航製暦.200410

今日は、フィンチップ・イエローの上塗りから・・・

下塗りにはクレオスGXカラーのホワイト→C113番RLMイエローまで塗装済みなので、今日は、その上にC329番特色イエローを塗装します。

あとは、マスキングテープに持っていかれてリタッチしていなかった下面色をリタッチ。
あとは垂直尾翼を接着したら楽しいデカール貼り♪ 

f:id:hara-potter:20200409234623j:plain

 で、今日はここまでで時間切れ。
このギャラクシーデカール、燃タンの斜めラインも少し短い・・・けど、この位置なら胴体に接着したらリタッチしなくても見えなくなるか(~_~;)

航製暦.200409

今日は、黒塗装の続きから・・・

で、黒の塗装が終わったらマスキングを剥がして、はみだしリタッチ。

ラダー後縁のグレー塗装を塗っていなかったので、改めてマスキングして上面色に使った塗料を塗っておきます。

レドーム先端もマスキングしてグレーに塗りますが・・・・・・今回、このマスキングに5.5mmの丸マスキングの外側を使ってみたけど、サイズさえ合えばなかなか良い感じに使えますね。 

f:id:hara-potter:20200408233137j:plain

 で、今日は垂直尾翼上端のイエロー塗装の途中で時間切れ。

明日は、デカール貼りに入れるかな?

航製暦.200408

昨晩のうちにキャノピーをコンパウンドで磨き、流水(お湯だけど)と洗剤で油分を洗い流しておきました。

なので、今日は、そのキャノピーのマスキングから・・・

で、地道に細切りマスキングテープの口の字作戦でキャノピーをマスキング。

垂直尾翼はフィンチップを黄色く塗る部分があるので、あらかじめ黒を塗らないようにマスキングします。

で、このフィンチップのマスキングシートがギャラクシーデカール附属のマスキングシートにもセットされていますが、単純な折れ線マスキングなので、長めに切ったマスキングテープ2組でマスキングをしておきました。

普通なら面倒くさそうなファイヤーバーン状(本来は海賊旗の縁が切れ切れになった状態の再現)のマスキングが、このデカール附属のマスキングシートで 楽々マスキングできるのはありがたいですね。

あとは機首上面の塗装のためのマスキングをして黒塗装。

f:id:hara-potter:20200407233501j:plain

 で、今日はここまでで時間切れ。

黒はもう少し重ね塗りする必要があるけど・・・・・・ドロップタンクを黒く塗り足すの忘れてた(~_~;)

航製暦.200407

今日は、上面色の続きから・・・・・・

だとおもって、基本色に白加えてドライブラシ用の塗料作ってから気が付いたけど、昨日スタビレーターの上面を塗るの忘れてた(~_~;)

なので、今日はそのマスキングから(~_~;)

幸い、平面的でマスキングラインも直線だから簡単に終了。基本色塗ってドライヤーで強制乾燥させたら他の部分からドライブラシに入ります。

昨日と同様、1段階目の塗料として基本色に使った塗料に白を加え、更に白を増量したもので2段階目のドライブラシに入ります。

で、終わったらマスキングを剥がしますが・・・・・・一ヶ所塗料を持って行かれた(~_~;)

なので、ここは後で要リタッチですね。

で、次は黒塗装なので、その前にキャノピーをマスキング・・・・・する前にパーティングライン処理ですね。

 

f:id:hara-potter:20200406232331j:plain

 で、今日は8000番まで磨いたところで時間切れ。
このあとコンパウンドで磨いたら、一度洗剤を使って洗浄しないと・・・ 

航製暦.200406

今日は、残っていたマスキングの続きから・・・

で、マスキングが終わったら上面色の塗装入り。

塗料は先日調合しておいたクレオスのC308番グレー+C37番RLM75+白を使用。

f:id:hara-potter:20200405232206j:plain

 で、今日は上面色の基本塗装が終わったところで時間切れ。

航製暦.200404

今日は、下面色のドライブラシから・・・・・・

なんだけど、パイロンを一組組むの忘れてた(~_~;)

主翼一番翼端側のパイロンに付くランチャー、通常のランナー枠内にモールドされているけど。キットによってはモールドされず空白スペースになっているキットもあるのね(~_~;)

なので、別のスパホキットのインスト確認して組立て、塗装。

強制乾燥させたら下面色のドライブラシに入ります。

ドライブラシ用塗料には基本色で使ったクレオスのC308番グレー+白を使用。1段階目のドライブラシが終わったら更に白を加えたもので2段階目。

次は、上面色の塗装に備えてマスキングに入ります。

極々通常のスパホの塗分けだと思いつつインストを確認すると・・・・・・

f:id:hara-potter:20200406124337j:plain

同じ機体の筈だけど、デカールメーカーのインストとハセガワのインストでは、上下の塗分けラインや、黒の塗分け位置が違う(~_~;)

で、実機画像を確認すると・・・・・・両方間違っているみたいね(~_~;)

上下色の塗分けに関してはハセガワが正解。黒の塗分けはデカールインストが正解みたいですね。

で、今日はマスキングの途中で時間切れですが・・・・

スパホで面倒くさい塗分けは、主翼とスタビレーターの間に楕円状に上面色が下面色側に回り込んでいるところ。

今回は2機製作ということで・・・

まず、1機の片側にマスキングテープを貼って、カットラインを鉛筆で描きこんで一度剥がす。

カッティングシートにあらかじめ同サイズマスキングテープを貼っておき、カットラインを描いたマスキングテープをその上に重ね貼り。

この時、少しずらして貼り重ねた方が剥がすときに1枚ずつ剥がしやすいです。

で、2枚重ね貼りしたマスキングテープをカッターで切ったら必要な方を機体側に貼ってマスキング。

カッティングシートに残った方は、クリアファイルの内側に貼って、貼った方の外側に同じく新しいマスキングテープを2枚重ね貼り。

2枚貼ったマスキングテープ越しでも透けて内側に貼ったマスキングテープが見えるので、それに沿ってカットライン描きこんだら、同様にカットしてマスキングします。

f:id:hara-potter:20200405150725j:plain

 で、今日は、ここまでマスキングできたところで時間切れ。

航製暦.200403

今日は、下面色の塗装の続きから・・・

で、その前に残っていたパイロン類を用意。

昨日粗方の用意は終わってたんだけど、まだ残っていたパイロンとランチャーを接着し、昨日組んだ分も含めて目玉クリップの持ち手をセットしたら塗装に入ります。

機体の方は粗方塗装終了していますが、部分的に塗膜の薄い所が有ったので、部分的に重ね塗り。ランターンは持ち手を付けるのが面倒だったので、機体に接着済みのパイロンに接着してから、この部分塗装と一緒に塗装しました。

 

f:id:hara-potter:20200402232351j:plain

  で、残った時間で燃タンと垂直尾翼の黒塗装。

塗料はクレオスGXカラーの黒を使用。

1枚目の垂直尾翼を塗りかけて・・・・・気が付いたけど、もう1機の垂直尾翼は上面色の塗装と塗分けなので、先に黒塗ったらまずいよね(~_~;)