hara-potter2015-09-01


今日は、塗装に備えて脚カバー等の小物の整形から・・・
で、脚カバーの組み立てや整形が終わったら、垂直尾翼のピトー菅を真鍮パイプとピアノ線で作り直し。
垂直尾翼側は、0.9mmのピンバイスで取付け穴を開口しますが・・・・・・あ!垂直尾翼の接着が剥がれた(~_~;)
左右の接着が剥がれたところは、流し込み系接着剤で接着して、表面のクラックは、瞬着+硬化スプレーで埋めてからサンディング。
もう一機の方は、不要部分のピトー菅をカットしたところに表面処理不良が有ったので、こちらも一緒に瞬着+硬化スプレー後サンディングしておきました。
で、ここまで来たらいよいよ塗装に入ります♪
・・・って、本当はパイロンを組まないといけないんだけど、これは後で塗る色と同色なので後回しに(~_~;)
先ず、30周年記念機の方は、垂直尾翼のブルーと胴体の白と赤を塗る部分の下地塗装として、ガイアのホワイトをエアブラシ。
で、エアブラシすると表面処理不良・・・・・・じゃなく、げート処理を忘れている所が(~_~;)
なので、ゲート処理、サンディングしてから再度白をエアブラシ。
40周年記念装機は、ほぼ黒単色塗装でOKですが、デカールで用意されているインテーク上面のグレーをクレオスのC307番グレーを筆塗りしておきました。
で、今日はここまでで時間切れ。
明日は、パイロン組もう(~_~;)