航製暦.210920

今日から新しいキットの製作に入ります・・・

f:id:hara-potter:20210922065654j:plain

今回は、作るつもりで延び延びになってたメッサー2機。

キットは、ファインモールドを使って1機は偵察型のBf109F。

もう1機は・・・

f:id:hara-potter:20210920091614j:plain

ファインモールド用のKORAのコンバージョンキットを使ってG12にします。

とりあえずはゲートがしっかり広範囲にわたって接着面にあるレジン胴体からゲートを削り落とします・・・・・・が、これがかなり時間がかかる<ゲート、ゴツすぎ(~_~;)

で、大体削れたところで胴体幅を確認しないといけないので、主翼を先に組み立てます。

 

f:id:hara-potter:20210920072408j:plain

ファインの主翼ラジエーターインテークの仕切りが無いのでプラ板で追加してから主翼上下接着。

 

f:id:hara-potter:20210920101038j:plain

胴体左右未接着状態で主翼と仮組み・・・大体こんなもんかな。

コクピット内を先に塗装して胴体左右接着。

ここからファインのキットのカウリング等を仮組みして接着するわけだけど・・・

ここで擦り合わせに苦労すると思ってたけど、意外なことに上側のカウリングは擦り合わせらしい擦り合わせもせずにピッタリ合う。しかも段差も調整不要なぐらい微妙にカウリング側が浮くか浮かないかぐらいなので、そのまま接着してちょっとペーパー掛ければOKですね。
で、この状態から主翼を擦り合わせ・・・は、接着面にゴツイゲートがあったのをどこまで削って良いかモールド等では判らないので、ひたすら擦り合わせ(~_~;)

で、主翼が胴体と合った所でファイン・プラパーツのオイルクーラーカバーを・・・・要擦り合わせ(~_~;)

まあ、オイルクーラーカバーの擦り合わせは大したことなかったけど・・・

 

 

f:id:hara-potter:20210920123225j:plain

で、主翼接着して十の字。

偵察型の方は、G12と並行して胴体を組みますが、こちらは楽ちん。

胴体ができたところでプラ板やプラロッドを使って胴体下面のカメラを再現。

カメラレンズには3mmの透明プラ丸棒を使っています。

f:id:hara-potter:20210920184547j:plain

カメラは、こんな感じで。

で、偵察型も主翼を接着したら2機とも水平尾翼仮組み。

KORAのコンバージョンにはエレベーターが別パーツになったレジンの水平尾翼がついているけど、あっさりファインのプラパーツを使用。

ダボの形状は同じだけど、レジンの胴体のダボ穴が埋まり気味なので、ナイフで削りながら擦り合わせ・・・

f:id:hara-potter:20210920215559j:plain

で、今日はここまでで時間切れ。

レジンの胴体と主翼の合わせ目は隙間をラッカーパテで埋めています。

航製暦.210919

今日は、クリアトップコートから・・・

で、今日はゆっくり朝寝するつもりだったんだけど、いつもの朝モデの時間よりも早く目が覚めたので・・・・・・とりあえず1回目のクリアを吹いておきましょうか。
クリアは砂吹きを2回程吹いて乾燥待ち・・・・・・の間に2度寝・・・・・・しようとしたけど寝付けなくなっちゃった(~_~;)

なので、本格的にクリアトップコートしながら小物類の塗装の続きを。

で、いつものように最後のクリアで艶調整できたら組立てに入ります。

後付けパーツなどのリタッチも終わったら、最後にスミ入れして完成ですね。

 

f:id:hara-potter:20210921064005j:plain

f:id:hara-potter:20210922065207j:plain



旧エアフィックス エジプト仕様

 

f:id:hara-potter:20210921063945j:plain

f:id:hara-potter:20210922065223j:plain



タミヤ トルコ仕様

 

f:id:hara-potter:20210921064020j:plain

f:id:hara-potter:20210922065151j:plain



マッチボックス ギリシャ仕様

航製暦.210918

今日は、上面迷彩色のドライブラシから・・・・

で、その前にキャノピーを胴体の塗分けに合わせて塗分けておきます。

で、ドライブラシはミドルアースとダークアースに塗った2機だけ施して、銀塗装は塗りっぱなし。

ドライブラシは、2色ともいつものように基本色に使った塗料に白をを加えたもので1段階目。

更にその塗料に白を増量したもので2段階目のドライブラシを施してあります。

基本色が塗りあがったらデカール貼り。

全てのデカールが貼れたら乾燥待ちの間にプロペラを塗ってスピンナー接着。

あとは脚周り等の小物類の塗装します。

f:id:hara-potter:20210919041840j:plain

で、今日はここまでで時間切れ。

明日はクリアトップコートですね。

航製暦.210917

迷彩塗装、2機目・・・

今日はタミヤの上面の迷彩塗装に入りますが、基本的にエアフィックスと同じ手法で、塗料も同じ・・・

f:id:hara-potter:20210917071604j:plain

で、今日はここまでで時間切れ。

明日は、キャノピーを塗らないと・・・

航製暦.210915

今日から上面の迷彩色の塗装に入ります・・・

先ずはエアフィックスのキットから・・・・・・って、最初間違ってタミヤの方に予定しているトルコの明細パターンで塗り始めちゃったのはヒミツ(~_~;)

で、間違った塗装を薄め液を染みこませた筆で洗い落としてから改めて迷彩パターンを描きこんでいきます。

最初はシャブシャブに溶いたダークアースから迷彩パーターンを描いていき、これが描けたら、同じシャブシャブに溶いたミドルストーンで迷彩描き込み。

この時点で先に描いたダークアースのパターンも必要に応じて修正しながら描きこんでいきます。

一通り迷彩パターンが描きこめたら色を付けていき・・・

f:id:hara-potter:20210915071145j:plain

今日は、ここまでで時間切れ。