hara-potter2018-06-18


今日は、リンドバーグのキットの迷彩塗装の続きから・・・
塗料は、クレオスのC121番RLM81/C123番RLM83を使用。
実機写真見ても、イマイチ明度差が小さくて迷彩パターンが判別しにくいので、昔のモデルアート増刊のカラーイラスト参考に迷彩パターンを描き込んでいきました。
で、これが塗れたらプロペラとスピンナーも塗装しておきます。
ここまでくれば楽しいデカール貼り。
スペホのレコードブレーカーは・・・・・・国籍マークも描かれていないので機首のハインケルのロゴデカールだけ(~_~;)
ラダーに鍵十字を描いた絵が複数あったので、鍵十字は別のデカールから流用しました。
リンドバーグの方はデカール無しのキットを頂いたので・・・・・・国籍マークはスペホのキットの物を流用しますが、胴体の国籍マークが違う。
なので、これは昔のエッシーデカールを引っ張り出してきて貼りました。
硬くて有名なエッシーデカール、凸リベットに馴染むか気になるところだけど、マークセッターをあらかじめ塗って貼ったら拍子抜けするぐらいあっさり馴染んでくれました。
で、今日はこのデカール貼りの途中で時間切れ。
マーキングの類はデカールを自作しないと・・・(~_~;)