hara-potter2018-07-02


今日は、主翼のスジボリから・・・
先ずは、サムシンエルスの主翼から彫り直しますが・・・
元々、このメーカーのP-51系の主翼は動翼とか以外のモールドは綺麗に埋められているんですよね。
なので、動翼のスジボリだけ彫り直せばOK何だけど・・・・・・キット3つ購入したP-51系の主翼パーツの全て同じ所に、左右対称に4つの丸い窪みが在るんですよね。
もちろん、実機には無い窪みなので瞬着で埋めて整形しておきます。
で、その後念のため溶きパテを塗布し、他のピンホールや傷の有る所にも溶きパテをとふしておきます。
ドレッドノートは、原型に使ったらしいキットのモールドが中途半端に残っており、形をレーサー用に改修した部分は、のっぺらぼう・・・
なので、メーカーとしては全てのモールドを消したつもりなのかもしれないけど・・・
P−51と違って大きいな主翼だし、実機のパネルラインもしっかり残っているので、薄っすら残ったモールドと実物大見本としてスペシャルホビーのキット・パーツを見ながら彫り直していきます。
で、今日は上面の途中で時間切れ。
彫り直したモールド、写真じゃ全然見えないな(~_~;)