hara-potter2016-10-04


今日から新しいキットの製作に入ります♪
次のお題は、ミス・アシュレイ2とストレガの紅白レーサー。
ストレガは、アンリミのダゴレッドからの改修となるので先ずはフィレットの工作に入ります。
元々ダゴレッドとストレガって双子みたいな機体なので、差は少ないんだけど、ストレガは主翼フィレットが後ろに伸びているんですよね。
なので、0.5mmのプラ板を指で扱いてRを付けたものを胴体に接着します。

接着後、平面形を整えたら断面を再現するためにポリパテを盛りつけておきました。
主翼は、翼端のみメタルの別パーツとなっているので、真鍮線の補強を通して接着。段差や隙間を埋めるため溶きパテを塗布しておきました。
 
アシュレイは・・・・・・パーツがバリやらコロモに埋まっているので、そこからパーツを発掘しての工作となります(~_~;)
まあ主要パーツは先月の例会である程度発掘が終わってたので少しは楽ができますが・・・
先ずは、胴体左右を貼り合せたいので、その前に組み込むべきパーツの工作に入ります。
排気管はレジンの綺麗に整形されたパーツが付属するので、これを胴体内側から接着しますが・・・・・・当然、胴体側の開口部がコロモで埋まっています。
なので、現物合わせで擦り合わせしながら開口後に接着します。
機首上面のキャブレター用NASAダクトも形が歪なので左右が対称になるように気を付けながら整形してから内側のプレートを接着します。
当然、接着面もちゃんと合いませんが、瞬着で強引に接着しても隙間は見えないから安心してそのまま接着します。

次はコクピットですが・・・・・・あれ?フロアパーツが無い(~_~;)
どうせ完成後にコクピット内はほとんど見えないから擦り合わせしたプラ板を接着しておきました。
あとは、その上にレジンのシート、操縦桿を接着して塗装。
計器盤もレジン製の物を黒く塗って接着しておきましたが・・・・・・後から実機写真見たらコクピット内と同じ明るい白に近い灰色でした(~_~;)
まあ、どうせ完成後は見えないから、このままで良いや<バキ!

あとは尾輪を接着すべき板を接着して、胴体内の工作終了。

で、今日は胴体左右と主翼上下を接着して時間切れ。
・・・・って、文字で書くと簡単だな(~_~;)