航製暦.180108

hara-potter2018-01-08


今日は、ミラージュのカメラ窓の切り出しから・・・
カメラ窓の必要な大きさと形を、先ず機体側にマスキングテープを貼って写し取ります。
鉛筆で必要な線を描いたら、マスキングテープを剥がし、そのまま透明板に貼り直します。
で、マスキングテープ事、描いた線の外側でカットし、あとはすり合わせで調整します・・・・・・

ちょっと削りすぎた(~_~;)
なのでマスキングテープを剥がして新しい透明板に貼り直してやり直し(~_~;)
 
すり合わせしてほぼOKならマスキングテープを剥がして、再度フィッティングチェックします。
で、必要なら更にすり合わせて仮組みします。
ちなみに折り曲げる時は、毛抜きで摘まんでガイドにすれば綺麗に曲がります。
注意するのは、挟んだところの少し外側で曲がるので、どれぐらいずれるか確認してから曲げるのが良いと思います。
当然曲げるのは、すり合わせ前です。
で、問題は接着方法ですが・・・・・・接着シロが少ないので、結局瞬着を使うことにしました。
 

カメラ窓中央部のみを機体側の接着シロに瞬着を細い金属線を流して透明板をセット。
軽く止まったら、更に瞬着を流してシッカリ接着します。
これができたら同じ要領で左右の窓を一つずつ接着します。
 

接着ができたらマスキングして窓枠を塗装します。
この時、仮組み時にできた塗装の剥がれた部分もタッチアップしておいました。
ちなみに画像下に写っているのが、型取りに使ったマスキングテープと切り出しに失敗したカメラ窓です。
 
ここまでできればあとは脚周り、兵装類とピトー管をセットして全てのパーツの接着が終了。
この後スミ入れすれば完成です♪
 
 


ミラージュ3CJ(偵察型)
 


クフィルC7