航製暦.230115

今日は、S.5のフロート張線の下穴開口から・・・

で、次はプロペラ&スピンナーの組み立てに入ります。

先ずはパーツのゲート処理して整形からですが、プロペラ先端とゲートの区別がよー判らん(~_~;)

なので、ゲートを長めに切って整形しますが、プロペラ先端が少し細いような・・・

なので、プロペラの裏側にマスキングテープを貼ってから瞬着で先端を少し太らせておきました。

あとはこれを削り出して整形します。

ペラの形ができたら、スピンナー、プロペラ、バックプレートの3つのパーツで構成されたスピンナーを組付けますが、全てのパーツが合わない(~_~;)

なので、擦り合わせして接着ですが、物が小さいので整形しにくい(~_~;)

 

で、整形後機体に仮組みしてみました。

サイマンは塗装に備えてキャノピー仮組み。

このキット、なぜかキャノピーだけレジンパーツなんですよね。よりによって(~_~;)

形自体は単純なので、ちょっと擦り合わせするだけで大丈夫そうですね。

で、このキャノピーをマスキングして透け止めを兼ねた黒を塗っておきます。

で、今日はここまでで時間切れ。

あ!S.5の主翼ー胴体間の貼線の下穴開けるの忘れてた(~_~;)