航製暦.200825

今日は、CCVのベントラルフィンの取付から・・・・・・

で、ベントラルフィンのパーツには接着用のダボがあるけど、キットインストでは隠し穴のダボ穴開口の指示がないのね(~_~;)
ちなみ機首側の胴体下面の隠し穴開口は指示されているけど、CCVなら必要なかったので胴体組んでから伸ばしランナーで埋めました(~_~;)

で、ダボ穴開口しなかったので実機写真で位置確認。

で、写真から確認した位置に隠し穴のモールドがあるかライトの光で透かして見たけど判断できず・・・
ストックキットのパーツで隠し穴の位置を確認すると、全然場所が違う(~_~;)

改めて世傑の図面で通常のベントラルフィンの位置を確認すると・・・ 

f:id:hara-potter:20200825050116j:plain

 S型のベントラルフィンの位置は、こんな感じ。
CCV実機写真と比較すると明らかに後ろ過ぎ。

そもそもドイツに配備されてたG型にはベントラルフィンなかったから、イレギュラーな位置にベントラルフィンがあっても不思議じゃない・・・

f:id:hara-potter:20200825044800j:plain

 ので、写真から割り出した大体の位置でダボ穴開口して接着しておきました。

ちなみにベントラルフィンの形状も普通のS型のものと少し形が違うような気もするけど、とりあえずキットのパーツを前後逆にして接着しただけです。

気になるようなら少し削りますが、とりあえずはこんなものかな・・・

で、やっと塗装入り。

先ずはレジンパーツに真たるプライマーを塗ってからオレンジの色選び。

結局丁度いい感じの色が無かったので、クレオスのC109番キャラクターイエローにベルX1様に調合したオレンジを少し加えたものを使用しました。

オレンジに塗る箇所は機首と尾部両側面、尾部カンターウェイト、主翼ドロップタンクだけど、とりあえずドロップタンクと尾部側面だけマスキングして塗装。

下地にはC114番RLMイエロー+白を塗ってから塗装しています。

f:id:hara-potter:20200824235413j:plain

 で、今日はここまでで時間切れ。

今朝は、ベントラルフィン調べるのに時間とられちゃった(~_~;)