さの割にはマシな方でしょうか・・・
で、次はイーグルデカールを貼ってみます。
伸びがそれほどではないのでバルジの部分の馴染みが今一つ。なので、クレオスのマークソフターで強制的に馴染ませる。
機首先端側でできる皺は、目立たないところにカッターで切り込みを入れて馴染ませて何とか貼ることができました。
で、胴体側面のグリーンのラインとストレーキー上面の黒デカールを貼ったところで今日は時間切れ(^0^)

航製暦.130924

hara-potter2013-09-24


今日はC型のデカール貼りの続きから・・・
で、枚数自体は少ないものの、貼り位置が判りにくくて意外と時間がかかってる(~_~;)
幸い、ステンシル類がほとんどないのでC型終了。
続けてD型のデカール貼りに入りますが、こちらのデカールはカルト製の良質な物が付属。
黒地に白デカールを貼っても透けないし、塗装したところとの色味の違いもあまり気にならないですね。
で、今日はここまでで時間切れ。
ところでデカールの貼り終えたC型だけど・・・主翼の国籍マークは、本当に無いんだろうか?(~_~;)

航製暦.130925

hara-potter2013-09-25


今日は、D型のデカール貼りの続きから・・・
こちらは余白も少ない貼りやすいデカールなのでサクサクと進みますが・・・・・・ステンシルが多い(~_~;)

航製暦.130926

hara-potter2013-09-26


今日は、コーション類のデカール貼りの続きから・・・
で、下面側のコーションは大幅に省略してデカール貼り終了(~_~;)
それでも結構な時間がかかってます。
しかも、何故かデカール番号に数字のみものや数字の前にCやEなどのアルファベットが振られているものがあり、デカールの印刷は番号順ではないところが有ったりで判り難い。
で、やはりややこしいのが災いしてか。、インストでもE10のデカールが単なる10で表示されてるという間違いも・・・(~_~;)
 
で、残った時間で水平尾翼接着、これでやっと士の字になりました。
後は、接着を後回しにしていたブレードアンテナなどの小物類の接着。
ブレードアンテナの一部は、キットのコンパチ仕様の関係か、取り付けのダボ穴が無く、ブレードアンテナ側のダボをカットして接着するよう指示されている部分がありますが、ここはピンバイスで取り付け穴を開口して接着しておきました。
で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

航製暦.130928

hara-potter2013-09-28


今日は、小物類の接着の続きから・・・
C型の胴体背部のブレードアンテナを接着しますが、キットのパーツはちょっと形が違うような・・・
アカデミーのD型に丁度形のあうブレードアンテナが残っていたようなので、これを流用・・・・・・と、思ったらD型の方に付け忘れていただけでした(~_~;)
なので、C型の方はキットのパーツを削って形修正(~_~;)
あとは、後付けしたアンテナなどの小物やその他のタッチアップ。

それとレベルのC型のキットには主翼に貼る国籍マークがデカールにもインストの指示にもありませんが、やはり実機には国籍マークがあるようなので、ハセのスパホ作った時の余りものデカールを貼っておきました。
 
あとはトップコートに備えて燃タンやパイロンを一部機体に接着して、エアブラシするパーツ数を減らしておきます。 
サイドワインダーは、両キットともフィンが分厚ので薄く仕上げてから塗装。スマート爆弾も塗装後デカールを貼っておきますが、こちらのフィンはキットのまま。
で、今日はここまでで時間切れ。
サイドワインダーのデカール貼りが残っちゃった(~_~;)

航製暦.130929

hara-potter2013-09-29


今日は、デカール保護のトップコートに入ります♪
・・・って、サイドワインダーのデカールが残ってた(~_~;)
で、アカデミーのキットにはミサイル用のデカールが付属しますが、レベルのキットには用意されていないので、これも国籍マーク同様、ハセのスパホから流用しました。
で、デカールが貼れたら機体にサイドワインダー接着。乾燥時間が少ないけど、まあなんとかなるでしょう(~_~;)
 
何時ものようにクリアをデカール付近中心に軽く数度に分けてエアブラシ。今日は、お休みの日なので、時間をおいて数度に分けてクリアをエアブラシした後、最後に半艶クリアで艶調整。
エアブラシと平行に脚柱等の小物の塗装。
で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

航製暦.130930

hara-potter2013-09-30


今日は、金属色の塗装&細部塗装から・・・
トップコートが終わったのでノズル周りやバルカン砲砲口付近の金属色を塗装。
で、バルカン砲の後ろにあるブレードアンテナを塗るのを忘れていたので、こちらもグレーで塗装しますが・・・・・・目のピントが合わない(~_~;)
う〜ん、笑い話ではなく文字通りローガンズ化が進んでき、丁度筆先付近とピントがあい辛い(ーー;)
で、若干のはみ出しは。リタッチ修正・・・
エンジンノズルの内側は黒く塗りますが、最近は原色系の黒ではなく隠ぺい力の高いGXカラーを使用。
で、足回りのシリンダー部をペイントマーカーのクロムシルバーに塗って、今日は時間切れ(^0^)